ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

小学生新聞を読ませると子供に効果的!?その内容や、効果とは?

   

「小学生新聞」という言葉をCMでも耳にしたことはありませんか?大手新聞社などが、小学生向けに発行されている新聞です。

今は受験をする子どもの他にも、世情に詳しくなりたい、政治に興味を持つ子供が多くなってきた中で、大人が読む通常の新聞だと「読みにくい」「わかりにくい」というデメリットがあります。

子どもに新聞を読ませたいけど、どこの会社がいいのか比較しずらいですよね。そこで今回は「小学生新聞」についてまとめていきたいと思います。

小学生新聞とは一体何?

子どもも新聞を読む時代になってきました。少しでも子どもが読んでわかりやすかったり、子どもにとって良くない情報を除いた新聞が大手出版社から発行されています。

最近では、CMでもアピールされているのでわりとメジャーな存在になってきていますよね。

そして「新聞を読む」という行為は、受験の時にも役立ちますし、世間を知るという事にとてもいい情報です。よく小学校でも教師から「新聞を読んでみましょう」と促された経験があります。

しかし、大人が読んでいる新聞は子どもにとってはサイズが大きく、字が密集しているので非常に読みにくい印象ですすよね。

そこで、「小学生新聞」は、内容や様々な面でも「こども向け」に作られているので、子どもにとって最適な新聞となっています。

小学生新聞に記載されている内容とは?

「こども向け」といっても、大人が読む新聞と内容は大きく変わりません。しかし、わかりやすい言葉に変えられていたり、子どもが読んで恐怖を感じるニュースには言葉を変えたりと、配慮がされています。

そして、子どものうちは”文字”よりも”図”や”絵”の方が読みやすいですよね。小学生新聞は文字が大きく書かれていたり、絵を大きくしていたり、子どもの興味を引く見た目となっています。

そして、大人の新聞との違いのもう一つが「フリガナがふってある」ということです。活字離れが進んでいる今、小学生低学年でもフリガナがふってあれば読みやすく、読むスピードもついていきます。

内容は、大人の新聞と変わらないのに、フリガナがふってあり、わかりやすい言葉に変えられていれば、新聞に慣れる事も出来る為、大人の新聞へとスムーズに移行できるといえます。

そして、時事問題については詳しく掘り下げられているため、受験だけではなくニュースなども理解しやすくなります。

小学生新聞を子供に読ませるメリットやその効果は?

新聞を読むメリットはたくさんあります。

まず第一に活字を読むことで、本に慣れる事ができます。そして、時事問題を知ることによって政治への関心、ニュースの内容が分かりやすくなって、受験対策にもなる、というのが大きなメリットです。

大人の新聞は、新聞慣れしていない人にとったら読みにくいもの他ありません。読むといったら、漫画コーナーやテレビ版くらいで済ませてしまう人も多いでのではないでしょうか。

しかし「小学生新聞」は、普通の新聞よりもサイズが小さい「タブロイド判」もあるので、子どもサイズに読みやすく作られているので新聞に慣れることが出来ます。

そして、高学年、中学生になったら少しずつ大人の新聞へ移行することも、スムーズに出来るでしょう。新聞を読んで活字に慣れるという事は、受験対策の他にも、就職活動や世間を知るという点においても役に立つことです。

小学生新聞の購読料は?読ませる習慣をつけるコツは?

気になる購読料ですが、毎日発行か、週刊発行かで当然ですが値段は変わってきます。そして、ブランケット紙の方がタブロイド判よりも若干値段が変わります。

どの会社でもお試し購読が出来るので、気になる会社はお試しで購読してみて、子どもに選ばせるのもいいですよね。そして週刊ですと500円という手軽さなので、小学生新聞がどういうものかを知るにはいい機会です。

「読みたくない・興味がない」という子もいるかもしれません。そんな子どもに無理強いして新聞を読ませる必要はありません。それでは、逆効果ですので、まずは小学生新聞のコーナーや漫画を見せて興味を持たせてみてはどうでしょうか。

子どもは「知る」喜びを知っています。知らない知識を得たら「もっと知りたい」と思うはずです。そこを、親が「小学生新聞」を利用してうまくサポートしてあげるといいでしょう。

子供に小学生新聞の面白さを伝えよう

いかがでしたか?「小学生新聞」は、大手から出ているとあって安心ですよね。そして、値段も~¥2000と決して高くはない金額ですので、大人も一緒に読んでみると子どもも興味を持つかもしれません。

フリガナがふってあり、面白いコーナーがあれば、子どもも、活字を読むということになれて、好奇心・探求心が育つかもしれません。

そして、メディアの情報だけではなく「自分で知る」という力も身に着けてほしいため、子どもと一緒に読んでみたいと思います。

  関連記事

4歳児になっても続く、反抗期にはどう対処したらいい?

子どもは2~3歳になると、第一次反抗期を迎えます。これは、子ども自身がママやパパ …

子供の白髪の原因とは?病気の恐れもあるので要注意

子供と白髪とは一見あまりつながりのないワードに感じられますが、実は白髪のある子供 …

幼稚園の公立と私立、どちらを選ぶべき?

子供が幼稚園に入る年齢が近づいてくると、どこの幼稚園を選んだらいいのか…という点 …

永久歯が生えてこない!埋伏歯の場合の対処方法

子どもの歯についてはきちんと抜け替わり、永久歯が生え揃うまではママもパパも心配で …

子供が円形脱毛症になってしまうのはなぜ?改善方法とは?

円形脱毛症は、大人がなるものだと思い込んでいるひとが、案外多いのではないでしょう …

小学校で必要になる絵の具セットの選び方が知りたい!

小学校の図工の授業で、必要になるものがいろいろあります。ハサミやのり、彫刻刀など …

防犯ブザー選びをお手伝い!子どもが確実に使えるように備えておこう!

多くの小学校で入学と同時に配布されるようになった「防犯ブザー」。今ではほとんどの …

トゥレット症候群ってチック症と同じ病気じゃないの?気になる改善方法などは?

昨今、数多くの発達障害が世間に広がりを見せていると同時に、専門家や当事者以外に詳 …

不安と期待の新小学1年生。小1の壁を乗り越えるにはどうしたらいいの?共働きの家庭での夏休みの過ごし方は?

小学校の夏休みは1か月以上あります。保育園では働くパパやママに合わせて夏休みをと …

オスグッド病とは?膝が痛いスポーツ少年少女への治療法とは?

成長期には怪我や成長痛など、足の痛みを感じることは珍しいことではありません。です …

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss