ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

家族旅行できるのは小学生までって本当?その理由とは?

   

子どもが生まれて、移動が苦ではない年齢になると、家族旅行の機会が増えるのではないでしょうか。家族でいろいろなところに出かけ、子どもが喜ぶ姿を見るのは、親としてとてもうれしいものでしょう。

ですが、子どもはいつまでも家族旅行を喜んでくれるわけではありません。せいぜい、小学生までといわれています。そこで今回は、なぜ小学生までしか家族旅行に連れて行けない家庭が多いのか、その理由について、一緒に考えてみたいと思います。

どうして小学生までしか家族旅行に連れて行けないの?

まず、小学生と中学生では、子どもを取り巻く環境がガラリと変わります。小学生の場合は、平日に塾や習い事に通っていたとしても、基本的に週末は家で過ごすことが多いです。

ですが中学校に入学し、部活を始めると、休日に練習や遠征があり、家にいる時間が短くなります。そのため、家族旅行に行きたいと考えても、親子でスケジュール調整するのが難しくなるのです。

また、たまの休日は身体を休めたり、友だちと過ごしたいと考える子どもも多くなります。

そして、小学生までは親子同室でも気にしなかった子どもが、思春期を迎えて、一緒の部屋で寝おきすることに難色を示すようになります

さらに、家族旅行が車でない限り、移動交通費も大人料金になるので、かかる費用もアップします。それが、家族旅行が遠のく理由となる家庭もあるのです。

中学生になると家族旅行しにくくなる理由

中学生を家族旅行に連れて行きにくい理由は、部活動だけではありません。学年が上がれば、高校受験に向けての勉強をしなければならず、部活動の合間に進学塾に通う子どもが増えてきます。

中学3年生ともなれば、受験に向けて模試を受ける機会も増え、大人より休日が少ないことも珍しくありません。

また、「中2病」とも呼ばれるように、子どもが中学生になるころには、第二次反抗期を迎えます。心身が大きく変化するこの時期は、親と一緒に過ごしたり、会話をすることを避けることが多いのです。

さらに中学生以降の子どもは、親より友だちの方が大切です。家族旅行に連れて行っても、出先でLINEやツイッター、メールのやりとりをしている子どもを見て、親がイライラするケースも少なくないようです。

親離れ・子離れをスムーズにするために

親としては、いろいろなところに家族旅行をして、一つでも多く思い出を残してあげたいと考えていることでしょう。ですが、子どもが親と一緒にいることを何よりも求める時期は、子育ての期間でも長い時間ではありません。

そして、自立したいという思いが芽生えて、家族旅行に難色を示すようになるのは、お子さんが順調に成長している証しでもあるのです。

子育てをしていれば、いつか親離れ・子離れをしなければならないときがきます。子どもが家族旅行に行きたくないというのは、親離れをするためのステップかもしれないのです。

親としては寂しいことですが、無理に連れて行ってイヤな思いをするくらいなら、家族旅行をやめるというのも選択肢の一つといえます。

楽しめるうちに家族旅行しておこう!

家族旅行を楽しんでくれるのが、小学生までだと考えると、その期間はあっという間に終わってしまいます。子どもが親と一緒に何でもしたがるうちに、そして旅行料金の負担が少ないうちに、いろいろなところに家族旅行に出かけておきましょう

いつか子どもたちが大人になり、親孝行を考えるようになれば、また家族旅行をする機会が訪れるはずです。そのときに、思い出話がたくさんできるように、子どもが小さいうちに、たくさん家族旅行の思い出を残しておきましょう。

  関連記事

学校行事で遠出するときには何を持って行けばいいの?あると便利な持ち物は?

子どもが小学校に通うようになると、遠足や林間学校、修学旅行など、遠出する機会が増 …

何歳まで一緒に入る?パパと入る娘のお風呂タイム

子育てに協力的なイクメンのパパが増えていますし、お風呂はパパがいる日はお願いする …

忘れ物が多い子供の特徴とは?親がとるべき正しい対応が知りたい!

忘れ物が多い原因は何?「なんでこんなにウチの子は忘れ物が多いの!」と、疑問に思っ …

小学生にも増えている!保健室登校の実態とサポート方法について

近年、登校はするもののクラスで学習することができず、保健室登校する子どもが増えて …

小学生に勉強の習慣をつける方法は?親が教えるときの注意点は?

2020年より、現行の大学センター試験がなくなり、新たな入試制度に移行することが …

部活がキャリアに結び付く!?中学生の部活の選び方とは?

子どもが中学校に入学すると、子ども自身も、部活をどうするか考え始めることでしょう …

我が子の通学が安全であるために。安全マップの作り方とは?

保育園の送迎は大変なものですが、ママやパパが一緒に移動している分には、お子さんが …

処分してしまうはもったいない!用途を終えたランドセルはリメイクできる?その他の活用法とは?

子どもが小学校に入学する際のマストアイテムとして、ランドセルがあります。でもラン …

新小学1年生!はじめて子供だけで過ごす放課後は何してる?友達付き合いの事情とは?

春の暖かい季節を感じる頃になると意識するのが、入学式です。新しく小学校へ入学する …

子供の歯ぎしりの原因はストレスや遺伝だけではない?治療法を教えて!

子供の睡眠中の歯ぎしりは14~22%の子供にみられます。成長過程でおこるものがほ …