ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

幼稚園の公立と私立、どちらを選ぶべき?

   

子供が幼稚園に入る年齢が近づいてくると、どこの幼稚園を選んだらいいのか…という点が気になってきますよね。

大事な子供を預ける、そして子供がお友達と出会ったり色々な経験をする場だから、より子供にとって、そして出来れば親にとっても良い園、魅力的な園を選ぶというのは重要です。

特に通える範囲に公立・私立両方の園がある場合、どちらが良いのか…と迷ってしまう人もいるかもしれません。

今回は、幼稚園の公立と私立はいったいどちらを選ぶべきなのか、それぞれのメリットとデメリットというのは何なのか?という点についてまとめてみました。

幼稚園とは?

そもそも幼稚園いうのは、「満3歳から小学校入学までの幼児の教育を行う教育機関」です。

学校と言うと小学校からというイメージがありますが、幼稚園も学校教育法に基づいた幼児教育を行うところであり、「学校」である、という定義になります。

赤ちゃんの頃に家庭で主に親と過ごしていた子供が、同年代の子供たちとの集団生活を通して、社会のルールや善悪の判断、協調性や自主性などを伸ばしていく場だということになりますね。

ちなみに保育園というのは「保育に欠ける乳児・幼児を保育するところ」であり、管轄は厚生労働省であるというのが幼稚園との大きな違いです。

そして幼稚園にも公立幼稚園と私立幼稚園があります。どのように違うのかという点をしっかり把握することが幼稚園選びでは大事です。

公立、私立の違いはどんなところ?

公立は市町村などの自治体が運営しているところ(なので、幼稚園の先生は公務員ですね)で、私立は学校法人や社会福祉法人など民間団体が運営しているところだというのが根本的な違いです。

公立幼稚園は文部科学省の指導要領がありますが、私立は園によって教育方針なども様々ですから、英語教育に力を入れている幼稚園、音楽に力を入れている保育園など園によって様々な特色があるというのも大きな違いですね。

また、私立幼稚園は多くの園で給食がありますが、公立ではお弁当持参のところが多いようです(もちろん公立でも給食の園もあります)。

そしてそれ以外に大きく違う点といえば、やはり費用面です。

一般的に私立幼稚園のほうが、入園料や保育料、制服代や教材費など費用がかかります。あくまで平均ですが、年間の費用としては私立は公立の2倍はかかると言われています。

ただ、私立は「私立幼稚園就園奨励費補助金」というものがあります。自治体によって金額や所得制限の基準などが違いますから、お住まいの自治体のホームページなどでチェックしてみて下さいね。

公立のメリット・デメリット

公立幼稚園のメリットとしては、やはり私立に比べて費用が安く済むということがあげられます。また、行事ごとや習い事などが多い私立と比べてのびのびとした保育を行っていることが多いのも特徴。

私立幼稚園のように行事や習い事、英語や音楽などに力を極端に入れるということがない分、子供達の個性や自主性を大事にした保育を行っている園が多いです。

一方デメリットとしては、まずは通園バスがないという点。親が毎日送り迎えをしないといけませんから、特に自宅から少し遠い場合や自転車で送り迎えしないといけない場合、赤ちゃん連れの場合はこれだけでもかなり大変ですね。

また、給食ではなくお弁当持参の園が多いというのも親としては大変な点。

毎日となるとお弁当の中身も悩んでしまうし、最近はキャラ弁のような手のこんだ弁当が主流になっているので、あまり手抜きもできず大変…と感じる人さんは多いと思います。

さらに、私立と比べて行事ごとが少ない点も親御さんにとってはデメリットに感じるかもしれません。行事というのは子供の成長が見られる場ですから、そういう機会が少ないというのは少し寂しいかもしれませんね。

私立のメリット・デメリット

一方私立幼稚園のメリットは、園によって様々な特色があるので、例えばバイリンガル教育をしている園がいい、体育に力を入れている園がいい、など親の希望や子供の特性に合わせた園を選べるということ。

そして、通園バスや給食がある園が多い、などの公立のデメリットをカバーしている園が多いというのも私立のメリットですね。

特に下に小さい子や赤ちゃんがいる、仕事をしているママなどにはとても助かる点です。

一方デメリットとしては、やはり費用がかかるという点。もちろん園によって違いはありますが、保育料の平均としては月3万近くかかります。

これ以外にも制服や体育着の購入費・給食費・教材費などがかかりますから、私立に入れたい!という場合はある程度その分の予算を確保しておく必要がありますね。

また、私立幼稚園は行事ごとが多い分先生の負担が多く、結婚や出産などで辞めてしまうなど入れ替わりが激しい場合があるというのもデメリット。

なので、一般的には私立の幼稚園の先生は若い人が多いようです。

我が子に合わせてあげるのが大切

今回は、幼稚園の公立と私立はいったいどちらを選ぶべきなのか、それぞれのメリットとデメリットというのは何なのか?という点についてまとめてみました。

公立・私立には基本的な違いはありますが、同じ公立であっても地域や園によって雰囲気や特色は違うでしょうし、私立も教育方針は園によって違いますから、園のカラーというのも本当に様々です。

一番大事なのは、お子さんに合った園を選んであげる、ということ。

そのためには出来るだけ情報収集をしたり、園に見学に行くなどしてしっかり園の特色や雰囲気をつかむようにしたいものですね。

  関連記事

いじめの経験は将来にも悪影響を及ぼすって本当?いじめ後遺症のこと

毎年、いじめによって、多くの子どもたちが自殺に追い込まれています。 そうした最悪 …

油断大敵!子供の「溶連菌」をいち早く発見しよう!溶連菌感染症の検査方法ガイド

一度は聞いたことのある「溶連菌」。しかしどんな感染症なのかご存知ない方も多いので …

愛着障害のまま大人になると危険?治療法や症状を知っておこう!

愛着障害という障害をご存知ですか?中にはテレビなどで耳にされた事がある人もいるか …

ランドセルに素敵なカバーを!ランドセルカバーの作り方

6年間使うランドセル、大切に扱ってほしいですよね。普通に使っていれば必要がないの …

子どもの転落事故には高所平気症が関係している?その原因と対処法は?

「高所恐怖症」という言葉は、みなさんもよくご存じのことと思います。では、「高所平 …

4~6歳児の生活リズムを改善する方法とは?

4~6歳児の子どもは、保育園や幼稚園に通っていることが多いので、比較的、生活リズ …

子どもにはいつからジャンクフードを食べさせていいの?その注意点とは?

子どもを持つ親になっても、ジャンクフードが好きなママやパパがたくさんいます。保護 …

子どもなのに…足がくさい!思わず鼻をつまみたくなる臭い、どう対処する?

子供といえばいい匂いがするイメージですが、幼稚園や保育園から帰ってきた子供から気 …

子どもが自転車で遠出!何歳から?

幼稚園頃から小学生の低学年頃には、どんどん乗れるようになる自転車。最初は親子で出 …

子供が円形脱毛症になってしまうのはなぜ?改善方法とは?

円形脱毛症は、大人がなるものだと思い込んでいるひとが、案外多いのではないでしょう …