ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

子供を自転車通学させる前に教えておきたいこととは?

   

住んでいる地域によっては、小学生でも自転車通学をすることがあるでしょう。そして、子供が中学生、高校生になると、自転車通学をする比率は上がっていくはずです。

自転車は便利な乗り物ですが、自分が被害者になるだけでなく、加害者になる事故をおこす可能性もあるものです。そこで今回は、子供を自転車通学させる前に何を教えておくべきかについて、一緒に考えてみたいと思います。

子供に多い自転車での交通事故のシチュエーションについても触れるので、家族で話し合ってみてください。

子供の交通事故が多いシチュエーションとは?

警察庁は、2016年に全国で発生した交通事故死者数が3904人で、うち自転車乗車中だった人が1208人だったと発表しました。交通事故死者数のおよそ3割が、自転車乗車中だったことになります。

自転車乗車中の交通事故の中でも、特に子供があいやすい状況に、「飛び出し」「道路横断中」「自宅から500m以内」「14~16時の下校時間帯」「女の子より男の子」という特徴があるといいます。

中でも、道路を横断するために、自動車の死角から飛び出すことが多いので、家庭でもしっかり指導しておく必要があります

また、外出先では周囲に気を配っていても、自宅が近づくと慣れているので注意力が散漫になる傾向が強いので、小学校低学年のうちは特に、家に着くまで気を抜かないよう、くり返し話した方がよいでしょう。

自転車通学させるときの注意点は?

自転車通学は、通学時間を短縮できるというメリットがあります。ですが、徒歩通学と違って、注意点が増えることを忘れてはいけません。まず、雨の日や雪の日は自転車通学をさせないということです。

徒歩や公共交通機関を使うことで、通学時間が長くなるため、早おきをするのがイヤで、天候が悪くても自転車通学をしようとする子供がいます。ですが、安全に自転車で走行できない天候のときは、自転車通学させてはいけません。

次に、自転車に乗るのに適した格好をさせることです。特に女の子の場合、スカートで自転車通学する際にめくれてしまったり、車輪に巻き込まれることがあります。

男の子でも、ズボンのすそがチェーンに接触することが多いです。裾止めバンドをさせるなど、事故に合わない格好をさせてあげましょう。

子供に教えておくべき交通ルールとは?

そして何より、自転車通学する子供を交通事故から守るためには、交通ルールを順守させることです。

自転車通学の際に子供に徹底させるべきことは、通学路に車の死角になる場所、あるいは道路を横断する場所では、必ず一度止まり、目で安全を確認してから進むことです。これで、飛び出しを防止できます。

次に、交差点を通るときには、左折してくる車に注意することです。自転車通学中に多い事故に、左折車による巻き込み事故が多いからです。横断歩道や信号機だけでなく、自動車の動きにも注意するように教えておきましょう。

最後は、自動車にも死角があることを伝えることです。自動車の大きさによっては、自転車やバイクが見えないこともあります。そのため、事故がおこる可能性があることを、しっかり教えておく必要があります。

通学路はも一緒にチェックしよう!

子供が自転車通学をする場合は、入学前に一緒に通学路のチェックをするのが基本です。その際、徒歩ではなく、保護者も自転車に乗って、下り坂や曲がり角など、危険なポイントをチェックしておくことをおすすめします。

そして、危険だと感じた場所があるときには、その場でどんな事故の可能性があるかを説明し、走行や横断の仕方を手本を見せながら教えてあげてください。その際、お子さん自身になぜその場所が危険なのかを考えさせるのもよいでしょう。

慣れたころが危ないので、くり返し家庭で、自転車通学時に守るべきルールについて、話し合う機会を設けることをおすすめします。

  関連記事

学生の自殺では男の子が多いのはなぜ?その理由と防止方法は?

文部科学省では毎年、「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」を行っ …

ほんとうに必要?子どもへのお小遣いについて

お小遣いは子どもに正しいお金の使い方を学ばせる絶好のチャンスです。子供にお小遣い …

子どもに多発!人から人へ移る「アタマジラミ」!ご家庭での駆除と予防を徹底しよう!

みなさんはアタマジラミという虫をご存知ですか。もしも自分の子どもの頭髪を確認した …

算数障害(ディスカリキュア)の症状や原因とは?発症の確率は?

子供の学業成績は、最初は誰もが1から学習するにもかかわらず、得意科目と不得意科目 …

小学生に勉強の習慣をつける方法は?親が教えるときの注意点は?

2020年より、現行の大学センター試験がなくなり、新たな入試制度に移行することが …

我が子の通学が安全であるために。安全マップの作り方とは?

保育園の送迎は大変なものですが、ママやパパが一緒に移動している分には、お子さんが …

なかなか背が伸びないのは低身長症かも!?その原因や治療法とは?

子供の発育には個性が見られるものです。もともと両親の身長を遺伝子に引き継ぐ子供に …

最初が肝心!間違えやすいカタカナを覚えるコツは?

子どもは好奇心がとても旺盛です。早い子では、2~3歳くらいからクレヨンや色鉛筆に …

地域によって運動会の日程は違う?プログラムには違いがあるの?

保護者も参加する小学校の恒例行事の一つに、「運動会」があります。実はこの運動会、 …

子供の睡眠不足症候群は成長にも関わるので要注意!

睡眠はあまりにも日常的な行為ですが、子供の寝不足は共に暮らす親でも気がつきにくい …