ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

大人のうつ病とは異なる!?子どものうつ病の症状と原因とは?

   

精神的な悩みを抱え追い詰められうつ病になってしまう大人が増えています。うつ病を発症するのは大人、うつ病は大人の病気…とそんなイメージを持つ人も多いと思いますが、子どももうつ病になることがあります。

また、それだけ大人も子どもも、精神的に追い詰められたり悩みを抱えることが多い世の中になっているといえます。そして、子どものうつ病と大人のうつ病は症状の現れかたが異なります。

子どもがうつ病になったときはどんな症状が気になったときに症状を疑えばよいのか、また子どもにうつ病が発症してしまう原因をご紹介したいと思います。

そもそもうつ病って何?

うつ病とは精神的に追い詰められる出来事や、強いストレスを感じる出来事、悩んでいる状態の時などに発症しやすくなります。

そういった環境の変化ついて行けず、憂鬱な気持ちがいつまでも晴れずに気持ちが落ち込んでいる状態のことをうつ病といいます。また、それによって脳内物質の分泌系統に異常をきたし、うつ病は発症します。

それに伴い何事にもやる気が出なくなる、何も楽しいと感じなくなる、食欲は低下、不眠になるなどの症状が現れてきます。

そういった状態に陥ることで、今まで普通にできていた行動や生活が難しくなり、日常生活を今まで通りに過ごすことが難しくなります。

自宅に引きこもりがちになったり、仕事にも行けなくなるということもうつ病ではよくおこる症状の一つです。

大人のうつ病と子どものうつ病とは?その原因と症状とは?

大人のうつ病が発症する原因は職場の環境や仕事でのプレッシャーなどです。また、職場いじめなどによりおこることも多いそうです。そして、その症状は典型的なうつ病として多くの人が知っている不眠や食欲低下、焦燥感に意欲低下の症状が出ます。

それに比べて子どものうつ病の原因は、学校生活での友人関係の悩みやいじめであったり、両親の不仲やDV、離婚、受験へのプレッシャーや、引っ越しによる環境の変化などがうつ病の原因となることがあります。

その他にも大きな自然災害に巻き込まれたり、事件や事故が身近におきた場合もうつ病の原因につながります。また、子どものうつ病でも大人と同様に不眠や食欲不振の症状が現れることがあります。

ですが、大人と異なる部分では、行動に落ち着きがなくなり多動になる、集中力がなくなり勉強や習い事に取り組めなくなる、頭痛や腹痛などを訴えるなどの症状が現れることがあります。

子どものうつ病を予防する方法とは?

子どものうつ病を予防するためには、子どもの心に負担がかかりそうだと感じる出来事がおこったときなど、普段よりもよく子どもを観察し、よく子供の話を聞いてあげるようにしましょう。

そして子どもは、いま自分が置かれている状況に対してとても不安に感じていることが多いものです。身近にいる人が子どもに安心感を与えられる存在でいることが、子どもの心のバランスを保つことにつながります。

何かに失敗してしまうことがあっても、些細な事で頑張ったことをほめてあげるなどして子どもを認めていることをしっかり言葉にして伝えてあげましょう。自分のことを分かってくれる、自分の味方だと感じられることが大切です。

さらに普段の生活でも、子どもの話にはよく耳を方向けるようにしましょう。出来たことはもちろん、出来なかったことに対しても子どもの感情を受け止め、子どもを認める言葉をかけてあげるとよいです。

それによって心の安定感ができストレスに強い子供に育ちます。

うつ病になってしまった場合の心のケアと治療法とは?

もしも子どもがうつ病になってしまったら、パニックになってその原因探しをしたり夫婦で責任のなすりつけをして喧嘩になってしまったりするのは絶対にやめましょう。

子どものうつ病がよくなるばかりが、自分のせいで周りの人も不幸にしてしまっていると思いつめ症状がさらに悪くなってしまいます。

心の動揺はもちろんありますがそんな時だからこそ、どんと構えることが大切です。ゆっくりでもいいから一緒に治していこう、という気持ちで子どもと接していきましょう。

そんな大人の行動が子どもにもゆとりと安心感を与えます。また、心も体も疲れてしまっている状況がうつ病なので、病院に通いサポートも受けながら休養させることが必要です。

病院では薬を使った治療やカウンセリングを行ってくれます。家族のサポート方法も教えてくれますので不安な点は質問しましょう。そして調子を取り戻してきたときには、急に以前と同じ生活をさせるのではなく少しづつ挑戦していく方が子どもの負担を軽くします。

子どもの些細な変化に気づいてあげよう

子どもは大人に心配をかけまいと小さな心に悩み事をしまってしまうことがあります。その積み重ねは、心が耐えられなくなってきたときから身体的な症状となって現れてきます。

それでも子どもは小さなSOSを出していたり、よく見るといつもとは違う些細な変化を出しています。早い段階で変化に気が付いてあげることができれば、うつ病を発症しなくて済むケースもあるかもしれません。

また、うつ病になっても症状が軽く済むこともあります。周りの大人が変化に気づいてあげることが大切です。

  関連記事

起立性調節障害の原因は?周囲の理解で病気と不登校も防ごう

起立性調節障害の特徴は個人差が非常に大きく、多岐に渡ります。自分の子どもが起立性 …

中一ギャップが不登校の引き金になるって本当?その原因と対策について

子育てをしていると、子どもが壁にぶつかる時期が巡ってくるものです。「小1の壁」「 …

声変わりの時期や期間は?身長が伸びなくなるって本当?

子供は二次性徴期を迎えると、男の子も女の子も声変わりをします。女の子に比べると男 …

書字障害(ディスグラフィア)っていったい何?その原因や治療法とは?

書字障害(dysgraphia:ディスグラフィア)とは、LDと呼ばれる学習障害の …

処分してしまうはもったいない!用途を終えたランドセルはリメイクできる?その他の活用法とは?

子どもが小学校に入学する際のマストアイテムとして、ランドセルがあります。でもラン …

もしかして骨折!?子どもからのサインと治療、予防法など

子どもはスポーツや遊びでよくケガをしてくるもので、心配なママも多いのではないでし …

ヒトメタニューモウイルスの症状や潜伏期間は?気になる予防法も紹介!

近年流行りだした、ヒトメタニューモウイルスという病気。三月から四月の、春に流行す …

意外と多い!盗み癖のある小学生 窃盗症の可能性も!親子で適切な対処をしよう!

みなさんは窃盗症(クレプトマニア)という病気をご存じでしょうか。警視庁の統計によ …

算数障害(ディスカリキュア)の症状や原因とは?発症の確率は?

子供の学業成績は、最初は誰もが1から学習するにもかかわらず、得意科目と不得意科目 …

発達段階のひとつとして見られるギャングエイジとは?慌てずに対応する方法とは?

子供にはギャングエイジと呼ばれる時期があります。ギャングエイジは大体小学校の2~ …