ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

子供のサッカーはいくつから始めさせればいい?サッカーを習うメリットと気になる費用はいくらくらいかかるの?

   

6b67276b611df12224b6b1a500ee5b36_s

子供のサッカーはいくつから始めさせればいい?サッカーを習うメリットと気になる費用はいくらくらいかかるの?

子供の習い事として今人気があるのがサッカーです。ACミランで活躍する本田圭祐選手などの影響で、サッカーを始めたいと言い出すお子さんもいるでしょう。

ですが、親御さんの中には、サッカーで何を習うかや、何を学べるか、費用はいくらかかるのかなど気になるのではないでしょうか。

そこで、今回は習い事としてのサッカーについて詳しく紹介していきます。自分のお子さんにサッカーを習わせるかどうかで迷っている方がいましたらこれを読んで是非参考にして下さい。

サッカーでどんなことを習うの?

子供が習い事としてのサッカーで習うことは、大きく分けて2つあります。

1.技術
サッカーは、ボールを足で扱うスポーツですから、ドリブルやキックなど基本的な要素を習います。低学年の間はあまり細かいことは習いませんが、年齢が上がっていくにつれ、アウトサイドキックなど少し難しい技術も習うようになっていきます。

2.精神
精神というと堅苦しいですが、要するに「気持ち」のことです。指導者は、サッカーを通じて子供たちに、相手に負けない強い気持ちや味方を思いやる気持ち(チームワーク)を求めます。そうした精神面は、サッカーにおいて重要な要素なのです。

子供がサッカーを習うことで得られる効果やメリットは?

3cdba9728d473004f4f7d2fd4774cb74_s

子供は、サッカーを通じて基礎体力が大きく向上します。サッカーでは、試合中ずっと走り続ける必要があるので、持久力が付きます。練習でも、グラウンドを走ることが多いので体力がつくことが期待できるでしょう。

また、サッカーでは一瞬の判断が問われます。パスを受けたら、シュートを打つか、それとも、パスをするかといった判断を相手が来る前に瞬時に決めなければなりません。そうすることを繰り返すうちに、判断力がアップするのです。

しかし、サッカーで得られるものはほかにもあります。それは、先ほどもお伝えした精神面の向上です。サッカーでは、メンタルが鍛えられる場面が数多く存在します。

相手とマッチアップすれば負けん気が育ちますし、苦しい時に走り続けることであきらめない気持ちが育つのです。

味方とコミュニケーションをとれば、チームワークを大切にする心も生まれます。このように、サッカーでは、体も心も大きく成長できるのです。

費用はどのくらいかかるの?

サッカーを始めるにあたり、とても気になるのが費用です。まず考えなければならないのは、月謝についてです。これは、サッカーを少年団で習うか、それともクラブチームで習うかによって全然違います。

少年団の場合月謝は、2000円~5000円ですが、クラブチームの場合は5000円~1万円となり少年団よりも確実に高くなります。しかし、その分コーチの質が高かったり、練習場の設備が整っているといったメリットがあります。

さらに、サッカーを始めるには、ボールやシューズ、すねあて、ソックス、ユニホームなどが必要になります。ボールやシューズは値段に幅がありますが、すべて合わせて2万円弱ぐらいはかかります。また、遠征などに行く際はその費用も別途かかります

とはいえ、入団するチームによって差がありますから、「思っていたよりも費用がかかってしまった…。」ということがないように、事前に問い合わせて確認するようにしましょう

何歳ごろから始めたらいい?女の子も習える?

new_005c1ac333f658d5eb71077b525dc316_s

サッカーは、他のスポーツと比べ早い段階から始めることができます。最も早いところだと3歳頃から受け入れてくれます。

しかし、サッカーを始めるのが早ければ良いというわけではありません。サッカーは接触の多いスポーツですし、かなりの体力を使う負担の大きいスポーツです。

そのため、早くても幼稚園の年長頃から始めさせることが多いです。それでも、十分やっていくことができるので、焦って早く始めさせる必要はありません。

また、近年はサッカーワールドカップでなでしこジャパンが初優勝するなど、女子サッカーも盛んになっています。

そのため、女の子でサッカーを習いたいという場合もあるでしょう。少年団やクラブチームでは、男女関係なく入団できることがほとんどです

男の子も、女の子が入ってきたからといって特に嫌がることもないので問題は起こりません。しかし、激しいスポーツであるため、気持ちの強い女の子でないとなかなか長続きしないということを心に留めておく必要があるでしょう。

チームワークを大切にして子供の心の発育をサポート

サッカーは、子供の体を成長させることのできるスポーツです。子供の頃は外で元気に活動することが一番ですから、お子さんがサッカーをやりたがっていたら、是非その気持ちを尊重してあげてください。

また、サッカーは、味方とコミュニケーションをとることで育まれるチームワークや気持ちの成長など、子供の心を発育させることができるスポーツです。サッカーを通じて、お子さんの心も体も大きく成長する機会を与えてあげてはいかがでしょうか。

  関連記事

黄砂アレルギーを花粉症と間違えないで!子供からのSOS

春が近づいてくると、外が暖かくなってきてワクワクしてきます。しかし、花粉症の人に …

愛着障害のまま大人になると危険?治療法や症状を知っておこう!

愛着障害という障害をご存知ですか?中にはテレビなどで耳にされた事がある人もいるか …

油断大敵!子供の「溶連菌」をいち早く発見しよう!溶連菌感染症の検査方法ガイド

一度は聞いたことのある「溶連菌」。 しかしどんな感染症なのかご存知ない方も多いの …

子どもにマスクを使用させるメリットとは?実はウイルス予防だけじゃなかった!マスクの気になる効果とは?

マスクには風邪の予防にはもちろん、風邪をひいているときに菌を散らばさないためのエ …

学童保育は何をするところ?利用方法とは?

共働き世帯が増えている現代、子どもの小学校入学に合わせて、仕事を再開したいと考え …

子供にも日焼け止めは必要?選び方のポイントも紹介!

小さな子供は外で思いっきり体を動かして遊ぶことにより、強い体を手に入れられます。 …

リビング学習にはツインデスクが便利!その選び方とは?

お子さんの小学校入学が近づくと、学習机をどうするのか、頭を悩ますママやパパが増え …

子どもが自転車で遠出!何歳から?

幼稚園頃から小学生の低学年頃には、どんどん乗れるようになる自転車。最初は親子で出 …

最近話題の読書通帳って何?その使い方とメリット・デメリットが知りたい!

文部科学省では、テレビやDVD、インターネットなどの情報メディアの普及により、子 …

子どもが目をこすっている…それってアレルギー性結膜炎かも?発症の原因や対応策など

結膜炎といえば、夏場に流行しやすい「目が赤くなり、かゆくなり、まぶたが腫れる」病 …

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss