ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠中にママの寝返りが赤ちゃんに影響するって本当?

   

みなさんは妊娠時の寝返りが赤ちゃんのに影響を及ぼすという話をご存知でしょうか。

人間は眠っている間に寝返りをうちます。これは妊娠しても同じで、特に妊娠後期に入ったママは大きくなったお腹で内臓を圧迫されて寝苦しさを感じることが増えるので、寝返りをうつのを避けることはできません

ですが頻繁に寝返りをうつことで、「お腹の赤ちゃんにへその緒が巻き付いてしまうかもしれない」「逆子になりやすくなるかも!?」と、不安に思う妊婦さんも少なくないはずです。

妊娠中のママが寝返りをうつのを止めることはできなくても、気を付けるべきことはあります。そこで今回は、妊娠中のママの寝返りについて、お話しします。

そもそも、どうして寝返りをするの?

そもそも寝返りとは、なぜおきているのでしょうか。人は一晩のうちに10~20回もの寝返りをうちます。妊娠してお腹が大きくなってくるとその回数は増加し、倍以上になることも少なくありません。人が無意識のうちに行う寝返りは、身体と睡眠の質のために重要な働きをしています。

そして寝返りの1番大きな役割は「血流を良くする」ことです。人は長時間同じ姿勢でいると一部分だけに負担がかかり、血流が悪くなってしまいます。

これは睡眠時も共通しており、寝返りをしないと血行の滞りによって不調や不快感がおき、睡眠の質が低下してしまいます。特に妊娠中は大きなお腹が負担をかけてしまうので、寝返りの回数を増加させて体の不調を予防しましょう。

また寝返りをすることは「体温調節」の役割も担っています。睡眠中に布団と接している部分は体温が上がりやすく、汗ばみますよね。寝返りで布団と体の間の風通しがよくなると、密着した部分の熱や汗を発散することができます。

普段よりも汗ばみやすい妊娠中にたくさん寝返りをすることは、快適な睡眠を促すための大切な動きです。その他にも寝返りすることで、体の歪みが改善されるとも考えられています。このように睡眠中は、快適な睡眠と体の調整のために寝返りをしているのです。

妊娠中のママの寝返りとお腹の赤ちゃん

では次に、ママの寝返りとおなかの赤ちゃんとの関係についてご紹介していきましょう。

お腹にいる赤ちゃんは、ママの子宮にたっぷりある羊水の中にいます。子宮の中を自由に動き回れる大きさの赤ちゃんは、ママが寝返りを打ったからといって首にへその緒が巻き付くことはほとんどありません。それは羊水に弾力性があるからです。

子宮に満たされる羊水とは?その役割とトラブルのこと | ハグー!
妊娠中、子宮の中が「羊水」で満たされ、その中で赤ちゃんが成長していることは、誰もが知っていることでしょう。ですが、具体的…

ですが妊娠後期になるとお腹の赤ちゃんの成長に伴って羊水の量も増え、大きくなった子宮が内臓を圧迫するようになります。それが苦しくてママが寝返りをうつ時に、胎盤が衝撃を受けることはあります。

とはいえ寝返りしないで眠るのは難しいので、できるだけ胎盤にダメージを与えないように寝返りをうつ方法を心がけたいところです。また妊娠中にママが眠る姿勢によっては、赤ちゃんに影響が出るとされているので注意が必要です。

妊娠後期になると寝返りが痛いと感じることも?

臨月が近づくなると、お腹も大きくなり寝返りが困難に感じることも多いそうでしょう。臨月付近のお腹は前方に突き出しており、思い通りに体をひねることができません。

また妊娠後期は短時間のうつ伏せでも苦しく感じ、通常より寝返りのバリエーションも減ってしまいます。妊娠後期は睡眠中に安定する姿勢を見つけづらく、寝返りの際に大きな労力を使うため、辛く感じることも多いようです。

妊娠後期の寝返りを楽にするための方法としては、順序よく体を動かしていくことが大切です。まずは腕と脚のみを寝返りしたい方へ向けておきます。同時に顔もその方向に向けましょう。すると自然に体幹も回転しやすくなり、大きな力を使わず体の向きを変えられます。

無理して全身でいきなり寝返りせず、徐々に寝返りの準備を整えていくように意識してみて下さいね。

寝返りでお腹が張るケースも!

しかし寝返りによって、お腹の張りを感じてしまう人も多いそうです。多くの場合、寝返り自体がお腹の張りに直結するよりも仰向けの姿勢がお腹の張りを引きおこすこと多いでしょう。

妊婦さんが仰向けになると子宮が背中側に沈み込み、子宮周辺の筋肉や皮膚が引っ張られます。これが寝ている時の張りを自覚させる大きな要因であると考えられています。

また日常生活では気付きにくい些細なお腹の張りが、安静時に自覚症状を感じて「寝返りでお腹が張った」と感じることもあるでしょう。

一時的な張りであれば問題ありませんが、安静にしていても続く張りの場合にはかかりつけの産婦人科に相談してくださいね。

ママが寝る向きによって赤ちゃんが危険になることも!

妊娠後期になると、ママは仰向けではなく横向きに寝ることが多くなるものです。この時に右を下にするか左を下にするかで、死産や胎児仮死の発症率が変わります。

胎児仮死とも呼ばれる「胎児ジストレス」の原因や予防法を教えて! | ハグー!
胎児仮死とは、お産の途中で赤ちゃんに十分に酸素が届かなくなり、血液が酸性になる酸血症の状態になることをいいます。そして日…

この差は血流に関係しており、妊娠中のママが身体の右側を下にして横向きで寝た場合、大きくなった子宮が下大静脈を圧迫します。すると心臓への静脈還流量が減少してしまうので心拍出量も減り、低血圧になってしまいます。

ママが低血圧になると赤ちゃんや胎盤に流れる子宮血流量も減ってしまうのです。これが胎児仮死といわれる、胎児機能不全胎盤機能不全の原因となって死産につながってしまうのです。

妊婦健診で見つかることの多い胎児機能不全の原因と対処法について | ハグー!
妊娠・出産は家族にとって喜ばしい出来事ですが、リスクを抱えていることを忘れてはいけません。それまで順調に経過していても、…

夜中に寝返りをうって目覚めた時に、自分が右側を下にしていたら左向きに寝なおすようにしましょう。

寝返りは妊婦さんにとっても大切!

死産のリスクもあるとご紹介しましたが、前述でもご紹介したように妊婦さんにとって寝返りをすることはとても大切です。

妊娠すると通常よりも体重が増加し、腰に負担をかけることもあります。これは睡眠中においても関係しており、大きなお腹によって太い血管が長時間圧迫され血流が滞ってしまう、寝る姿勢によっては腰痛を招く可能性があるのです。

そして適度に寝返りをすれば、腰やその周囲にある筋肉への負担を軽減することも可能です。また妊娠中はお腹が大きいので安定した姿勢を取れず寝返りの回数が増えますが、長時間の同一姿勢を避けるためにも大切だといえるでしょう。

赤ちゃんのリスクを減らす眠り方とは?

10シムスの体位

妊娠中のママが寝狩りによって赤ちゃんのリスクを減らすためにもおすすめなのが、シムスの体位です。

シムスの体位とは19世紀にイギリスの産婦人科医である、J・マリオン・シムズ先生が提唱したもので、身体の左側を下にして横向きになるという寝方です。シムスの体位で眠ると、子宮の後ろにある下大静脈が圧迫されず、体の不調を感じにくくなると言われています。

妊娠中のママはお腹に負担をかけないためにも、少しだけうつぶせになるように意識してください。そして左手と左足を後ろに少し曲げ、反対に右手と右足は前に曲げるようにします。

クッションや抱き枕を足の間に挟むと、シムス体位になりやすいです。抱き枕やクッションは、体全体で挟めるような細長いタイプだとシムスの体位を取りやすくなります。人によってはシムスの体位を取ると、下側の肩や腕に体重がかかり痛くなることがあります。

これを防ぐためには敷布団を柔らかめのものにする、低反発マットを入れる、等の対策がお勧めです。シムスの体位も長時間続けると体に負担となるので、他の姿勢への寝返りも適度に行いましょう。

眠る時の姿勢も変えて、寝返りで赤ちゃんに負担をかけない!

妊娠中のママが寝返りをうつことが、すべてお腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼすわけではありません。ですが胎盤に衝撃を与えるなど、お腹の赤ちゃんを危険にさらすような寝方は避けたいところです。

そのためにも妊娠後期に入ったらシムスの体位で眠るようにするなど、寝返りの回数を減らし、お腹の赤ちゃんに負担をかけない眠り方を心がけてみましょう。

元気な赤ちゃんと対面するためにも、妊娠後期は眠り方にも配慮して、赤ちゃんの成長を促してあげましょう!

  関連記事

臨月に出血や破水がおこることがある?そのときの対処法は?

妊娠10カ月目に入ると、「臨月」といわれるようになります。このころから、2週間に …

睡眠不足や突然の破水に注意して過ごしたい妊娠39週目

妊娠39週の特徴とは?体重管理は産まれるまで必要です! 妊娠39週目になると子宮 …

育児休業の条件や期間とは?育児休業給付金の受け取り方も教えます

女性だけでなく男性も利用可能な育児休業!育児休業給付金についてもご紹介します 育 …

妊娠中に足がつることが多い!原因と対処法は?

足がつることを「こむら返り」といいますが、ふくらはぎなどの筋肉が急激に収縮するこ …

妊婦健診で見つかることの多い胎児機能不全の原因と対処法について

妊娠・出産は家族にとって喜ばしい出来事ですが、リスクを抱えていることを忘れてはい …

胎動が激しいのは赤ちゃんからのSOS!?その理由と対処法とは?

胎動が激しさを増す日は本当に突然やってきます。ポコポコする可愛らしい胎動も束の間 …

もしかして病気かも!?妊娠後期のめまいは血圧に注意して!

臨月も間近になってくると、待ちに待った赤ちゃんとの出会いに期待でいっぱい!…です …

妊娠後期は食事制限も!食事のまちがいって?

過剰な食事制限は赤ちゃんに悪影響 妊娠初期はつわりがひどかったという人も、安定期 …

妊娠してでべそになってしまった!その原因と対処法を教えて!

妊娠後期になり、ますますお腹が大きくなると、おへそがだんだん平らになっていきます …

妊娠36週は少しずつ体調が回復!気晴らしに出かけるのも○

ママも赤ちゃんも出産の準備を終え安定しやすい時期! 妊娠36週は臨月となります。 …

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss