ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

ウチの子の乳歯が抜けない!その原因と対処法は?

   

幼稚園や保育園の年中さんになると、乳歯が抜け始める子どもが見られるようになります。

そして、小学校の参加日に行くようになると、乳歯が抜けている子どもが予想以上に多くて、わが子が抜けていないことに戸惑いや不安を感じるママもいるはずです。

そんなとき、乳歯が生え変わる時期はいつごろなのかが気になりますよね。

そこで今回は、子どもの乳歯が抜けない原因や、その場合の対処法についても合わせて、お話しします。

お子さんの口の中の状態も、こまめにチェックしてあげましょう。

乳歯が生え変わる時期っていつなの?

乳歯は生後6~9カ月ころから生え始め、2歳6カ月になるころには、20本すべてが生え揃うのが一般的です

子どもの顎は、乳歯が生え揃った後も成長を続けていきますが、生えてしまった歯は、それに合わせて大きくなることはありません。

そのため、子どもの顎が成長して大きくなると、乳歯とのバランスが悪くなってしまいます。だから、永久歯に生え変わるのです。

実は永久歯は、生後3カ月ころから歯茎の中で成長を始めます

そして、永久歯が十分な大きさになると、乳歯の根のあたりの組織を破壊する細胞があらわれるようになり、乳歯の根を溶かして、吸収していきます。その結果、乳歯の歯根が短くなるので、自然に抜けてしまうのです。

乳歯が永久歯に生え変わるタイミングがは6歳前後で、それから6~7年かけてすべてが永久歯になります

乳歯が抜けない原因は何?

子どもの中には、なかなか乳歯が抜けない子もいて、原因もさまざまです。

その筆頭は、歯と顎の大きさが合っていないことです。

現代の子どもは、硬いものではなく、柔らかいものばかり食べるので、食べものを噛む回数が減っており、顎の発達が遅いとされています。

そのため、十分に顎は発達せず、永久歯が生えるスペースが確保できないのです。

次に、乳歯が癒合歯になっていることです。

癒合歯とは、2本の歯がくっついてしまい、1本になっていることをいいます。すると、癒合歯の歯根が溶けにくく、乳歯が残ってしまったり、永久歯が1本足りず、生えてこないこともあります。

また、「先天性欠如」といって、生まれつき永久歯の本数が少ない子どももいます。

乳歯の生え変わりが遅いと思ったときには、一度歯科医院でレントゲンを撮ってもらい、原因を知ることが大切です。

乳歯が抜けないときは治療を受けるべき?

乳歯が生え変わる時期や順番には目安がありますが、個人差があるので神経質になる必要はありません。

ですが、小学校2年生になっても、乳歯が1本も生え変わっていない場合は、一度レントゲンで歯の状態をチェックしてみることをおすすめします

癒合歯や先天性欠如が原因の場合は、周辺の歯が生える角度や、全体の歯並び、かみ合わせにまで悪影響が及ぶことがあるので、治療が必要になることがあるからです。

かみ合わせの悪さを放置すると、将来的に顎関節症になることもあるので、軽視してはいけません。

子どもの歯の状態によって、歯医者さんが処置を必要とするかを教えてくれるので、その際に指示に従えばよいでしょう。

心配な場合は、セカンドオピニオンに相談することをおすすめします。

歯科医院で定期的にチェックしよう!

乳歯が虫歯になると、永久歯に悪影響が及んだり、早くから抜歯をすることで、永久歯が生えにくくなることがあります。

また、指しゃぶりや頬杖をつく習慣が、歯並びを悪くすることもあるのです。

子どもの虫歯のチェックや歯垢をとるために定期的に歯科医院に通う習慣をつけておくと、乳歯の状態などにも早く気がつき、対処しやすくなるはずです

子どもの乳歯が生えたら、毎日の歯磨きだけでなく、歯の定期検診も行うように心がけましょう。

  関連記事

トゥレット症候群ってチック症と同じ病気じゃないの?気になる改善方法などは?

昨今、数多くの発達障害が世間に広がりを見せていると同時に、専門家や当事者以外に詳 …

子どもからLGBT(同性愛)と打ち明けられたら、どう対処すべき?親として考えておきたいこと

かつての性教育は、小学校中学年に男女別で、身体のしくみの違いについて授業を受ける …

人形と気持ちのいいお別れを!人形供養の方法や費用、注意点など

赤ちゃんの頃から沢山遊んだ人形やぬいぐるみ…しかし。成長するにしたがってだんだん …

子どもが悪夢を見て起きるなら悪夢障害の可能性も!症状・対策は?

小さな子どもが怖い夢を見て何度も夜中に目を覚ますようなことがあった場合、「悪夢障 …

子供が左右逆に書いてしまう「鏡文字」への向き合い方

文字を覚え始めた4歳~6歳児は、左右が反転した文字を書くことがあります。これは「 …

子供が円形脱毛症になってしまうのはなぜ?改善方法とは?

円形脱毛症は、大人がなるものだと思い込んでいるひとが、案外多いのではないでしょう …

小学生新聞を読ませると子供に効果的!?その内容や、効果とは?

「小学生新聞」という言葉をCMでも耳にしたことはありませんか?大手新聞社などが、 …

子どもが自転車で遠出!何歳から?

幼稚園頃から小学生の低学年頃には、どんどん乗れるようになる自転車。最初は親子で出 …

子供のサッカーはいくつから始めさせればいい?サッカーを習うメリットと気になる費用はいくらくらいかかるの?

子供のサッカーはいくつから始めさせればいい?サッカーを習うメリットと気になる費用 …

子どもに多いなめまわし皮膚炎怖さとは?気になる対処法や予防方法はどうする?

みなさんは、なめまわし皮膚炎という症状をご存知でしょうか。幼い子どもを持つ親なら …