ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

子どもが離れると泣く!母子分離不安の原因と対処法は?

   

ママのことを認識できるようになった赤ちゃんや、物心がついた幼児は、ママが少し離れただけで大泣きしたり、後追いをすることがあります。これは、子どもの成長の過程で誰にでもみられるもので、「母子分離不安」といわれます。

とはいえ、母子分離不安に悩んでいるママは、予想以上に多いようです。そこで今回は、母子分離不安とは何か、おこる原因、みられる年齢と状態、対処法などについて、お話しします。知識として覚えておくことで、冷静に対処してくださいね。

母子分離不安って何?その原因は?

母子分離不安とは、乳幼児がママから離れることで動揺し、不安を感じて後追いをしたり、泣いてしまう状態のことをいいます。母子分離不安がおこるきっかけはいろいろあります。

  • 保育園や幼稚園に通い始めるなど生活の変化
  • ママあるいは子どもが入院して離れることを余儀なくされる
  • ベビーヒッターなどママ以外のひとが子どもの面倒をみるようになる
  • 習いごとなどでママと離れる時間ができる
  • 怖い思いをした
  • 子どもを一時的に誰かに預けた
  • 弟や妹ができた

などなど、何かきっかけがあって、母子分離不安がおこります。母子分離不安がおこる原因は、まだ子ども自身に先の見通しをたてる力が育まれていないことです。

そのため、ママがいなくなったときに「自分を置いてどこかに行ってしまったのではないか」という不安が先に立ち、「待っていれば戻ってくる」という考えにならないのです。

母子分離不安がおこる年齢と状態は?

では、いつごろから母子分離不安がみられるようになるのでしょうか。早い子だと、認識能力が高まる生後8カ月ころから、母子分離不安がみられるようになります。そして、生後10カ月から18カ月でピークを迎え、長ければ3歳になるころまで続きます。

母子分離不安として見られる状態は家の中でもママの姿が見えなくなると泣き、どこにでも後追いをする事が第一にあげられます。

ほかにも、パパやおじいちゃん、おばあちゃんなどママ以外のひとが抱っこした途端に泣く、遊びに夢中になっていても気づいてママが見当たらないと泣きわめく、祖父母宅は保育施設に預けると泣く、赤ちゃん返りをするなどがあげられます。

とはいえ、きっかけや状態は、子どもによって個人差があるので、兄弟姉妹であっても、あらわれ方は違います。

母子分離不安への対処法は?

では、我が子に母子分離不安がみられるときには、どう対処したらよいのでしょうか
子さんがママの言っていることをわかる月齢になっているときは、離れるときに「隣の部屋にいるよ」「ベランダで洗濯物を干しているね」「トイレに行くけど、すぐに戻るよ」など、声をかけてあげましょう。それだけでも、安心感が違います

次に、子育て支援センターや祖父母宅など、お子さんが慣れていない場所で過ごすときには、ママが離れずに遊んであげることです。それにより、お子さんの不安が軽減していくはずです。

そして、母子分離不安で泣いたときに、きつく叱らないことです。「また泣いて!」と叱るより、「ママはちゃんといるよ」と抱きしめて、安心させてあげてください。

母子分離不安がおこったら冷静に対処しよう!

2~3歳のお子さんに母子分離不安が見られると、幼稚園や保育園に通えるのかと、不安に思うママもいるかもしれません。

そして、実際に登園を始めたときには、なかなか玄関に入ろうとせず、泣きわめくこともあるでしょう。ですが、母子分離不安はママとお子さんの絆がしっかりできているから見られるものですし、成長の一環でもあります。

ママは大変な時期ですが、冷静に対処して、お子さんを安心させてあげましょう。ただし、2歳を過ぎても母子分離不安が強い場合には、分離不安障害かもしれません。保健センターや専門医に相談して、早めに対処しましょう。

  関連記事

子供がキレやすい原因とは?中間反抗期におこる減少や、その他の原因についてどう対応すればいい?

すぐに「カッとなる」「突然暴力をふるう」昨今では、そんな子どもたちの数が増加の一 …

小児ネフローゼ症候群って一体どんな病気?食事療法や看病するうえでの気をつけたい点とは?

“小児ネフローゼ”小さな子供をお持ちのご両親であれば、耳にした事がある言葉かもし …

愛着障害のまま大人になると危険?治療法や症状を知っておこう!

愛着障害という障害をご存知ですか?中にはテレビなどで耳にされた事がある人もいるか …

3大アレルゲンの「小麦アレルギー」は治る?症状や原因は?

小麦は、いろいろな加工品に含まれているので、小麦アレルギーがあると、何を食べさせ …

子供が近視になってしまう原因とは?近視とはどういう状態なのか?対処法などはあるの?

近視には都市型の近代国家に多いという特徴があげられます。現代社会ではスマートフォ …

いじめの経験は将来にも悪影響を及ぼすって本当?いじめ後遺症のこと

毎年、いじめによって、多くの子どもたちが自殺に追い込まれています。 そうした最悪 …

子供の空手を習わせたいけど何歳からスタートさせればいい?気になる費用や空手を習わせるメリットは?

子どもの習い事として人気のある空手ですが、空手を習うことで子どもにどんなことが身 …

人形と気持ちのいいお別れを!人形供養の方法や費用、注意点など

赤ちゃんの頃から沢山遊んだ人形やぬいぐるみ…しかし。成長するにしたがってだんだん …

いま人気の親子留学とは?人気の国や費用が知りたい!

近年、一部上場企業ではTOEICスコアによって、エントリーの足きりが行われていま …

黄砂アレルギーを花粉症と間違えないで!子供からのSOS

春が近づいてくると、外が暖かくなってきてワクワクしてきます。しかし、花粉症の人に …