ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

子どもの「便失禁」は便秘が原因!?正しい知識で生活と環境から便失禁を改善していこう!

   

「便失禁」に悩む子どもがいることをご存知ですか?実は子どもの便失禁の理由として、「便秘」が大きく関係していると言われています。

便が出ない便秘と、漏れてしまう便失禁がなぜ関係あるのでしょうか。また便失禁を改善するためには、どうすればよいのでしょうか

今回は、子どもの便失禁の原因と検査・治療方法、家庭での対策について詳しくお話ししていきます。お子さんが自信をもって排便できるよう、家族全員でサポートしてあげましょう。

便失禁とは?その原因はなに?

便失禁とは、無意識のうちに便が漏れ出てしまうことです。病気や身体的な異常が原因ではなく、何かのきっかけに偶然おこってしまうことが特徴です。主にトイレトレーニングや就学など、排泄環境が変化する時期におこりやすくなると言われています。

子どもは消化や排泄機能がまだ発達途中であり、大人と比べると便失禁しやすい状態にあります。4歳児において約3%の子が便失禁に悩んでいると言われていますが、成長とともに便失禁しなくなっていきます。

では子どもはなぜ便失禁してしまうのでしょうか?子どもは排便をコントロールするとき、過剰に我慢してしまうことがあります。体が「便を出したい」と感じた時に排便しないと、排便衝動の波は去っていきます。

そのため、便は腸内に溜まったままとなります。これが繰り返されると慢性的な便秘となり、腸壁は引き伸ばされた状態になります。

引き伸ばされた腸壁は通常通り便意を伝えることができなくなり、ふとした時に詰まっていた硬い便の隙間から軟便が漏れてしまうのです。子どもが排便を過剰に我慢してしまう原因には、以下のようなものがあります。

  • トイレトレーニングで怒られたくない
  • 自尊心が高く、排便を失敗したくない
  • 就園・就学後に恥ずかしくて学校で排便できない
  • 慣れない環境で排便ができない

このような状況下で子どもは過度に排便を我慢し、結果的に便秘となります。便失禁には、子どもの生活環境の変化が影響して引きおこされる「便秘」が大きく関係しているのです。

どんな症状があるの?種類によって違う?

便失禁の症状は名前の通り、意図せず便が漏れることです。漏れ出てしまう便の種類は、硬くコロッとした便と、硬い便の隙間から漏れ出る軟便の2つです。

どちらにしても下着を汚してしまうため、子どもが羞恥心を抱いたり、自尊心を傷つけられたりと精神的なダメージが大きいです。幼稚園や学校で便失禁してしまうと、友達からからかわれる可能性も否定できません。

便失禁の種類

便失禁には、以下のようにいくつかの種類があります。子どもが繰り返し便失禁する場合には、溢流性便失禁のことが多いです。それぞれに合った対処法が求められるので、どのタイプか見極めてみましょう。

腹圧性便失禁

お腹に力をかけた時に意図せず便が漏れ出る

切迫性便失禁

下痢などで便が緩くなり、トイレに間に合わない

溢流性便失禁

便秘で腸内に便が過剰に溜まり、ふとした時に漏れでしまう

機能性便失禁

自力でトイレに行けない、トイレの場所が分からない等の理由で漏らす

受診すべき科とその検査とは?

子どもが繰り返し便失禁する場合には、かかりつけの小児科を受診することをお勧めします。便秘の専門家は、消化器内科です。

しかし子どもの便秘治療が可能かどうかは病院によって異なるため、まずは小児科で相談する方がよいでしょう。詳しい検査や診察が必要な場合には、小児科から専門医を紹介してもらうとスムーズに治療できますよ。

また稀ではありますが、直腸脱や肛門腫瘍など便失禁を症状とする重大な病気もあるため、繰り返し便失禁する場合には小児科の先生に相談しておくと安心です。

検査方法

便失禁の検査では、排泄機能異常排便をコントロールする神経系の異常が無いかを調べます。具体的には以下のような検査を行います。

  • 肛門と直腸の検査
  • 肛門周囲の感覚神経検査
  • S状結腸鏡検査

この検査の結果、身体的な異常や疾患が認められなかった場合「便失禁」と診断されます。基本的な治療をしても便失禁が改善しない場合、腹部レントゲン撮影を行う、直腸壁の生検を行う等、さらに詳しい検査をすることもあります。

治療方法と治療にかかる期間

便失禁の治療では、薬による治療、排便トレーニング、食事や環境の改善、カウンセリングが行われます。一般的に便秘によって引き伸ばされた腸壁が元に戻り、排便衝動を自覚できるようになるまで数か月かかると言われています。

数か月と言われると長く感じるかもしれませんが、規則正しい排便を心掛けておけば便失禁は確実におこらなくなりますよ。

薬剤による治療

便秘を解消するために、浣腸や下剤が処方されます。下剤を使用すると一旦は便秘が解消されますが、徐々に元に戻ってしまうことがあります。

確実に便秘を改善するためには、定期的に下剤や浣腸を用いて排便周期を整えることが大切なので、決められた期間しっかりと使用しましょう。

排便トレーニング

子どもが規則正しく排便できるようにトレーニングを行います。毎日同じ時間にトイレに座り腹圧をかける、排便に必要な筋肉を鍛えるなど、確実にトイレで排便できるように練習していくことも必要です。

食事や環境の見直し

便失禁治療では、便秘になりにくい食事や環境の見直しを勧められることも多いです。普段から水分と食物繊維を意識して摂取し、健康的な便になるようにしましょう。

またトイレを怖がる子どもの場合には、子どもの好きなキャラクターで飾るなど、トイレを明るく楽しい環境にする工夫も効果的です。

心理カウンセリング

便失禁がトラウマになっている子どもには、心理カウンセリングが行われる場合もあります。特に失敗して恥ずかしい思いをしたことがあると自信が無くなり、便失禁が繰り返されてしまう負のサイクルに陥ることがあります。

上記のような治療と合わせて、面接療法を行い、子どもが自信を持って排便できるようにサポートします。

家庭での対策は?

便失禁の改善には、ご家庭での対策も重要となります。

子どものペースでトイレトレーニング

厳しくトイレトレーニングを行うと、子どもが排便を我慢することに繋がりかねません。失敗に恐怖心を抱いたり、汚したら怒られると思わせないように優しく声かけすることが大切です。

もし子どもが追い込まれている状態であれば、一時的にトイレトレーニングを延期するなど工夫する必要があります。子どもの成長具合を丁寧に確認し、子どものペースに合わせたトレーニングを行いましょう。

決まった時間にトイレに行く

学校や幼稚園では、排便に行く勇気がなく我慢してしまう子どもが多いです。そのため登園・登校前に、家で排便しておくように促しましょう。ゆったりと排便できるように、あらかじめ時間に余裕をもってトイレに行くことをお勧めします。

これと合わせて、もし学校などの外出先で排便したくなっても「恥ずかしいことではない」ことを丁寧に伝えてあげることも大切ですよ。

食事や運動の工夫も

便通の良くなるバナナやヨーグルト、食物繊維豊富な野菜、水分を多く含む果物を積極的に摂るようにしましょう。また便秘改善には適度な運動も必要です。一緒に体操する、お散歩する、公園で遊ぶなど、普段から体を動かすことも意識しておいてくださいね。

規則正しい排便で便失禁を改善しよう!

子どもの便失禁は病気や体の異常ではなく、便秘が原因となって引きおこされます。環境の変化やトイレトレーニングなど、子どもに負担がかかるときにおこりやすく、精神面が大きく関係しています。

また、ご家庭でもトイレに行きやすい環境づくりや我慢させない声掛けなどを心掛け、子どもが規則正しく排便し、便失禁しないように支えてあげてくださいね。

しかし繰り返す便失禁の場合には、一度小児科で相談し、適切な治療と指導を受けるようにしましょう。

  関連記事

小学校で必要になる絵の具セットの選び方が知りたい!

小学校の図工の授業で、必要になるものがいろいろあります。ハサミやのり、彫刻刀など …

子どもが給食を食べられない!給食を完食させるためにどんなことができるの?

親としては、子どもがご飯をしっかり食べて、すくすく成長してほしいと願うものです。 …

子供の様子がいつもと違う!?我が子がいじめに遭っているときにいち早く気づく方法とは?

楽しい学校生活を我が子に送って欲しいと願うのは、すべての親に当てはまることです。 …

子供が円形脱毛症になってしまうのはなぜ?改善方法とは?

円形脱毛症は、大人がなるものだと思い込んでいるひとが、案外多いのではないでしょう …

食育やお手伝いにも活かせる!?習い事で人気の楽しい料理教室

自分で色々なことをやってみたいと思うようになってくる頃、幼児はママのすることを真 …

リビング学習にはツインデスクが便利!その選び方とは?

お子さんの小学校入学が近づくと、学習机をどうするのか、頭を悩ますママやパパが増え …

花粉症対策に子ども用めがねが効果的!人気の商品も紹介

花粉が飛び交う季節になると、目が痛くなったり、痒くなることもありますよね。こうい …

黄砂アレルギーを花粉症と間違えないで!子供からのSOS

春が近づいてくると、外が暖かくなってきてワクワクしてきます。しかし、花粉症の人に …

子どもが悪夢を見て起きるなら悪夢障害の可能性も!症状・対策は?

小さな子どもが怖い夢を見て何度も夜中に目を覚ますようなことがあった場合、「悪夢障 …

血管性紫斑病の原因とは?子供のあざが増える症状に要注意!

「最近子どもの足にアザが出来ているな」「何だかアザが増えてきたな」と感じたら、そ …