ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

飾れないお雛様…雛人形はどう手放せばいいの?処分の方法について考えよう

   

「女の子が健やかに成長できるように」と飾られる雛人形。コンパクトなものから七段飾りなどの豪華なものまでいろいろな大きさがありますが、結婚や家を出るのを機に飾ることがなくなってしまうことが多いようです。そのまま日の目を見ないのはお人形にとってもかわいそう。

そこで、雛人形を手放す方法についていくつかまとめました。

ゴミとして処分する

一番シンプルですが、身もふたもない方法が、ゴミとして出してしまうこと。人形自体の素材にもよりますが、燃えるごみや不燃ごみで出せることが多いようです。ガラスケースだったり、大きな段飾りになってくると粗大ごみになる可能性もありますので、自治体に確認してみましょう。

ただ、雛人形は女の子のお守りとしての意味合いを持つ人形ですので、できればゴミに出すのは避けたいところです

人形供養をする

神社やお寺などで人形にお経を読んでお祓いをして供養をし、その後にお焚き上げをする方法です。今までの感謝の気持ちを込めて手放せますし、供養してもらうことで魂が宿るとされる人形も、きちんとお別れできそうです。

人形供養は、持ち込みや宅配など神社やお寺によって受付方法が違います。また、大きな神社では年に一度「人形感謝祭」と言って、当日集まった沢山の人形と一緒に供養してもらうことのできる行事があることも。ただ、ケースや段飾りなどの付属品は一緒に供養できず、あくまで人形本体のみ、という場合もありますので注意が必要です。

また、人形供養の場合にはお金がかかります。大体3,000円~5,000円ほどのことが多いですが、これも神社・お寺によって大きく違いますので予め確認しておきましょう。

引き取り手を探す

元々は、「ひとりに一つの人形」と考えられてきた雛人形ですが、最近は譲ったり引き取ってもらう、という考え方も受け入れられるようになってきています。

友人や親せきなどに譲る

状態がよく、本格的なものや豪華なものの場合、親戚や友人で欲しがってくれる人がいるかもしれません。もし、そういった情報を耳にしたら「よかったらうちのお雛様、もらってくれないかしら」と聞いてみるのも手。

ただし、ひとりに一つの人形、という雛人形の特徴があり、中古は考えられないという人も多くいますので、無理強いしてはいけません。

ネットオークションで売却する

高価なものや珍しいものなどは、ネットオークションで購入希望者が現れる場合があります。実はお雛様は海外でインテリア小物として人気があるので、古典的な雛人形は欲しがっている人の目に留まることも。

また、最近では限定のお雛様やちょっと変わった雰囲気のお雛様などが数量限定で売られており、それを手にできなかった人が探していることもあるようです。

リユース先を探す、寄付をする

雛人形を引き取ってくれて、発展途上国や国内の希望する団体や人に送ってくれるサービスがあります。費用も1000円台からと比較的安く済むうえ、また飾ってもらえるのであれば手放す側も嬉しいですよね。

また、児童養護施設や介護施設、保育園などが寄付を募っている場合もあります。近くの施設に問い合わせてみたり、自治体にそういった要望が無いか聞いてみましょう。寄付の場合、自分で運ぶことが多いので傷ついたり破損しないように気をつけましょう。

守ってくれた雛人形とは気持ちのいいお別れを

健やかな成長を願って、見守ってくれたお雛様。できれば綺麗な形でお別れしたいですよね。自分の気持ちが納得できるよう、まずは「他の人にも飾ってほしい」「自分のことを守ってくれたのだから、ゆっくり休んでほしい」など、目的をはっきりさせてから手放す方法を決めるといいですよ。そして、手放す時には感謝の気持ちをしっかりと伝えてあげてくださいね。

  関連記事

子どもが犬に噛まれないようにするには、どうしたらいいの?

好奇心旺盛で怖いもの知らずの子どもは、危険を顧みずにいろいろなことをします。 そ …

子供が左右逆に書いてしまう「鏡文字」への向き合い方

文字を覚え始めた4歳~6歳児は、左右が反転した文字を書くことがあります。これは「 …

不安と期待の新小学1年生。小1の壁を乗り越えるにはどうしたらいいの?共働きの家庭での夏休みの過ごし方は?

小学校の夏休みは1か月以上あります。保育園では働くパパやママに合わせて夏休みをと …

男児のわいせつ事件が増えている!男の子への自己防衛方法の教え方とは?

子どものわいせつ事件の被害者は、女児だと思い込んでいるひとが案外多いようです。で …

ピーナッツ(落花生)アレルギーはアナフィラキシーショックをおこしやすいので注意!

食物アレルギーを引きおこすと知られる食材には様々な物がありますが、その中でも有名 …

ランドセルに素敵なカバーを!ランドセルカバーの作り方

6年間使うランドセル、大切に扱ってほしいですよね。普通に使っていれば必要がないの …

子供の運動神経は5歳までに決まるって本当!?子供の運動神経を伸ばす方法とは?

子供の運動神経。親なら、その神経がよいものかもしくはイマイチなのか、とても気にな …

子どもの虫嫌い克服法を伝授!親子で虫に興味を持てば怖くない!

「子どもは虫が好き」と思われがちですが、そうは言いきれないようです。昔と比べて日 …

最近の子供は背筋が弱いって本当?その原因と改善方法とは?

最近、かつての日本の子供では考えられないようなケガが増えているといいます。その原 …

ウチの子の乳歯が抜けない!その原因と対処法は?

幼稚園や保育園の年中さんになると、乳歯が抜け始める子どもが見られるようになります …

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss