ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

土踏まずがなくなる子供が増えているって本当?原因と対処法は?

   

近年、土踏まずがない子供が増えていることを知っていますか?土踏まずはないことを「偏平足」ともいいますが、これは決してよい状態ではありません。人間の身体の構造上、土踏まずは必要なものなのです。

そこで今回は、偏平足とは何か、その原因、土踏まずがなくなることの問題点、子供の土踏まずをつくる方法について、お話しします。

特にスポーツを行う子供にとって、土踏まずがないことは致命的な欠点になる可能性があるので、早めに対処してあげましょう。

扁平足って何?その原因は?

偏平足とは、足の裏に土踏まずと呼ばれるアーチ構造がない足のことをいいます

人間は本来、足を地面につけたとき、土踏まずの部分はつかないようになっています。この土踏まずがなくなることで、足裏全体が地面に張り付く状態になることが特徴です。土

踏まずがない子供が増えている原因として、外で走り回って遊ぶことや、歩く機会が減っていることがあげられます。かつての日本では、子供が裸足で外遊びをするのは普通のことでした。

ですが現代は、地面はアスファルトやコンクリートで固められ、子供だけで安全に遊べる環境も激減しています。そのため、家でゲームに興じたり、さらに習い事や塾通いをする子供も増えています。

また、車や自転車に子供を乗せて移動するママやパパが多く、子供が1日で歩く距離も激減しています。

土踏まずがなくなる問題点とは?

生まれてきたばかりの赤ちゃんには、土踏まずがありません。それが、1~2歳になって歩き始めることで変化し、筋肉が発達するにつれて土踏まずができていき、6~8歳までに足裏にアーチ構造が完成します。

土踏まずには3つのアーチがあり、親指から小指にかけての内側のアーチは、身体の左右の揺れをコントロールしてくれます。次に、小指からかかとにかけての外側のアーチは、身体のひねりをコントロールしてくれます。

最後の親指から小指にかけての横のアーチは、身体の前後の揺れをコントロールしてくれます。そのため、土踏まずがないと、前後左右、ひねるといった、人間の基本的な動きに支障が出やすくなってしまうのです。

また、人間は土踏まずがあることで、上からかかる自分の体重を支えています。その体重は、歩くときには通常の3倍、走るときには5倍となって、足裏にかかります。そのため、土踏まずがないと運動能力を十分に発揮できないのです。

子供の土踏まずをつくる方法とは?

では、子供の土踏まずがないことに気づいてから、改善することはできるのでしょうか。その場合は、偏平足改善エクササイズを毎日行うことをおすすめします。

まず、座って両膝を立て、左右どちらかの指先が、広げたタオルの先端に触れるように置きます。そして、足の指でタオルをつかみ、手繰り寄せます。このとき、足の裏からつかむようにイメージするのがポイントです。これを左右行います。

次に、両足を肩幅の広さに開いて立たせます。土踏まずをつくるイメージで、足首がくの字にならないように気をつけてバランスをとらせます。このとき、足の指が浮かないように注意してください。

その正しい姿勢をキープしながら、かかとを両足同時に浮かせます。そして、ゆっくりと戻します。

最後は、戻った姿勢から、指先を曲げて床をつかむイメージで、前進します。このときも、指先だけでなく、足裏でつかむことをイメージして歩かせてください。このエクササイズを、毎日の習慣にしましょう

扁平足にならないよう心がけてあげよう!

子供が健やかに成長するためには、食事と睡眠、そして運動習慣がとても大切です。土踏まずがない子供は総じて運動不足で、中には肥満が心配な子も少なくありません

子育ての過程で、きちんと土踏まずができるように、外遊びや歩く習慣をつけるよう、配慮することをおすすめします。また、家の中では裸足で生活させる習慣をつけると、偏平足の改善に効果があるとされています。

子供が持っている運動能力をいかんなく発揮できるように、足も健康な状態にしてあげましょう。

  関連記事

最近話題の読書通帳って何?その使い方とメリット・デメリットが知りたい!

文部科学省では、テレビやDVD、インターネットなどの情報メディアの普及により、子 …

子どもが離れると泣く!母子分離不安の原因と対処法は?

ママのことを認識できるようになった赤ちゃんや、物心がついた幼児は、ママが少し離れ …

家の鍵を持たせる年齢の目安は?その際の注意点とは?

働くママにとって、我が子にいつ家の鍵を持たせるか、悩むことが多いのではないでしょ …

知的障害の等級は何で決まるの?程度別の症状は?

  子どもが保育園や幼稚園で集団生活を始めて、知的障害の可能性を示唆されることが …

子どもが自転車で遠出!何歳から?

幼稚園頃から小学生の低学年頃には、どんどん乗れるようになる自転車。最初は親子で出 …

トゥレット症候群ってチック症と同じ病気じゃないの?気になる改善方法などは?

昨今、数多くの発達障害が世間に広がりを見せていると同時に、専門家や当事者以外に詳 …

子どもが給食を食べられない!給食を完食させるためにどんなことができるの?

親としては、子どもがご飯をしっかり食べて、すくすく成長してほしいと願うものです。 …

子どもにはいつからジャンクフードを食べさせていいの?その注意点とは?

子どもを持つ親になっても、ジャンクフードが好きなママやパパがたくさんいます。保護 …

小学生新聞を読ませると子供に効果的!?その内容や、効果とは?

「小学生新聞」という言葉をCMでも耳にしたことはありませんか?大手新聞社などが、 …

子どもなのに…足がくさい!思わず鼻をつまみたくなる臭い、どう対処する?

子供といえばいい匂いがするイメージですが、幼稚園や保育園から帰ってきた子供から気 …