ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

ほんとうに必要?子どもへのお小遣いについて

   

お小遣いは子どもに正しいお金の使い方を学ばせる絶好のチャンスです。子供にお小遣いを渡すことで、子供自身はお金の実践的な教育をスムーズに身につけられるだけでなく、お金を得ることの大変さやその価値についても学ぶことができるためです。

しかしその反面で、お小遣いの渡し方やお小遣いというものに関してのとらえ方を少しでも間違えてしまうと、それは子供の教育に悪影響を及ぼすこともあります。

ではお小遣いは本当に必要と言えるのでしょうか?

お小遣いを与えることのメリット・デメリットは?

お小遣いを与えることによってのメリットは大き4くつあります。

お金の大切さを知る

お金を大切さを知ることができる点です。お小遣いを与えないと親が必然的に何でも購入してしまうため、お金の大切さを知ることができません。そういった意味でお金を自身で使うことで、お金がいかに大切なものかを学ぶことができます。

物の価値を学ぶ

品物の価値を学べる点です。自分の欲しいとするものがいったいどの程度の価値のものなのかを、自身で買い物することによりお金を支払うことで学ぶことができます。

計画性を身につける

計画性が身につき、やりくりを学べる点です。お小遣いを計画的に使わないとお小遣いはどんどんなくなっていきますし、そういった経験から欲しいものを計画的に手に入れようといった計画性が身に付きますし、そういったスキルをアップさせていけば、将来的にもやりくり上手な人間に育っていきます。

経験を積む

失敗することで経験を積むことができる点です。人間失敗しなくては成長はありません。お小遣いを使い自身で購入していくうちには失敗も重ねることでしょう。しかしその失敗が反省点となり、経験を積むことでお金の正しい使い方を学べるのです。

これがうまく作用しないと、すべてデメリットになっていきます。そのためお小遣いの与え方や金額など様々なアングルから与える側も工夫しなければなりません

お手伝いの報酬として渡すのはだめなの?

お手伝いをすることでその報酬としてお小遣いを渡すご家庭もあるかと思います。しかし、これにもメリットとデメリットがあります。

メリット

メリットとしてはお金の大切さや、お金を手に入れることの苦労を日々の生活の中で体感できる点です。私たち大人は働くことにより収入を得ますが、これを幼いうちから学ぶことができる意味ではお手伝いに対しての報酬としてお小遣いを渡すのは良いことだと思います。

デメリット

しかしその反面、家族を助けることは当たり前であり、そこに報酬としてお小遣いを求めるのはいかがなものか?といった考え方もあります。確かに家族は助け合い支え合っていくのが当然の姿であり、そこに金銭を要求することで、家族への感謝や思いやりの心が育ちにくくなることも危惧されます。

もしこの方法をとりたいのなら、普段のお小遣いを少な目に設定してはいかがでしょうか?そこにお手伝いの分として5円、10円と少額をお手伝いの報酬として与え、お手伝いを子供がして報酬を渡すたびに、”ありがとう”の気持ちを親がしっかり伝えていくことで、子供は自己肯定観を感じることができるかと思います。

いつからお小遣いをあげたら良いの?

お小遣いをあげるタイミングもご家庭により様々かと思います。しかし一つ言えるのは、ある程度お金の価値を理解し、自身で管理できるようになってからということです。お友達とのお付き合いもあるでしょうし、小学生になって算数などで簡単な計算ができるようになった位からがよいのではないでしょうか?

その際にも注意が必要で、中学生以降になればある程度月単位等のスタンスで渡しても自身で管理できるようになりますが、小学生の子供には、一日単位あるいは週単位でお小遣いを渡すほうがよいでしょう。いきなり大きなお金をもらっても、小学生くらいのうちは自身で管理が難しいだけでなく、計画的に使うことができません。

小学生の時には本格的なお小遣い制にする前のプレ段階と考えて、子供のお小遣いの使い方にも親が注意を払う必要もあります。お小遣の使い方を学ばせる意味では、お小遣い張を活用するのも一つの手です。

お年玉などはどうする?

お年玉も年齢によって渡す配分を考えた方がよいでしょう。小学生になるまでは親がすべて預かってしまってよいかと思います。もしその中でも子供が使いたいというのなら、お年玉の中から一緒買い物に行って少額使わせる程度でよいでしょう。あとはすべて預金してしまうほうが無難です。

子供も成長に伴い、小学生になるとある程度自身でお年玉を使いたがるようになります。この際にいただいたお年玉を子供にすべて渡してしまうのは危険。子供とよく使い方を相談し、話し合いの結果で必要な分だけお年玉を渡すのが理想です。

可能なら子供がまだ幼いうちに子供専用の預金口座を準備しておきます。そこに使わない分のお年玉を預金していってあげると、子供も自分のお金がしっかり預金されていることに安心するでしょうし、貯まっていく通帳の金額を見て喜びを感じるようにもなります。

与え方には注意が必要

子供にお小遣いを与えるのはメリットもたくさんありますが、デメリットになる要素も多く含んでいます。この際、大切なのが親子のコミュニケーションです。お小遣いを与えることのでのデメリット要因を作らないためにも、日ごろから親子でお金の大切さやお金の上手な使い方などよく話し合うことが大切

お小遣いはその年齢に必要な金額や相場に合わせ、与えすぎないようにしましょう。またどんなに子供がお金が足りないといっても、前借りさせる習慣は身につけさせないことが大切です。

  関連記事

学習塾は必要?塾に通うことのメリット・デメリットまとめ

子供に勉強・勉強とは言いたくないけれど、子供の成績は親御さんにとって非常に気にな …

学校行事で遠出するときには何を持って行けばいいの?あると便利な持ち物は?

子どもが小学校に通うようになると、遠足や林間学校、修学旅行など、遠出する機会が増 …

子どもの気分の変調が激しい?もしかして「躁うつ病(気分障害)」!?その原因と症状とは?

躁うつ病とは、気持ちが高まり非常に活発になる躁状態と、気分が落ち込んで無気力にな …

小学校での英語教育が始まるけどその内容は?メリット・デメリットはある?

2008年度から小学の5~6年生を対象に外国語活動をもとに英語教育は始まりました …

授業が成立しない?問題視されている「小1プロブレム」とは?

小さかった我が子が成長しランドセルを背負う姿は、とても喜ばしくもあり、頼もしく感 …

子どもを勉強好きに育てるコツはある?そのメリットとは?

子育て中のママやパパの中には、学校に通っていたときには勉強が嫌いだったのに、現在 …

他人事と決めつけないで!いじめられっ子の特徴と対策

子供についての心配ごとは尽きませんが、テレビなどでいじめのニュースが取り上げられ …

最初が肝心!間違えやすいカタカナを覚えるコツは?

子どもは好奇心がとても旺盛です。早い子では、2~3歳くらいからクレヨンや色鉛筆に …

原因はなに?子どもの不登校の対処法など

子どもの不登校には、様々な原因があるといえます。今や、小学生から大学生まで、誰で …

米国の子どもに大人気!ハンドスピナーの魅力とは?

子どものおもちゃにも、はやりすたりがあります。いま世界中で子どもたちが熱狂し、日 …

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss