ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

子供にピアノを習わせたいけど何歳から始めたらいいの?ピアノを習うと、子供にどんな影響を与えるの?

   

fa2025c20c1b7b95a1658a1131ed3dc2_s

子供にさせたい習い事の中でも特に人気があるのはピアノではないでしょうか。女の子はもちろん、最近では、男の子でもピアノを習っている子が増えてきています。

小学校の音楽発表会で男の子がピアノ伴奏をしているという場面を見ることも珍しくなくなってきています。

では、実際ピアノを習わせようと考えた時に、いったい何歳から始めたらいいのだろうか、ピアノを習うことで子供にどんないい影響を与えることができるのか、という情報をご紹介していきます。

子供のピアノ学習はいくつから始めさせるのがベスト?

何歳からピアノを習わせたらいいのかという考えには諸説ありますが、大体4歳から7歳の間に始めたらいいでしょう。その理由は、二つあります。

まず一点目は、子供の音感が7歳頃までにぐっと発達するからです。この時期に始めることで、音感を伸ばすことができるので、将来的に音楽の道に進もうと考えた場合、ピアノを習っておくと役立つでしょう。

二点目は、子供の指の力が4歳ぐらいには強くなっていきます。4歳になると、ピアノを弾こうと思ったときにストレスなくしっかり音が出るようになります。

力がないと、いくら鍵盤を押してもいい音が出ないので、ピアノを弾く楽しさをあまり感じられないことが多いでしょう。

子供にピアノ学習をさせるメリットは?

456c93ff85210e5bd6dfa80ee62f5520_s

子供にピアノ学習をさせると、たくさんのメリットがあります。その中のいくつかを紹介します。一つ目は、知能が発達しやすくなることです。

楽譜を見ながら音を探し、指で鍵盤を押して音を出し、その音を自分の耳で聞くという一連の流れが子供の脳の発達、知能の発達に良い影響を与えます。

二つ目は、外国語習得の力が付くと言われていることです。ピアノを習うことで音を聞き分ける力がついていきます。それが、将来外国語を習得するときにも役に立つと言われています。

三つ目は、運動神経が発達しやすいということです。ピアノを習うと、運動神経と関係のある脳梁という右脳と左脳をつなぐ部分が発達すると言われています。

そのほかにも、音楽に親しむことで情緒が安定したり、表現力が豊かになるなど、ピアノを習わせた後にも様々なメリットを感じることができるでしょう。

ピアノ練習を心がけさせるコツは?

ピアノ練習で大切なのは、短時間でもいいので毎日ピアノを弾く習慣を付けることでしょう。ピアノ教室によっては、毎日何分間ピアノの練習をしていきましょうなど、この曲を何回弾いていきましょうというような宿題を出すところもあります。

宿題が出たところを毎日練習していくことが大切です。ですが始めたばかりの時は、先生が毎日練習させたい量と、子供のやる気が続く量が合っていないこともあります。

宿題が多すぎて子どもがやる気をなくしたり、ピアノ嫌いになってしまったりしないように、先生と宿題の量を相談することが大切でしょう。また、毎日の宿題を出さないで「練習できたらしてきてください」というようなスタンスの先生もいます。

その場合は、親子で毎日この位は練習していこうという目標を決めて、取り組むことが大切になっていきます。また、何時になったらピアノ練習を始めるという時間を決めるのも効果的です

ピアノ学習の費用はどのくらいかかるの?

48192a87d35a7fe4c3c891bd6381c0cb_s

ピアノ学習には、全国で統一された費用というのはありません。それぞれのピアノ教室によって様々です。

全国展開している大手のピアノ教室は比較的値段が高く設定されていますが、個人レッスンをしている教室の場合は大きな教室に比べて価格設定が低めに設定されています。レベルによっても値段が上がっていくことがあるでしょう

4歳から7歳ぐらいのピアノを始めてすぐの子供なら週に一回~月に4回のレッスンで1ヶ月の費用が5000円~6000円ぐらいが相場だと考えられています。時間は、一回のレッスンで30分~60分程度だと考えられています。

ピアノ教室によって、最初に入会金を支払うところもあります。レベルが上がることで少しずつ値段が上がる場所もあるでしょう。また、年に一度ピアノ発表会を開くところもあり、その場合は出演料として一人8000円~1万円程度かかるところもあります。

ピアノのテキスト代も実費ですが、子供が小さい時は一冊1000円程度のものが多いです。

「よくがんばったね」という声掛けを大切にしよう

ピアノ教室に習い始めると初めてのことばかりで、うまく弾けなくてくじけてしまう子供も多いでしょう。

そんな時は「何でこんなものも弾けないの!」と責めるのではなく「よく頑張っているね。初めは難しいけど練習したらだんだん上手になるから、一緒に練習していこうね。」と優しく声をかけてください。

ピアノを続けることで、子供の将来が豊かになる可能性も考えられるでしょう。ピアノや音楽を嫌いにならないように、ゆっくりピアノに親しんでいけたらいいですね。

  関連記事

知的障害の等級は何で決まるの?程度別の症状は?

  子どもが保育園や幼稚園で集団生活を始めて、知的障害の可能性を示唆されることが …

子供が肥満になる原因は何?子供でもできるダイエット方法はある?

まるまると太った赤ちゃんは可愛いものですが、幼児になってもぷくぷくしたままなのは …

ランドセルに素敵なカバーを!ランドセルカバーの作り方

6年間使うランドセル、大切に扱ってほしいですよね。普通に使っていれば必要がないの …

永久歯が生えてこない!埋伏歯の場合の対処方法

子どもの歯についてはきちんと抜け替わり、永久歯が生え揃うまではママもパパも心配で …

赤ちゃんの蒙古斑が消えないことがあるの?その原因と対処法は?

日本人の赤ちゃんのほとんどに、蒙古斑がみられます。それは成長とともに薄くなり、5 …

オスグッド病とは?膝が痛いスポーツ少年少女への治療法とは?

成長期には怪我や成長痛など、足の痛みを感じることは珍しいことではありません。です …

ペットのお世話はどこまで子どもに任せていいの?注意点は?

赤ちゃんを授かる前からペットを飼っている人も、子どもがある程度成長して、ペット可 …

家の鍵を持たせる年齢の目安は?その際の注意点とは?

働くママにとって、我が子にいつ家の鍵を持たせるか、悩むことが多いのではないでしょ …

小学校や塾、学童からの帰り道などに注意すべきこと

子供は小学校や塾、学童などで、たくさん勉強をしてきます。そのため、帰宅するときに …

防犯ブザー選びをお手伝い!子どもが確実に使えるように備えておこう!

多くの小学校で入学と同時に配布されるようになった「防犯ブザー」。今ではほとんどの …