ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

算数障害(ディスカリキュア)の症状や原因とは?発症の確率は?

   

子供の学業成績は、最初は誰もが1から学習するにもかかわらず、得意科目と不得意科目ができてしまいます。もしくは全ての教科がバランスよく平均的という場合や、一教科だけが群を抜いて成績優秀ということもあります。

いずれにしても、得意不得意は見られるものです。どこでつまずくかは人それぞれですが、簡単な計算ができないのでは、少し心配になるものです。

そこで、算数障害という学習障害の見分け方をご紹介します。学習障害と判明したら、子供を叱りつけずに対応したいものです。

算数障害(ディスカリキュア)とは?発達障害との違いは?

算数障害は子供の学習障害のうちの一つとして知られています。算数障害は、知的能力は決して低くないにもかかわらず、発達段階で子供の算数困難が見られることです。

主に以下の項目が算数障害の気づきの項目です。

  • 数字を見て正しく読み、書きすることができない。
  • 計算ができない
  • 自分が何番目に並んでいるか言うことができない。
  • 四捨五入ができない
  • 九九ができない
  • 文章を具体的な絵や図に表現することができない。

など、簡単な数を数えることから計算に至るまでに困難になります。

算数障害は知的能力が高くてもおこりうることから、発達障害とは言わず学習障害と分類されています。このような算数においての困難には、認知能力のアンバランスが原因と考えられているのです。

例えば、数を覚えるようになるには、聴覚認知能力が必要になってきますが、この能力が低い結果と考えられれています。

算数障害の症状は?親が判断できる?

算数障害は高度な計算に限らず、簡単な数字の読み書きから困難になることがあります。

子供は学童期にはいると、背の高い順番やアイウエオ順に整列することが多くなりますが、自分が何番目に整列をしているのかこと得られないこともあります。

また、子供は数の概念を形成していくものですが、小さい数から順番に123456と数えることができない、目の前の2匹の猫を見て数を答えることができないなどの症状があります。

年齢が上がるほど、「簡単な足し算、引き算、掛け算、割り算ができない、九九の範囲に時間がかかる、くり上がり、繰り下がりがりかいできない、数式が立てられない」などの症状が見られるようになります。

子供の年齢に求められる学習能力を下回っている場合には、親御さんでも子供の算数困難に気がついてあげることもできるようです。

算数障害の原因や発症の確率は?何歳から発症するの?

原因があれば特定して早急に適切な治療を受け子供にさせたいと親心には思うものです。

小児の算数障害は、脳の認知能力のアンバランスによる算数領域の障害が原因でおこる学習障害ですが、算数の全てが困難であるとは考えられていません。

脳機能の右側、前頭葉領域に障害が見られることが原因という説もありますが、遺伝子が関係しているという説もあります。

主に、小児の算数障害は、学童期にはいるとわかります。小児の約1パーセントにこの算数障害が見つかるとされていますが、性別は女児に多く見うけられるようです。

ほとんどの学習障害の子供は、小学校へ入学すれば6歳、8歳、10歳を契機にして算数障害が固定されます。早くても6歳ごろから遅くても10歳ごろまでには障害が見つかると考えられています。

治療には数学の概念を教えてあげたりと学習面からサポートされるようです。

算数障害かも…と思ったら何科へ行くべき?治療法は?

小学校へはいると判明する算数障害ですが、それまでの時期に算数障害とはっきりわかる親御さんは少ないのではないでしょうか。もしも、早期に疑われる場合には、精神科や心療内科を受診して見えうことをお勧めします。

算数障害の治療は、学習障害に分類されており、数学的概念を教えることとが中心です。しかし、そうは言っても他の障害を併用している可能性もあります。言語分野の学習障害以外にも、ADHDなどの発達障害が原因であることもあるのです。

小学校のお受験を目指している場合には、小学校入学前にすでに塾や家庭学習などで勉強に励み、学業成績を上げるお子さんも多いものですが、6歳以降で早々に家庭での子供の算数に困難が見られたなら、一度子供を精神科や心療内科で検査を受けさせてみることが望ましいといえます。

発達障害を伴っている場合には、専門医を紹介してもらいましょう。

病気を理解し、怒らないようにしましょう

学習障害は、発達障害とは異なると分類されているゆえに、求められる能力よりも低い場合には、こんなこともできないのかと叱りつけてしまいがちです。

しかし、そんな時は一呼吸おいて、子供に根気よく数の概念を教えたり、算数を教育してあげる必要があります。できれば得意不得意と考えてあげると、学習障害の親御さんの心労、ストレスも少ないでしょう。

数学が苦手な親御さんには教育機関のバックアップがあれば、なお心強いですね。

  関連記事

子どもの歯並びが悪くなってしまうのは原因がある?矯正治療は必要?

あなたは日頃からお子さんの歯並びに注意していますか?歯は成長と共に放置しておいて …

上手な付き合いを!子どもがネットを安全に使う秘訣とは?

小学校の授業でもパソコンやネットが取り入れられ、自宅学習でもタブレットやパソコン …

起立性調節障害の原因は?周囲の理解で病気と不登校も防ごう

起立性調節障害の特徴は個人差が非常に大きく、多岐に渡ります。自分の子どもが起立性 …

自然の中にホームステイ!山村留学ってなに?

子育てにおいて、大人が子供たちに野外活動から学ばせるべきことは多いものです。最近 …

子どもが難聴?ストレスが原因と言われる小児心因性難聴のこと

私たちは当たり前のように周囲の声や音を聞いていますが、子供がとつぜん疾患がないの …

家族旅行できるのは小学生までって本当?その理由とは?

子どもが生まれて、移動が苦ではない年齢になると、家族旅行の機会が増えるのではない …

水いぼ(伝染性軟属腫)になったらプール禁止?気になる感染経路とは

集団生活を始めると、感染する子どもが増える水いぼ。はじめは一つしかないイボで目立 …

中一ギャップが不登校の引き金になるって本当?その原因と対策について

子育てをしていると、子どもが壁にぶつかる時期が巡ってくるものです。「小1の壁」「 …

第二次反抗期前にくる、中間反抗期とは?その対処法は?

反抗期は二つしかないと思い込んでいるパパやママも多いのではないでしょうか。魔のイ …

どうして子どもは嫌うのか?歯医者に難なく行かせるコツとは!?

初めて子供に歯が生えてきた時のことを思い出してみてください。 おっぱいやミルクを …