ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

赤ちゃんの小頭症のリスクを上げるジカ熱とは?症状や治療などについて

   

ブラジルで流行しているジカ熱というものが話題になっています。これは、蚊を媒体にしてジカウイルスというものに感染することにより発症する病気です。

蚊を媒体にする感染症といえば、デング熱が話題になりましたよね。デング熱よりも症状は軽いのですが、甘く見てはいけない病気です。ここではジカ熱の症状や感染経路、治療法などについてご紹介します。

ジカ熱とはどんな病気?症状は?

出典:wikipedia

蚊に刺されることにより感染する病気だとご紹介しましたが、発症してしまった場合の症状は実に様々です。軽度の発熱が起こるケースがとても多く、このほかに発疹が出たり、結膜炎や筋肉痛、関節痛頭痛、倦怠感などの症状が挙げられます。

症状自体はそれほど重くならず、熱が出たとしても38.5度を超えることはほとんどありません。潜伏期間は3日から12日間くらいだと言われており、発症してしまった場合は4日から7日間症状が続きます。

ジカ熱の感染経

感染経路は蚊媒介性となっており、ジカ熱のウイルス(ジカウイルス)に感染した患者を蚊が吸血し、体内でウイルスが増殖したのちに他の人の血液を吸うことで感染してしまいます。蚊が媒体となるため、ジカウイルスに感染した人から直接的に感染するようなことはありません。

また、仮にジカウイルスに感染したとしても、すべてが発症に繋がるわけではなく、全く症状が出なかったり、非常に軽い方もいます。媒体となる蚊はアフリカや中央・南アメリカのほか、アジア太平洋地域に生息し、これらの地域で流行している病気です。これらの地域に出かけることがある方はジカ熱の存在を知り予防に努めていかなければなりません

実際に日本人が海外で感染し、帰国後に発症してしまった例もあるため、全く関係がないとは言えないのです。ヤブカ属のネッタイシマカやヒトスジシマカと呼ばれる種類が媒体となるのですが、このうちヒトスジシマカは日本にも生息しているため、気になっている方も多いでしょう。

日本国内で感染した例はないものの、今後も最新の情報はチェックしていた方が良いですね。

ジカ熱の検査と治療法

もしかしたらジカ熱に感染したかもしれないと思った場合には血液検査を受ける形になります。残念ながら、ジカウイルスに対する特効薬はまだ見つかっていません。そのため、治療法としては対症療法を行っていくしかないのです。

ジカ熱が流行している地域に旅行などに行く際には、できるだけ肌の露出を避けておいた方が良いでしょう。特に日中は蚊の活動が活発になってしまうので、蚊の多そうな草むらや水辺などには近づかないようにしましょう。

妊娠中にジカ熱にかかった場合の妊婦や胎児への影響は?

そんなに症状も重くならないのならば深く考える必要はないのでは?と思う方もいるかもしれませんが、特に注意しなければならないとされているのが妊娠中の女性です。妊娠中にジカウイルスに感染してしまった場合、胎児に感染する可能性も考えられます。

ただ、感染機序や感染時期についてはまだ詳しく分かっていないので、とにかくジカ熱の予防を心がけることが大切になってくるでしょう。妊娠している最中にジカ熱に感染するとなにが怖いのかというと、最も危険なのが胎児が「小頭症」を発症してしまう可能性が高くなるということです。実際に、ジカ熱が流行しているブラジルでは赤ちゃんの小頭症率が高くなっています。

これは脳や頭の発達が未熟になってしまう先天性の欠陥であり、特に妊娠初期にジカウイルスに感染するとリスクが高まるとされています。そのため、可能であれば妊娠初期はジカ熱が流行している地域に旅行に行くのを避け、国内で過ごした方が良いでしょう。

  関連記事

妊娠初期のセックスは安全?注意すべきことは?

妊娠初期にセックスをしても大丈夫なのか?という疑問にお答えします 妊娠したあとは …

完全流産って何?次の妊娠に影響するの?

流産とは、妊娠22週未満で妊娠が中断してしまうことをいい、全妊婦さんの約15%に …

walk-354539_1920
体調の良い日も増える妊娠13週!散歩もおすすめ

お腹が膨らみ始める時期でもあるので、体調の変化には注意しましょう! 多くの妊婦さ …

妊娠中に電車通勤するママの心得!安全に電車通勤するためにチェックしておきたいことは?

妊娠がわかって、仕事を辞めるママはいまや少数派でしょう。産休に入るまでは仕事を続 …

パソコンと女性
女性なら誰でも取れるのが産休!条件や育休との違いは?

知っていそうで知らない産休について詳しくご紹介します! それまで仕事をしていた女 …

妊娠中はなんで虫歯になりやすいの?治療はできる?虫歯にならないための予防法は?

妊婦さんは虫歯になりやすいという話をよく耳にしますよね。妊娠中はさまざまな体の変 …

cda901d3d354b2a885f7ad3dc95cde52_s
赤ちゃんが皮膚炎になってしまったら小児科と皮膚科どちらがいい?

赤ちゃんが小さいうちは、病院選びに悩んでしまうことも…。最適なのはどちら? 赤ち …

0d05f8bceee348fc1f70e07dcf871065_s
何だかのどの調子が悪い…。妊婦さんはのど飴を舐めても大丈夫?

安定期に入る妊娠中期は、つわりがおさまる妊婦さんが多く、身体が動くうちにと外出の …

830b29127d94485634143da696e3b165_s
妊婦は熱中症になりやすいので注意!対策も確認を

いざという時のために妊婦の熱中症対策について知っておきましょう 暑い時期に特に注 …

2歳までに一度はかかる!?RSウイルスについて知っておこう!

乳児が感染する可能性があるウイルスはいろいろありますが、「RSウイルス」は耳慣れ …