ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

子供の習い事として合気道はおすすめ?そのメリットとデメリットは?

   

リクルートのケイコとマナブnetがママ900人を対象に調査した、「習っている・習わせたい お稽古ランキング2016」によると、すでに習っているものの第1位は水泳、第2位は英語・英会話、第3位はピアノでした。

そして、習わせたいランキングの第1位は英語・英会話、第2位は水泳、第3位は書道でした。そんな中、子供の習い事として注目を集めているものに、「合気道」があります。

そこで今回は、合気道とは何か、子供でも習えるのか、そのメリットとデメリットについて、お話しします。

合気道って何?子供でも習えるの?

そもそも合気道とは、古流柔術の流れをくむ、日本武道における格闘技の一種です。相手の打つ、突く、蹴る、あるいは武器による攻撃を、徒手で制します。合気道は、関節の弱点を利用して押さえたり、投げる技が多いのが特徴です。

合気道は護身用の武術なので、子供が習って問題がないのか、気にする保護者の方が多いようです。ですが、合気道はほかの武道と比べると力をあまり必要としないため、子供でも問題なく習うことができます

また、身体がやわらかい子供のうちに合気道の技を身に着けると、上達も早いといわれています。普段の体育の授業では使わない筋肉を使うので、身体の成長を促す意味でも、子供のうちから始めることをおすすめします。

合気道を習わせるメリットは?

では、子供のときから合気道を習うメリットには、どんなものがあるのでしょうか。

まず、個人の運動能力に合わせて指導を受けられることです。運動神経や体力には個人差がありますし、常に身体を動かしていたい子供も、体力がないのでゆっくり技を身につけたい子供がいますので、ペースに合わせて習得できるのは魅力です

次に、ケガをしにくいことがあげられます。合気道は、ひとを生かすことを目的として技をかけます。つまり、相手がケガをしないように投げる、押さえる技が多いのです。そのため、練習中のケガも少ないです。

そして、年齢を重ねても続けやすいことです。合気道は、体力のある若者の方が強いという武道ではありません。

最後は、利害のない人間関係がつくれることです。競い合う武道ではないので、稽古もゆったりした雰囲気で進みますし、学校とは異なる人間関係を築く場にもなります

合気道を習わせるデメリットは?

では、子供に合気道を習わせるデメリットについても、考えてみましょう。

まず、合気道の道場に、当たり外れが激しいことです。合気道はとても難しい武道でもあるので、指導者の力量の個人差が激しいです。

熟練した指導者にあたれば問題ありませんが、下手な指導者にあたると、お金や時間の無駄遣いになるケースもあります。

次に、技の習得が難しいことです。合気道の型を一通り覚えるだけで、4~5年かかるといわれています。これは、合気道で技を受けているときに、身体に力を入れてはいけないことを体得するまでに、長い時間を有するからです。

そのため、何十年も合気道を続けていても、技術の向上を実感できないひとも多く、挫折していくケースも少なくないようです。

費用も含めて、続けられるかどうかを検討しよう!

合気道を習わせる場合、月謝は4,000~5,000円が相場となっていますが、道場によって異なります。また、道場に入るにあたって、入会金を8,000~10,000円支払わなければならないこともあります。

そして、合気道を習うときには道衣を購入しなければなりません。これは6,000~8,000円くらいですが、お子さんの成長に合わせて買い替える必要があります。

こうしたランニングコストや、通う日数なども考慮して、お子さんに合気道を習わせるかどうかを検討してみてくださいね。

  関連記事

子供の歯ぎしりの原因はストレスや遺伝だけではない?治療法を教えて!

子供の睡眠中の歯ぎしりは14~22%の子供にみられます。成長過程でおこるものがほ …

うちの子が汗っかき…幼児性多汗症ってなに?

子供は大人よりも体温が高く、汗腺の数も多いので、汗をかく量が必然的に多くなります …

子供を自転車通学させる前に教えておきたいこととは?

住んでいる地域によっては、小学生でも自転車通学をすることがあるでしょう。そして、 …

子どもにも親にもある!?小4の壁の乗り越え方について

子育てをしていると、わが子が何度が壁にぶつかるのを見守る時期がきます。まず、幼稚 …

新たな団らんの場、子ども食堂ってどんなところ?

私が「子ども食堂」という言葉を聞いたのは、夕方のテレビのニュースでした。家事をし …

意外と多い!盗み癖のある小学生 窃盗症の可能性も!親子で適切な対処をしよう!

みなさんは窃盗症(クレプトマニア)という病気をご存じでしょうか。警視庁の統計によ …

処分してしまうはもったいない!用途を終えたランドセルはリメイクできる?その他の活用法とは?

子どもが小学校に入学する際のマストアイテムとして、ランドセルがあります。でもラン …

算数障害(ディスカリキュア)の症状や原因とは?発症の確率は?

子供の学業成績は、最初は誰もが1から学習するにもかかわらず、得意科目と不得意科目 …

水いぼ(伝染性軟属腫)って赤ちゃんにも出来るの?放置しても治る?

子供がプールや保育園などで感染する「水いぼ」。初めは「肌荒れかな?」くらいで見過 …

何歳まで一緒に入る?パパと入る娘のお風呂タイム

子育てに協力的なイクメンのパパが増えていますし、お風呂はパパがいる日はお願いする …