ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

子供の白髪の原因とは?病気の恐れもあるので要注意

   

子供と白髪とは一見あまりつながりのないワードに感じられますが、実は白髪のある子供は意外と多くいます。

子供に白髪が生えてくる原因としてはストレスや遺伝などが多くあげられますが、中には甲状腺の疾患や鉄分欠乏症などの病気である可能性もあるので注意が必要です

特に病気である場合は急激に白髪が増えたり、ある部分に集中して生えてくるケースが多いので、ある日急に気になるようになった場合は医師の診察が必要となる場合もあります。

子供に白髪が!?その原因とは?

ストレス

現代の子供たちは様々なストレスを抱えています。幼稚園や小学校なども昔とは違い、いろいろな取り組みを行っていて様々な可能性を広げるという点ではよいことですが、その分子供たちがこなさなければならない課題も多くなっています。

さらに塾をはじめとした習い事の数々で1週間ほとんど休みがなかったり、学校での繊細な人間関係などストレスとなる要因はたくさんあります。

また、家族環境が変わったり、転校や進級などで学校が変わったりする場合にも大きなストレスを感じてしまうことがあります。そのストレスが過度であると白髪という形であらわれることがあります

栄養不足

栄養不足と聞くと十分な食事をとっていないことが原因だと捉えられがちですが、実はきちんと3食食事をとっていても、子供に白髪が生えてきてしまう場合があります。

重要なのはバランスで、ビタミンとミネラルがきちんと含まれている食事をとっていないと、髪の毛を黒くするために必要なチロシンという成分が不足してしまうため、髪の毛が白いまま生えてきてしまう(白髪になってしまう)のです

出来合いの食事やインスタント食品中心の食事が多いと子供の栄養が偏り、白髪の原因となるので手作りの食事をできるだけ食べさせてあげることが重要です。

遺伝

科学的には白髪の遺伝に関する明確な理由は解明されていないのですが、比較的若いころから白髪が混じっている人の子供に、白髪が混じった子供も多いという報告はあります。

その理由として考えられるのは、白髪は生活習慣に大きく左右される部分があるため、親の食生活や生活の仕方に白髪になりやすい原因があるということです。

よって白髪になりやすい生活習慣が親から子へ受け継がれることで遺伝と間違われてしまうものと現状では考えられます。

子供の白髪は病気が原因の可能性も

前述した理由以外の白髪の原因としては、病気であるということも考えられます。
主に3つの病気をご紹介します。

先天性甲状腺機能低下症

甲状腺の病気は40代以降の女性に多いのが一般的ですが、子供が甲状腺機能の病気である場合は先天性であることが多いです。2000人に一人の割合で症状があると言われていて、むくみや便秘、でべそなどの特徴があります。

病院での薬物療法が必要となるので受診するようにしましょう。

鉄欠乏性貧血

なんらかの原因で鉄分が不足し、頭皮の毛細血管に十分な栄養が運ばれなくなるため、髪の毛を黒くするのに必要な栄養分が不足してしまい白髪が生えてくるようになります。

貧血の症状にもよりますが、軽度の場合は食事療法で改善を促す場合が多いです。重度であれば鉄剤などを使用することもあります。

尋常性白斑

白斑という病気は、皮膚の色が一部白く抜けてしまう病気です。その症状が頭部に出た場合に、その頭皮部分から生えてくる髪の毛は白髪となって生えてきます。

その原因はストレスから原因不明の場合まで様々ですが、メラニン色素という髪の毛の色を黒くするための色素を作り出すメラノサイトが何らかの異常をおこし、機能していない状態であることがあげられています。

子供の白髪を見つけたらどんな対処すべき?抜いても大丈夫?

子供の白髪を見つけた場合、少量であれば(1,2本生えている程度)抜いてしまっても問題はありません。白髪を子供が気にするようであれば抜いてあげてください。

ただし、白髪の量が多い場合は、白髪自体をどうにかするよりも、なぜ白髪が生えてきているかを解決する必要があります。ストレスなら何が大きなストレスになっているのか明らかにする必要がありますし、病気や栄養的な問題である可能性もあります。まずは医師に相談するようにし、そのうえで対処を考えるようにしましょう。

子供が見た目を気にするほどに白髪が生えている場合は、染めたりする方法もありますが、髪の毛の色は子供の体と心を表すバロメーターでもあるので、染めてしまうと判断することができなくなってしまいます。そういった面からも染めることなく、自然と黒い髪の毛が生えてくるように、内面の問題に目を向けてあげる必要があります

そもそも白髪にさせない!予防法を教えて!

バランスのとれた食事を心がける

子供に食べさせる食事は、肉・魚類・野菜・炭水化物などのバランスがなるべくとれているものを与えるように心がけましょう。忙しいと出来合いの食事やインスタント食品が増えてしまいがちですが、それらの食品には成長期の子供に必要な栄養分が欠けています。

白髪を予防するためには、ビタミンとミネラルが豊富なバランスのとれた手作りの食事が理想的です。

ストレスをためない

非常に難しいことではありますが、子供も子供なりに多くのストレスを抱えて生活しています。そのストレスの原因にできるだけ早く親が気がついてあげて、対処できるものは対処してあげるようにしましょう。

どうにもならないものに関しては、体を動かしたり息抜きをしたりして発散できるような環境を整えてあげることも重要です。いかにストレスをためないでうまく発散させてあげられるかが、白髪を予防する重要な鍵となります。

病気でない場合は生活リズムを見直しましょう

白髪の主な原因は生活習慣であることは先ほどもあげましたが、親の生活リズムが良くないと子供に白髪が生えてくる可能性が高まります。偏った食生活や、ゲームやテレビの見すぎによる眼精疲労や夜更かし、休みのないくらい詰め込んでいる習い事や学校の課題など、乱れた生活習慣が子供の白髪を増やす原因となります。

早寝早おき、3食のバランスのよい食事、メリハリをつけて課題や習い事を行い合間に息抜き程度にゲームやテレビを見るなど、規則正しい生活リズムとそれに合った時間の使い方をして、生活全体を見直していきましょう

  関連記事

知的障害の等級は何で決まるの?程度別の症状は?

  子どもが保育園や幼稚園で集団生活を始めて、知的障害の可能性を示唆されることが …

ペットの死、子どもにはどういえばいい?考えたい伝え方のこと

大切に育てていたペットの死というのは、大人でもなかなか受け入れられないものです。 …

子どもにはいつからジャンクフードを食べさせていいの?その注意点とは?

子どもを持つ親になっても、ジャンクフードが好きなママやパパがたくさんいます。保護 …

4~6歳児の生活リズムを改善する方法とは?

4~6歳児の子どもは、保育園や幼稚園に通っていることが多いので、比較的、生活リズ …

子どもが嘘や作り話をする、その原因とは?

子どもには嘘をつかないように教育している親というのもいるものですが、子供というの …

地図状舌の原因は?治療法がない幼児に多い舌炎の対処法

舌に生じる疾患はたくさんありますが、その症状や治療法は多岐にわたります。「黒毛舌 …

レット症候群の症状〜女の子におこりやすい発達障害とは?

女の子でおこりうる病気、「レット症候群」という病気を聞いたことはあるでしょうか? …

子どもが自転車で遠出!何歳から?

幼稚園頃から小学生の低学年頃には、どんどん乗れるようになる自転車。最初は親子で出 …

知的好奇心旺盛な子になってほしい!どんな育て方をすればいい?

小さな子どもは、知的好奇心が旺盛な方が良いと言われます。何事に対しても興味を持て …

食育やお手伝いにも活かせる!?習い事で人気の楽しい料理教室

自分で色々なことをやってみたいと思うようになってくる頃、幼児はママのすることを真 …