ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

子どもの歯並びが悪くなってしまうのは原因がある?矯正治療は必要?

   

あなたは日頃からお子さんの歯並びに注意していますか?歯は成長と共に放置しておいても自然と生えるものとチェックを怠っていると、お子さんの歯並びがどんどん悪くなっていくケースが多々あります。

では、お子さんの歯並びが悪くなる原因にはどのようなことがあるのでしょうか?また歯並びが悪いと感じたら、矯正治療は必要なのでしょうか?そして矯正治療を始めるにはどのようなタイミングがよいのでしょうか?

今回はお子さんの歯並びについてや、矯正治療についてお話ししたいと思います。

子どもの歯並びが悪い場合はどうやって判断するべき?

お子さんの歯並びが悪いと判断するには3つのポイントがあります。

一つ目は見た目のチェック法です。子供の歯磨きを手伝い際などにチェックしてみて、歯に隙間がないか、歯並びに異常がないか、目視でチェックする簡単な方法です。

二つ目に会話でのチェック法です。お子さんが言葉を発する際、言葉をうまく発音できない場合、嚙み合わせに問題がある可能性があります。

三つ目に食事でのチェック方法です。食事の際に食べにくそうにしていないか、物を咀嚼する際に口からこぼれることはないかチェックしてみましょう。

これらに何かしらの異常を感じたら、近隣の歯医者さん、できれば矯正歯科などの専門医に相談してみることが大切です。

歯並びが悪くなってしまうのは原因がある?

では、歯並びを悪くしてしまうことに原因はあるのでしょうか?一般的に歯並びの悪さは30%の確率で遺伝によるものだと考えられています。そういった遺伝的な要素が強いものは除外して、生活習慣で歯並びが悪くなってしまう原因が7つあります。

一つ目は幼い頃の指しゃぶりが長引くことです。3歳くらいまでの指しゃぶりは正常なものですが、5歳を過ぎても指しゃぶりしていると出っ歯や開咬になりやすいです。

二つ目に口呼吸です。口呼吸を続けると空気の通りを良くするために下の位置が下ります。そのため、上顎を広げることが出来なくなり、出っ歯や凸凹の歯並びになりやすいです。

三つ目に下唇を噛む癖。これは出っ歯や下の歯並びが凸凹になりやすいです。

四つ目に舌を出す癖。これは開咬になりやすいです。

五つ目にシーツや爪など、物を噛む癖です。これは前歯がずれる原因になりやすいです。

六つ目に硬いものを噛まない習慣です。これは歯の凹凸を作りやすいです。

七つ目に頬づえをつく習慣です。一か所の顎で重い頭部を支え続けることで奥歯の歯並びがゆがんでしまいます。

歯並びが悪くならないようにするにはどうすればいい?

では、歯並びが悪くならないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?端的に言えば、上記のような歯並びに悪いアクションを習慣づけないことが大切です。

指しゃぶりを長く続けているお子さんや、物を噛む習慣のあるお子さんには、他の方法で不安やストレスから解放してあげる方法を探してあげるようにするとよいでしょう。

硬いものを噛まないお子さんには、毎日のおやつや食事の中でうまく硬いものをとり入れるようにしてあげるとよいでしょう。お子さんに頬づえをつく光景が見られたら、その度ごとに注意する必要があるでしょう。

とは言っても口呼吸や舌を出す習慣など、体で覚えきっている習慣をやめさせるのは大変なことです。そういった場合地域の保健センターなどの育児相談コーナーなどを利用したり、保健士さんなど専門家の意見を仰ぐとよいでしょう。

矯正治療をさせたほうがいい?いつ頃から始める?

歯並びの悪さは、子供の体の発達にも大きな影響を及ぼします。そういった意味でも歯並びが悪いことが分かったら、矯正治療することをおススメします。では本格的に矯正治療を始めるとしたらいつ頃からがよいのでしょうか?

実は矯正治療と言っても、その症状や歯の成長具合によってスタート時期は様々。ですから早く治療に訪れたからといって、すぐに治るものでもないのです。

子供の矯正治療の場合、成長に合わせて無理なく行えるというメリットがありますから、そのお子さんに適したタイミングでスタートさせるのが理想。そのためにも幼稚園~小学校低学年くらいのうちに、矯正歯科を訪問し、カウンセリングとともに精密検査を受けるのがおススメです。

多くの場合矯正治療のスタートは8歳から12歳の間になり、これがベストタイミングということになりますが、矯正治療は長い年月がかかるために信頼のおける矯正歯科医のものと受けさせたいものです。そのためにも早いうちから矯正歯科医をリサーチし、一度訪問することが大切でしょう。

生活の中で子どもの歯並びをこまめにチェックしよう

歯並びは先天的な要因も多くありますが、日ごろの生活習慣の影響で変化していくことも多々あります。日頃からお子さんの歯の状態をチェックすることが、歯の衛生を守ることと同様に重要なのです。

歯並びが悪いと見た目だけでなく、体の成長にも大きな影響を与えます。生活改善で状態がよくなるのが理想ですが、それでも改善が見られず歯並びが悪いと感じたら、矯正歯科医などの専門家の意見を仰ぐことも大切です。

成長段階のお子さんの歯には日頃から注意してほしいです。

  関連記事

子どもが難聴?ストレスが原因と言われる小児心因性難聴のこと

私たちは当たり前のように周囲の声や音を聞いていますが、子供がとつぜん疾患がないの …

算数障害(ディスカリキュア)の症状や原因とは?発症の確率は?

子供の学業成績は、最初は誰もが1から学習するにもかかわらず、得意科目と不得意科目 …

上手な付き合いを!子どもがネットを安全に使う秘訣とは?

小学校の授業でもパソコンやネットが取り入れられ、自宅学習でもタブレットやパソコン …

子どもの交通事故は7歳男児が多い!その理由と未然に防ぐ方法は?

子どもが小学校に入学すると、乳幼児の時期とは違って、それなりに分別もついていると …

小学生におこる中間反抗期とは?その対処法は?

子どもの成長の過程には、必ず反抗期がおこります。第一次反抗期といえば、魔のイヤイ …

学校行事で遠出するときには何を持って行けばいいの?あると便利な持ち物は?

子どもが小学校に通うようになると、遠足や林間学校、修学旅行など、遠出する機会が増 …

忘れ物が多い子供の特徴とは?親がとるべき正しい対応が知りたい!

忘れ物が多い原因は何?「なんでこんなにウチの子は忘れ物が多いの!」と、疑問に思っ …

子どもの不登校が解消した例もある!全国に広がる子ども食堂のこと

近頃、子どもの貧困について話題にのぼることが多いですが、みなさんはそれを身近な問 …

いじめ防止対策推進法が成立!我が子をいじめから守るために、親がすべきことは?

日本の教育現場のいじめの状況ですが、ニュースで報道される機会が増えているものの、 …

中一ギャップが不登校の引き金になるって本当?その原因と対策について

子育てをしていると、子どもが壁にぶつかる時期が巡ってくるものです。「小1の壁」「 …