ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

学童保育は何をするところ?利用方法とは?

   

共働き世帯が増えている現代、子どもの小学校入学に合わせて、仕事を再開したいと考えるママも多いのではないでしょうか。

ですが、未就学児童を預ける保育園と違い、小学校で過ごす時間は長いものではありません。そのため、放課後の小学生を一人にするわけにもいかず、勤務時間が限定されることで、希望の仕事に就けないママもいます。

そんなときに活用してほしいのが、「学童保育」です。そこで今回は、学童保育とは何か、誰が利用するのか、利用方法などについて、お話しします。

学童保育って何?誰が利用するの?

学童保育は、共働き世帯あるいはひとり親世帯の保護者が安心して働けるように、放課後の小学生を安全に過ごせる場所として設けられています。

名称は「学童保育」に限定されているわけではなく、「学童クラブ」「児童育成会」「学童保育所」「放課後児童クラブ」など、地域によって呼び方は異なります。

かつては、学童保育を運営するのは地方自治体でしたが、近年か民間企業も参入し、カリキュラムの充実度などで差別化をはかっているようです。

学童保育を利用できるのは、小学校と特別支援学校小学部に通っている、1~6年生の児童です。ただし学童保育の利用は、保護者の就労や疾病、介護などにより、児童の保育が必要と認定された場合に限ります。

学童保育を利用する方法とは?

地方自治体が運営する学童保育を利用する場合は、年度ごとに申請が必要となります。その際、保護者の就労証明書や、疾病を証明する診断書など、利用申請する理由によって、提出する書類が異なります。

そして、学童保育にも定員があるため、書類提出後の審査の結果、利用を断られる可能性があることを念頭に置いて、申し込む必要があります。

一方、民間の学童保育の場合は、親が就労していなくても、利用できる施設もあるようです。中には、対象年齢にも制限を設けないなど、利用条件がゆるやかな施設もあります。

ですが、地方自治体が運営する学童保育と比べると、費用は高めです。入会金や月額利用料、食事代、延長料金などがあるので、残業が多い仕事についているママには、費用の高さより魅力が勝るかもしれません。

学童保育の利用時間と費用の目安は?

地方自治体が運営する学童保育の多くは、小学校内や近隣の児童館に併設されています。利用時間は、学校開業日は放課後から17時まで学校休業日は8:30~17:00という施設がほとんどのようです。そして、学童保育の中には19:00までは延長保育に対応しているところも少なくありません。

気になる学童保育の費用ですが、地方自治体が運営するところは月額4,000~10,000円程度のようです。ただし、学童保育の費用の設定については、一律料金とする地域もあれば、世帯の課税状況によって異なるところもあります。

また、月額利用料のほかに、年間の保険料の納付を義務付けている学童保育もあるようです。また、延長保育には追加料金が必要なので、事前にきちんとリサーチしておきましょう。

学童保育を上手に活用しよう!

学童保育には学童指導員や友だちがいるので、体育館やホールで身体を動かして遊んだり、ボードゲームをしたり、児童書やマンガを読んで過ごすなど、子どもたちは思い思いの楽しみ方をしているようです。

中には、保護者や地域住民の協力を得て、「けん玉教室」「工作教室」などのイベントを開催しているところもあります。

学童保育の際に、学校の宿題を済ませることもできますが、それを学童指導員が促すことはありません。費用を負担することで、おやつを出してくれる学童保育もあるようです。

放課後に子どもだけで過ごすより、学童指導員という大人の目の届くところで過ごす方が、危険にあるリスクは下がりますので、上手に活用することをおすすめします。

  関連記事

ペットのお世話はどこまで子どもに任せていいの?注意点は?

赤ちゃんを授かる前からペットを飼っている人も、子どもがある程度成長して、ペット可 …

計算が苦手な子供も暗算上手になれる!そろばん教室の費用やその実態はどんな感じ?

現代の子供たちは、近代化の影響でパソコンやスマホなどのOA機器に対しての順応が早 …

土踏まずがなくなる子供が増えているって本当?原因と対処法は?

近年、土踏まずがない子供が増えていることを知っていますか?土踏まずはないことを「 …

子どもが嘘や作り話をする、その原因とは?

子どもには嘘をつかないように教育している親というのもいるものですが、子供というの …

子どもなのに…足がくさい!思わず鼻をつまみたくなる臭い、どう対処する?

子供といえばいい匂いがするイメージですが、幼稚園や保育園から帰ってきた子供から気 …

子どもからLGBT(同性愛)と打ち明けられたら、どう対処すべき?親として考えておきたいこと

かつての性教育は、小学校中学年に男女別で、身体のしくみの違いについて授業を受ける …

公立との違いってどんなこと?私立小学校のこと

子供の小学校を考えるときに気になるのが、「公立小・私立小どちらに行かせたほうがよ …

4歳児の発達の特徴とおすすめの遊び方は?注意点はある?

4歳児になると、保育園や幼稚園に通うお子さんが多くなり、ママやパパが見えないとこ …

新米ママが幼稚園の親子遠足で気をつけた方がいいこととは?

初めて幼稚園の親子遠足に行くとき、気になるのはお弁当のメニューだけではないはずで …

雨の日の小学校への登校、帰宅時に注意しておきたいこととは?

雨の多い季節に考えておきたいのが子どもの登校、帰宅時に潜む危険性や帰宅時の注意点 …