ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

子供が肥満になる原因は何?子供でもできるダイエット方法はある?

   

まるまると太った赤ちゃんは可愛いものですが、幼児になってもぷくぷくしたままなのは、よいことではありません。

たくさんごはんを食べることも、小さな子供のお腹が出ていることも悪いことではありませんが、小児肥満が増えている現代の日本では、それが生活習慣病やメタボリックシンドロームにつながることが指摘されています。

そこで今回は、子供の肥満とはどういうことか、その計算方法、原因と問題点について、一緒に考えてみたいと思います。

子供の肥満とは?計算方法が知りたい!

肥満とは、身体に過剰に脂肪が蓄積された状態のことをいいます。そして、大人と子供では、肥満の計算方法が異なります。

乳幼児が肥満かどうかを見分ける際には、「カウプ指数」が用いられます。

カウプ指数は、体重(kg)÷身長(cm)²×10⁴で求められます。

そしてその数値が、月齢や年齢の標準値を越えていると、肥満とみなされます。

月齢・年齢別の標準値を列記すると

  • 生後3カ月から1歳未満で16~18
  • 満1歳から1歳6カ月未満は15.5~17.5
  • 満1歳6カ月から2歳までは15~17
  • 満3歳から5歳までは14.5~16.5
となっています。

これらの標準値より2ポイント増までは「やや肥満」、それを超えると「肥満」と判定されます。

また、6歳以上中学生までの学童期には、「肥満度」という数値が用いられます。

これは、100×(体重-標準体重)÷標準体重で求められます。

その数値が20%以上だと「軽度肥満」、30%以上だと「中等度肥満」、50%以上だと「高度肥満」と判定されます。

子供の肥満の原因と問題点とは?

子供が肥満になる原因は、大人とそれほど変わりません。運動不足と夜型の生活、偏った食生活、お菓子とジュースの食べすぎです。

外遊びをしなかったり、歩くことが少ない生活をしていると、あっという間に小児肥満になってしまいます。

子供が肥満になると、大人と同じように、脳や心臓に負担がかかったり、骨折や腰痛がみられるようになります。

また、身体が重くて動きにくいことから、運動能力が低下するケースが多いです。

そして、見た目が太っていることでかわらかわれたり、いじめの原因になることもあるのです。

近年は、子供の生活習慣病の発症率も上がっているので、早めに対処してあげるのが一番です。

子供のときから肥満だと、それが大人になっても継続し、健康によくありません。

子供でもできるダイエット方法について

成長過程にある子供は、大人と同じように食事制限や極端な運動をするというダイエットをすることは好ましくありません。

そのため、生活リズムを整え、食生活を見直すことが基本となります。

  • 食事には30分以上の時間をかけて食べること
  • 食前に甘いものや炭水化物を摂らせないこと
  • 寝る前に食べさせないこと
  • 朝ごはんはしっかり食べさせること
  • 栄養のバランスがとれた食事をさせること
  • 食物繊維が豊富あるいは腸内環境を整える食材を意識して食べさせること
  • 市販のお菓子は与えないようにすること
  • 食べる量と時間を決めること
  • ジャンクフードは避けること
  • 外遊びの習慣をつけること
などです。

また、揚げ物や濃い味の食事、甘い飲みものを出さないようにするのも効果的です。

親子で一緒にダイエットに取り組もう!

とはいえ、食生活の見直しと睡眠時間の確保だけでは、なかなかついた脂肪は減りません。

肥満の子供は運動嫌いであることが多いので、日常生活で動く機会を増やしましょう

食器を並べたりおもちゃを片付けることを自分でさせる、決まった家事を手伝わせる、外遊びの機会を増やす、自転車ではなく徒歩で移動する、家でも日常的にストレッチを行うなどです。

ただし、子供だけにそれを押し付けても、反発してやらないことが多いです。親子で一緒にダイエットに取り組み、子どもの健康を取り戻しましょう。

  関連記事

現代社会で生きる子どもに増えている!?大人だけじゃなかった子どもが患う心の病とは

精神疾患と聞くと仕事や家事が忙しく、人間関係で悩みを抱えている大人がかかるような …

家の鍵を持たせる年齢の目安は?その際の注意点とは?

働くママにとって、我が子にいつ家の鍵を持たせるか、悩むことが多いのではないでしょ …

小学校や塾、学童からの帰り道などに注意すべきこと

子供は小学校や塾、学童などで、たくさん勉強をしてきます。そのため、帰宅するときに …

子供部屋の間仕切りはいつ頃から?方法は?ベストの方法教えます

子どもが2人以上いると、子供部屋をどう用意するか、どうつくるかは重要な問題ですね …

子供の空手を習わせたいけど何歳からスタートさせればいい?気になる費用や空手を習わせるメリットは?

子どもの習い事として人気のある空手ですが、空手を習うことで子どもにどんなことが身 …

子供のサッカーはいくつから始めさせればいい?サッカーを習うメリットと気になる費用はいくらくらいかかるの?

子供のサッカーはいくつから始めさせればいい?サッカーを習うメリットと気になる費用 …

子供でもなる小児糖尿病の実態とは一体?治し方や、病気になってしまった場合の食事療法はどう改善したらいい?

糖尿病と聞くと、大人の生活習慣病のように思われる方も多いと思います。しかし、小児 …

油断大敵!子供の「溶連菌」をいち早く発見しよう!溶連菌感染症の検査方法ガイド

一度は聞いたことのある「溶連菌」。 しかしどんな感染症なのかご存知ない方も多いの …

子供がキレやすい原因とは?中間反抗期に起こる減少や、その他の原因についてどう対応すればいい?

すぐに「カッとなる」「突然暴力をふるう」昨今では、そんな子どもたちの数が増加の一 …

飾れないお雛様…雛人形はどう手放せばいいの?処分の方法について考えよう

「女の子が健やかに成長できるように」と飾られる雛人形。コンパクトなものから七段飾 …

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss