ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

うちの子は大丈夫?色覚異常ってどんな病気?

   

色が分からない、人と色が違って見えるなどの症状があげられる色覚異常とは、一体どんな病気なのでしょうか。普段生活する上では問題ないのでしょうか。今では検査する機会も減り、大人になるまで気づかない方もいます。

もし色の識別ができる年齢になっても、子供が本当の色と違う色を言ったり、色の見分けができなかったりする時は検査を受けてみましょう。現代社会でもあまり浸透していない「色覚異常」についてご紹介していきたいと思います

意外と多い?色覚異常ってなに?

色覚異常とは以前「色盲」や「色弱」と呼ばれていました。しかしモノクロの中で生活しているイメージが持たれ差別的な言葉とされたので、今は色覚異常と呼ばれるようになりました。

色は赤、緑、青の3つの光の組み合わせで作られています。色覚異常は、色を感じる「赤錐体」「緑錐体」「青錐体」のどれか、もしくは全てが欠けていたり、十分に機能していない状態のことです。

先天性後天性のものがあり、後天性は緑内障や白内障などの病気の1つの症状として現れるので、色覚だけではなく視覚や視野にも問題が出てきます。

男性に多く20人に1人、女性は500人に1人の割合で発生し、国内では300万人の色覚異常の方がいると言われています。意外にも多いという事が分かります。

どんな症状が出るの?

色覚異常は色の識別ができない事が主な症状です。色の組み合わせとして、次にあげられる色が識別しにくいと言われています。

  • 赤と青
  • オレンジと黄緑
  • 青と緑
  • ピンクと白
  • 茶と緑
  • 緑と黒

この色の組み合わせが識別できないことによって普段の生活での支障の例は次の通りです。

  • 夜間の点滅信号の色が判断できない
  • 「止まれ」などの赤い交通標識が見えにくい
  • 紅葉を見ても緑の中の葉っぱが目立たない
  • 地下鉄やバスの色分けされた路線図が分からない
  • 電気機器の充電ランプが緑から赤に変化しても気付かない
  • カレンダーの祝日が見分けられない
  • 黒板に書かれている赤いチョークの文字が分からない

以上のような日常生活での不便があります。このような症状は人により程度が違い、照明が暗い時や疲れて判断力が低下している時、短時間で判断しなければいけない時などは顕著に現れることがあります。

検査方法や家庭でチェックする方法ってないの?

色覚検査は、以前は小学4年生ですることを義務づけられていましたが、平成15年度から廃止されました。

そして平成28年度からは、検査を希望する児童限定で検査をするようになりました。検査の内容は次の通りです。

色覚検査表

色のついたモザイクの中から数字や記号を読み取る方法です。学校で行われる検査はこの色覚検査表を用います。10個の課題のうち、間違いが4個以下なら色覚異常なしとされています。5個から7個は色覚異常疑い、8個以上なら次の検査になります。

パネルD-15

15色のパネルを、基準となる色から順番に近い色を並べていく検査です。この検査は色覚異常の程度を調べることができます。この検査の結果は「パス」と「フェイル」に分かれます。「パス」とは中等度以下の色覚異常、「フェイル」は強度の色覚異常となります。

アノマロスコープ

色光の色合わせによって判定し、色覚異常を正確に診断するための検査となります。小学校低学年での場合はこの検査で判断を急がずに、成長を待ってから再検査した上で判断しても良いとされています。

治療で治すことはできるの?

色覚異常には先天性のものと後天性のものがあり、後天性は白内障や緑内障、網膜などの病気に伴っておこるので、この病気自体を治療することで改善することがあります

しかし先天性のものは遺伝子の異常によるものであり、今現在は治療法が見つかっていません。だからと言って悪化する事はありませんので、色覚異常と付き合っていくことが大切になります。

親の子供に対する向き合い方

子供が色覚異常の場合、親は普段の生活で色に対して「それは違う」「これはどんな色に見える?」などと追求しないようにしましょう。子供は色の識別ができないので、社会的な規範を教えてあげると良いです。

色眼鏡を着用してみよう

勉強する時に、赤いペンで書いた答えを赤いシートで隠して見えなくして解いたりしますよね。あれと同じ原理で色のついた眼鏡を通して見ることで色覚検査表の文字を読むことができるようになったりします。しかし、外したときに今まで区別できていた色が区別できなくなることがあります。

特徴の一つとして受け止める

先天性の色覚異常はまだ治療法が確立されていません。しかし悪化する事は無いので普段の生活で注意したり、周りの理解があれば普通の人と何ら変わりない生活を送ることができます。

色覚異常は五感の感覚の捉え方とよく似ており、甘いや辛い、寒いや暑いなど人それぞれの感覚が違うのと同じように、色の感覚が少しだけ人と違う一つの特徴として考えましょう

それでも色覚異常を持った本人にしか分からない辛さもあります。色覚異常の知識を身につけることは少しでも理解してあげることにつながります。

  関連記事

学校行事で遠出するときには何を持って行けばいいの?あると便利な持ち物は?

子どもが小学校に通うようになると、遠足や林間学校、修学旅行など、遠出する機会が増 …

処分してしまうはもったいない!用途を終えたランドセルはリメイクできる?その他の活用法とは?

子どもが小学校に入学する際のマストアイテムとして、ランドセルがあります。でもラン …

中一ギャップが不登校の引き金になるって本当?その原因と対策について

子育てをしていると、子どもが壁にぶつかる時期が巡ってくるものです。「小1の壁」「 …

水いぼ(伝染性軟属腫)って赤ちゃんにも出来るの?放置しても治る?

子供がプールや保育園などで感染する「水いぼ」。初めは「肌荒れかな?」くらいで見過 …

忘れ物が多い子供の特徴とは?親がとるべき正しい対応が知りたい!

忘れ物が多い原因は何?「なんでこんなにウチの子は忘れ物が多いの!」と、疑問に思っ …

果物アレルギーと花粉症の関係とは?発症食べ物って?

果物を食べて、口の中がピリピリするなどの違和感がある場合は、果物によるアレルギー …

子供を自転車通学させる前に教えておきたいこととは?

住んでいる地域によっては、小学生でも自転車通学をすることがあるでしょう。そして、 …

スポーツ貧血って何?意外と怖いその症状などまとめ

本来運動というのは、ストレス解消や健康のため、そして体形をキープするダイエット目 …

家族旅行できるのは小学生までって本当?その理由とは?

子どもが生まれて、移動が苦ではない年齢になると、家族旅行の機会が増えるのではない …

子供の歯ぎしりの原因はストレスや遺伝だけではない?治療法を教えて!

子供の睡眠中の歯ぎしりは14~22%の子供にみられます。成長過程でおこるものがほ …