ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

赤ちゃんの蒙古斑が消えないことがあるの?その原因と対処法は?

   

e6640fe6680a39da34bd3ce4a6842bc0_s

日本人の赤ちゃんのほとんどに、蒙古斑がみられます。それは成長とともに薄くなり、5~6歳になることには、自然に消えるのが普通です。ですが中には、成人になっても、蒙古斑が消えない人もいます。

そこで今回は、蒙古斑とは何か、その原因と対処法について、お話しします。蒙古斑を消すための治療法についても触れるので、子どもさんの気持ちも考慮しながら、親としてどんな選択をするのか、パパともよく話し合って決めてくださいね。

蒙古斑って何?

蒙古斑とは先天性の青ぐらいあざの一つで、赤ちゃんのおしりから背中にかけてみられるものです。蒙古斑は、背中にできることもあるのです。

蒙古斑は、メラノサイトと呼ばれる色素細胞と関連が深いです。メラノサイトは、紫外線を吸収することで、肌を守る働きを担っており、メラニンという黒い色素を産出します。日本人を含めた黄色人種は、おしりから背中の部分にメラノサイトが多く存在しています。そのため、赤ちゃんのおしりから背中にかけて、青あざのようにあらわれることが多いのです。

蒙古斑には隆起がなく、境界線がぼんやりとした、シミのようなあざです。2歳ころまでは色味が強いですが、子どもが10歳を迎えるまでには、ほとんどが消失するものです。また、ごくまれにではありますが、腕や足、お腹、胸に蒙古斑ができることもあります。

蒙古斑が消えない原因とは?

蒙古斑が消える時期には個人差がありますが、あらわれた子どもの約3%は、10歳を超えても消えることがない「持続性蒙古斑」になるといわれています。また、おしりから背中にかけて以外の部分に蒙古斑があらわれることを「異所性蒙古斑」といいますが、普通の蒙古斑と比べると、消えにくいという特徴を持っています。

持続性蒙古斑や異所性蒙古斑が消えない原因は、現代の医学では解明されていません。そのため、予防することもできないのです。もし、我が子に持続性蒙古斑や異所性蒙古斑がみられたら、経過を観察しながら、治療をするかどうか判断する必要があります。

とはいえ、蒙古斑は身体の機能に悪影響を及ぼすものではないので、基本的には治療対象にはなりません

蒙古斑が消えないときの対処法は?

蒙古斑の消失については、10歳前後までは経過観察をするのが普通です。ですが、腕や足、顔など露出が多い部分に異所性蒙古斑がみられたり、子どもが修学旅行やプール学習で蒙古斑があることをからかわれ、傷ついている場合には、治療を検討する方がよいでしょう。その場合は、あざを消失させるために、レーザー治療を受けることになります。

メラノサイトにレーザーを当てることで破壊し、あざを消すのです。とはいえ、レーザー治療1回であざを消すことはできず、複数回の治療が必要となりますし、確実にあざが消える保証もありません。また、レーザー治療には痛みを伴うため、全身麻酔で施術を受ける必要があります。そして、蒙古斑のレーザー治療に関しては、まだ始まって歴史が浅い点も考慮した方がよいでしょう。

治療するか否かは、子どもの気持ちを優先しよう

ab90315e98b8e9f2e0635a3e9b3b012e_s

蒙古斑があっても、それが子どもの健康を脅かすことはありません。異所性蒙古斑であっても、洋服で隠せる部分なら、それほど神経質にならなくてよいでしょう。

とはいえ、子どもが小学校に入学し、着替えをする機会が増え、周囲の友だちにからかわれるようになると、それが登校拒否のきっかけになることもあります。子どもにとって、蒙古斑があることが大きなストレスなら、それを取り除くためにレーザー治療を行うのも、選択肢の一つです。パパとも相談のうえ、治療を検討してあげてください。

  関連記事

4~6歳児の生活リズムを改善する方法とは?

4~6歳児の子どもは、保育園や幼稚園に通っていることが多いので、比較的、生活リズ …

家の鍵を持たせる年齢の目安は?その際の注意点とは?

働くママにとって、我が子にいつ家の鍵を持たせるか、悩むことが多いのではないでしょ …

子供の空手を習わせたいけど何歳からスタートさせればいい?気になる費用や空手を習わせるメリットは?

子どもの習い事として人気のある空手ですが、空手を習うことで子どもにどんなことが身 …

リビング学習にはツインデスクが便利!その選び方とは?

お子さんの小学校入学が近づくと、学習机をどうするのか、頭を悩ますママやパパが増え …

5歳児でも反抗期が続くの?どう対処したらいいの?

子どもは生涯に二度、反抗期を迎えるといわれています。第一次反抗期は2~4歳、第二 …

ワーキングマザーは要注意!小1の壁の実態や注意点、対策とは?

もうすぐ小学生になる子を持つワーキングマザーに、ぜひとも知っておいて欲しいのが「 …

4歳児になっても続く、反抗期にはどう対処したらいい?

子どもは2~3歳になると、第一次反抗期を迎えます。これは、子ども自身がママやパパ …

油断大敵!子供の「溶連菌」をいち早く発見しよう!溶連菌感染症の検査方法ガイド

一度は聞いたことのある「溶連菌」。 しかしどんな感染症なのかご存知ない方も多いの …

子供をバレエ教室に通わせたいけど、いつから始めさせていいのかわからない…その費用と効果の実態とは?

バレエって、子供に習わせたい習い事の一つでもありますし、子供自身が習ってみたい習 …

子供でもなる小児糖尿病の実態とは一体?治し方や、病気になってしまった場合の食事療法はどう改善したらいい?

糖尿病と聞くと、大人の生活習慣病のように思われる方も多いと思います。しかし、小児 …

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss