ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

子どもが嘘や作り話をする、その原因とは?

   

子どもには嘘をつかないように教育している親というのもいるものですが、子供というのは嘘をついて人の関心を得ようとすることも少なくないものです。

ですから嘘だとわかったような時は怒ることで解決するのではなく、何故そのような嘘をついてしまったのかを考えるようにしましょう。

嘘もただ単純に人を驚かせたくてやっているものもありますし、子供は大人の気持ちなど知らず、いたずらの延長で嘘をついてしまっているようなこともあるものです。

作り話をしてしまう理由って?

子どもの嘘は、大抵作り話だとすぐにわかることがほとんどです。子どもはまだ複雑な作り話など作ることもできませんから、他の人の話を聞くことですぐに嘘だとわかってしまうようなこともあるでしょう。

ですが、作り話をしてしまうのには理由があり、自分に関心を持ってほしい、という気持ちが隠れているようなことも多いです。

特に自分が被害者になっていたり、誰かを悪者にしているような時は、自分に同情して欲しい、という気持ちが表れているようなことも多いです。

ですから作り話をしているような時は、かまってほしい理由があるのだととらえるようにもしましょう。

作り話や嘘だとわかった場合はどうする?

作り話だとわかった時、頭ごなしに叱ってしまうのはNGです。誰かを傷つけるような嘘であったり、誰かに被害を与えてしまうような嘘であれば最終的にはもう二度とそんな嘘はつかないようにしっかり言い聞かせることが必要です。

ですが、理由を聞かずに叱っては、ひねくれてまた同じように作り話しをしてしまうこともあるものです。ですから叱る前にどうしてそんなつくり話をしたのか、理由を聞きましょう。

そこで素直に理由を言えば良いですが、子供は本当の理由を言わないこともあるものです。ですので、本当の理由を言わないようであれば自然に話してくれるのを待つようにしましょう。

そして、作り話もただ驚かせたいだけの作り話であれば、嘘だとわかっても大人は素直に騙されてみても良いでしょう。大人が信じてくれたということで、それだけで満足する子供もいます。

問い詰めない方がいいの?

子どもというのは自分が作り話をしていけないことをしたのだとわかっても、問い詰めると反抗したり作り話を認めないことというのもあるものです。

ですから作り話だとわかってもいきなり問い詰めるようなことはしないほうが良いです。素直に認めさせるには、子供の気分が良い時や、食事中などゆっくりと話しができる時間を選びましょう。

そして決して怒らないことを前提に、正直に話してもらうようにしましょう。怒られるのがわかっていて正直に話す子供などいないですから、怒らず子供が何故作り話をしたのかということを聞いてあげるようにしましょう。

また、時間に追われているとゆっくり話す子供に付き合ってあげられず、つい話を聞いている途中で怒ってしまうことにもなるので、必ず時間がある時に話を聞くようにしましょう。

また、問い詰めるのではなく、子供からの話を聞くようにしましょう。

嘘をつかないことの大切さを教えるには?

嘘をつかないことの大切さを子供に教えるには、逆の立場になったらどう感じるのか、ということを子供に問いかけてみると良いです。

嘘をつかれるとどういう気持ちになるのかを子供自身が知ることで、嘘をつかないことの大切さを学ぶこともできるでしょう。また、ついた嘘によって誰がどのように困るのか、どのような気持ちになるのかということも丁寧に教えてあげると良いです。

ただ単にいけないことだと教えても、誰がどのように困ったのかが子供ではまだ想像できないこともあるので、具体的に誰がどのように困ったのかを説明してあげましょう。

自分がついた嘘によって誰がどう困ったかを知ることによって、子供自身も嘘をつかれたら嫌だと思うことができますし、それが正直になることの大切さを学ぶきっかけにもなるでしょう。丁寧に教えてあげることが必要です。

懐かしい思い出話になってくる

子どもの作り話は、悪いことばかりではなく、時には誰かを喜ばすことができる想像力豊かなものもあるものです。

そういった楽しい作り話は後で懐かしい思い出になることもあるものですし、想像力豊かなものはむしろ褒めてあげる部類にもなるものです。

ですから子どもの作り話は誰かを傷つけるものはしっかり叱るようにし、そうでないものは大人が素直に信じてあげるというのも良いでしょう。

作り話は子供を傷つけないように対応することも大事でしょう。

  関連記事

子供がキレやすい原因とは?中間反抗期におこる減少や、その他の原因についてどう対応すればいい?

すぐに「カッとなる」「突然暴力をふるう」昨今では、そんな子どもたちの数が増加の一 …

些細な身体の変調を過度に心配していたら心気症(ヒポコンドリー)かも!?症状と原因とは?

心気症とは、頭痛や疲労感などの些細な身体の不調を異常なまでに気にしてしまい、自分 …

食育やお手伝いにも活かせる!?習い事で人気の楽しい料理教室

自分で色々なことをやってみたいと思うようになってくる頃、幼児はママのすることを真 …

いま人気の親子留学とは?人気の国や費用が知りたい!

近年、一部上場企業ではTOEICスコアによって、エントリーの足きりが行われていま …

不安と期待の新小学1年生。小1の壁を乗り越えるにはどうしたらいいの?共働きの家庭での夏休みの過ごし方は?

小学校の夏休みは1か月以上あります。保育園では働くパパやママに合わせて夏休みをと …

小学生新聞を読ませると子供に効果的!?その内容や、効果とは?

「小学生新聞」という言葉をCMでも耳にしたことはありませんか?大手新聞社などが、 …

子供が左右逆に書いてしまう「鏡文字」への向き合い方

文字を覚え始めた4歳~6歳児は、左右が反転した文字を書くことがあります。これは「 …

3大アレルゲンの「小麦アレルギー」は治る?症状や原因は?

小麦は、いろいろな加工品に含まれているので、小麦アレルギーがあると、何を食べさせ …

子供をバレエ教室に通わせたいけど、いつから始めさせていいのかわからない…その費用と効果の実態とは?

バレエって、子供に習わせたい習い事の一つでもありますし、子供自身が習ってみたい習 …

家の鍵を持たせる年齢の目安は?その際の注意点とは?

働くママにとって、我が子にいつ家の鍵を持たせるか、悩むことが多いのではないでしょ …