ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

うんちトレーニングがうまくいかないのはなぜ?成功のコツを紹介

   

おしっこは問題なくできるのに、なぜかうんちはうまくできない…という子どもの悩みを抱えている方も多いようです。

同い年の友達の子どもが上手にうんちができると聞くと、心配になったり焦ってしまいますよね。

ですが、うんちがうまくできないのには理由があるのかもしれません。

その理由を知ってうんちトレーニングをすれば成功する可能性も高くなるので、具体的な方法についてご紹介しましょう

なぜうんちがうまくできない?

特に多いのがおしっこと同じようにうんちもおむつでしたがるということです。中にはおしっこはトイレでするものの、うんちだけはおむつでしたがる子どもも多いです。

この理由は何なのでしょうか。子どもによって違いはあるものの、代表的な理由は次のようなものです。

便器やおまるが怖い

サイズが合わない便器やおまるを使っている場合、落っこちてしまうのではないかという不安を感じることがあります。

他にも便器やおまるに腰を下ろした際にたまたま手などを挟んで痛みを感じたというようなケースでは、便器やおまる=怖いものと認識してしまうことがあるのです。

うんちが肌に触れないのが慣れない

おむつをしたままの状態でうんちをすると、お尻でうんちが出てきたのを感じますよね。しかし、便器やおまるにうんちをする場合、それがありません。

赤ちゃんは生まれてからずっとおむつにうんちをすることに慣れているため、その感覚がなくなることに恐怖を感じることもあります。

便器やおまるに座るのが面倒

うんちトレーニングをする前までは便意を感じた時にそのままおむつにうんちをしています。

しかし、うんちトレーニングをすることになったら便器やおまるまで移動してうんちをしなければなりませんよね。

楽しい遊びを中断してまで便器やおまるでうんちをしたくない!と考えている子どももいるようです。

他にも便秘気味であるためにうんちをするまでに時間がかかる、おまるにしたうんちに触れてしまって汚い思いをしたなどの理由から、うんちトレーニングがなかなか進まない子どももいます。

トイレが怖い

トイレという環境に慣れていないとトイレに行くことを恐怖に感じてしまいます。このようなケースでは子どもと一緒にトイレで少し過ごしてみるというのもおすすめです。

トイレに慣れたらトイレはうんちをするための場所であるということを認識させます

まずはトイレはうんちをするための空間だということを認識させるためにおむつを付けたままの状態でトイレに行き、おむつにうんちをさせましょう。

これが成功したからといってすぐに便器に座らせてうんちをさせるとうまくできない子も多いため、今度はおむつをした状態で便器に座らせてうんちをさせてみてください。

どうしてもトイレに慣れないという場合はおまるでトイレトレーニングを完璧にしてからトイレに挑戦するというのもおすすめです。

うんちは自分の一部!?

便器やおまるでのうんちを嫌がる子どもの中には、自分の体から出たうんちは自分の体の一部のように感じている子どももいます。

便器でうんちをするところまではできたものの、流した瞬間に突然泣き出す子どももいるようです。

まるで自分の一部が流されたような感覚に陥る子もいるため、「バイバイしようね」というように声かけをかけてみましょう

失敗を怒らない

うんちトレーニングは簡単に成功するものではありません。何日もかけてやっと成功するのが一般的です。

そのため、なかなかトイレでうんちができないからといってイライラせずに優しく接してあげましょう。

トイレでのうんちトレーニングに悩んでる人が多いことから、それをサポートするための子ども向けアニメ動画や絵本などもあります。そういったものも役立ててみてはどうでしょうか。

  関連記事

子どもからLGBT(同性愛)と打ち明けられたら、どう対処すべき?親として考えておきたいこと

かつての性教育は、小学校中学年に男女別で、身体のしくみの違いについて授業を受ける …

5歳児でも反抗期が続くの?どう対処したらいいの?

子どもは生涯に二度、反抗期を迎えるといわれています。第一次反抗期は2~4歳、第二 …

ペットの死、子どもにはどういえばいい?考えたい伝え方のこと

大切に育てていたペットの死というのは、大人でもなかなか受け入れられないものです。 …

子供のサッカーはいくつから始めさせればいい?サッカーを習うメリットと気になる費用はいくらくらいかかるの?

子供のサッカーはいくつから始めさせればいい?サッカーを習うメリットと気になる費用 …

学習障害(LD)とは?原因や治療法、子供への接し方も確認

話す、聞く、読む、書く、計算・推論すると言った能力のうち、1つまたは複数の能力に …

子どもの虫嫌い克服法を伝授!親子で虫に興味を持てば怖くない!

「子どもは虫が好き」と思われがちですが、そうは言いきれないようです。昔と比べて日 …

キッズモデルの業界実情!レッスン料や交通費の問題も…

可愛い子どもをもっとみんなにみて欲しい、いろいろなことを学んで欲しいと思っている …

子供の白髪の原因とは?病気の恐れもあるので要注意

子供と白髪とは一見あまりつながりのないワードに感じられますが、実は白髪のある子供 …

飾れないお雛様…雛人形はどう手放せばいいの?処分の方法について考えよう

「女の子が健やかに成長できるように」と飾られる雛人形。コンパクトなものから七段飾 …

うちの子の言葉使いが悪い。原因や改善策は?

子どもの言葉遣い…、いつそんな言葉覚えたの!?と驚くことも多いと思います。小学生 …