ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

3大アレルゲンの「小麦アレルギー」は治る?症状や原因は?

   

小麦は、いろいろな加工品に含まれているので、小麦アレルギーがあると、何を食べさせたらいいのだろうか?外食はできないの?などと食生活に不安を抱えるママは少なくありません。子供の場合は、アレルギーは死活問題です。

そのためアレルギーがあるとわかったら、注意してその除去食を子どもに与えなくてはいけないのです。そんなママが疑問に思うのは、小麦アレルギーは治る?どんな症状が出る?といったこと。今回は、そんな3大アレルゲンの小麦アレルギーをご紹介します。

3大アレルゲンの小麦アレルギー、原因は何?

小麦アレルギーは徐々に増えて来ているアレルギーです。いろいろな食品に入っている小麦ですが、その小麦の何に反応してアレルギーが出るのでしょうか。小麦の中にもタンパク質が含まれています。このタンパク質をアレルゲンとしてアレルギー反応をおこすことを小麦アレルギーといいます。

アレルゲンとなるものが身体の中に入ると、体の免疫機能が働き、アレルゲンを排除しようとするので、炎症をおこしてしまいます。その結果身体の中でいろいろな反応がおきてしまうのです。

身体の中では、アレルゲンに対する抗体、IgEというのが増えていきます。

小麦アレルギーの原因の症状とは?すぐに反応が出るの?

小麦は、乳幼児から成人まで同じ割合で発症するアレルギーです。その症状は、皮膚症状として蕁麻疹が出る、肌が赤く腫れるがあげられます。またひどい症状の場合は、呼吸が苦しくなる、のどが腫れる、吐き気を及ぼす、下痢がおこるなどのショック症状もおこることがあります。

食事に含まれる小麦を摂取して、すぐに小麦アレルギーの症状が出ることを、即時型食物アレルギーといいます。この場合、食べた時に口に触れた部分が赤くなる、唇が腫れるなどの症状がすぐに見られるようになります。

また小麦のアレルギーには、食物依存性運動誘発性アナフィラキシーというタイプがあるのです。例えば、昼食で小麦の含まれたものを摂取し、その後運動をしたことにより、アレルギー反応が出始め、蕁麻疹や呼吸が苦しくなるなどの反応が出ることがあるのです。

小麦アレルギーの検査、治療方法は?治るの?

アレルギーがあるかないかを見極めるには、問診が重要です。これまでにどんな時に症状が出たのか?小麦とどれくらいの関連があるかということを中心に問診を受けます。その後、小麦アレルギーが疑われたなら、血液検査を行い、アレルゲンの抗体検出を行います。

また原因となる小麦を除去した食物除去試験、食物負荷試験を行うこともあります。

治療方法は、必要最低限の小麦を除去した食事を徹底しなくてはいけません。またアレルギーをおこさないために抗アレルギー薬などを内服することもあります。もしも知らずに小麦を口に含むこともあるかもしれないので、その場合はすぐに病院を受診するように指導されます。

アレルギーの発症した時期により、自然に寛解をすることもありますし、成人になっても継続することもあります。しかし体が大きくなると、少しずつ食べることが出来るようになることもあります。その場合も、定期的に医療機関を受診し、チェックを受けなければいけません。

危険!こんなものにも小麦は含まれている!

小麦が含まれているものとして、代表的なものは、麺類、パン類があげられます。またインスタント食品や加工品などにも使用されますし、揚げ物などの粉にも使用されていますね。小麦アレルギーの場合、小麦を除去しなくてはいけないとわかりますが、実は意外なものに含まれていることもあります。

その一つがカレールーなど。子供はカレーが好きですが、カレールーやシチューにも含まれているのですね。またソース類やお菓子にも含まれていることが多いです。

そのため、購入する場合は、一つ一つ成分表を確認して小麦が使用されているかどうかをチェックする必要があります。もしも成分表がない場合は、要注意です。小麦が少量でも入っていると反応をおこすため、成分がはっきりわからない物は口にしないようにすることが大切です。

また大人のものを勝手に取って食べないようにすることも大切ですね。

牛乳や鶏卵アレルギーとの併発に注意!

アレルギーが一つの場合でもアレルギー反応がおこって重症化することがありますが、牛乳や鶏卵アレルギーという他の3大アレルギーと一緒に併発をしてしまうと、食べる物も限られてきます。

最近はアレルギー対応食品も充実してきていますが、併発すると更に注意が必要です。また栄養成分の摂取不足により、成長などに影響が出ないように、小児科医や栄養士の指導を受けて、アレルギーをおこさないように、食事をすすめていかなくてはいけません。

また子供の成長をしっかり評価していくことも重要です。

  関連記事

4歳児の発達の特徴とおすすめの遊び方は?注意点はある?

4歳児になると、保育園や幼稚園に通うお子さんが多くなり、ママやパパが見えないとこ …

現代社会で生きる子どもに増えている!?大人だけじゃなかった子どもが患う心の病とは

精神疾患と聞くと仕事や家事が忙しく、人間関係で悩みを抱えている大人がかかるような …

発達性協調運動障害〜不器用や運動音痴の原因は発達障害?

朝、子供が登園や登校の準備をしている時にものすごく時間が掛かってしまったり、子供 …

防犯ブザー選びをお手伝い!子どもが確実に使えるように備えておこう!

多くの小学校で入学と同時に配布されるようになった「防犯ブザー」。今ではほとんどの …

子供の白髪の原因とは?病気の恐れもあるので要注意

子供と白髪とは一見あまりつながりのないワードに感じられますが、実は白髪のある子供 …

最近話題の読書通帳って何?その使い方とメリット・デメリットが知りたい!

文部科学省では、テレビやDVD、インターネットなどの情報メディアの普及により、子 …

油断大敵!子供の「溶連菌」をいち早く発見しよう!溶連菌感染症の検査方法ガイド

一度は聞いたことのある「溶連菌」。しかしどんな感染症なのかご存知ない方も多いので …

子どもの転落事故には高所平気症が関係している?その原因と対処法は?

「高所恐怖症」という言葉は、みなさんもよくご存じのことと思います。では、「高所平 …

子どもが自転車で遠出!何歳から?

幼稚園頃から小学生の低学年頃には、どんどん乗れるようになる自転車。最初は親子で出 …

子供部屋の間仕切りはいつ頃から?方法は?ベストの方法教えます

子どもが2人以上いると、子供部屋をどう用意するか、どうつくるかは重要な問題ですね …