ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠中に検査を受けるB群溶血性連鎖球菌(GBS感染症)とは?胎児への影響は?

   

妊婦健診では、性感染症を含めて、さまざまな検査が行われます。これは、ママが細菌やウイルスに感染し、治療をしないまま経膣分娩を行うことで、産道感染をするリスクがあるからです。

そして、B群溶血性連鎖球菌(GBS感染症)も産道感染する病気の一つです。

そこで今回は、B群溶血性連鎖球菌(GBS感染症)とは何か、どんな症状があるのか、ママが感染しているとお腹の赤ちゃんにどんな影響があるのか、検査方法、治療方法について、お話しします。

B群溶血性連鎖球菌(GBS感染症)って何?検査方法は?

B群溶血性連鎖球菌(GBS)は細菌の一種で、誰もがもっている常在菌の一つです。女性の膣や直腸、膀胱、肛門周辺に常在していますが、弱毒性の細菌なので、健康なときには発症することはほとんどありません。

そのため、妊婦健診でB群溶血性連鎖球菌(GBS感染症)の陽性反応が出ても、何の問題もないのです。妊婦さんの20~30%に、B群溶血性連鎖球菌(GBS感染症)の陽性反応が出るといわれています。その場合、出産に備えて感染予防を行います。

B群溶血性連鎖球菌(GBS感染症)の検査は、膣口や肛門周辺を検査用の綿棒でこすり、その検体を培養することで調べます。産道感染を避けるため、妊娠33~37週に、B群溶血性連鎖球菌(GBS感染症)の検査を行うのが一般的です

B群溶血性連鎖球菌(GBS感染症)にかかるとお腹の赤ちゃんに影響する?

B群溶血性連鎖球菌(GBS感染症)は、通常であれば感染しても気に留める必要はありません。ですが、妊娠中あるいは出産時に新生児に感染すると、赤ちゃんに悪影響が及ぶことがあります。それは、「新生児GBS感染症」を発症することです。

新生児GBS感染症とは、産道感染でB群溶血性連鎖球菌(GBS)が赤ちゃんの体内に侵入し、肺炎や敗血症、髄膜炎などを発症する病気のことです。髄膜炎を発症したことが原因で、後遺症が残ることもあります。

新生児GBS感染症を発症する確率は、感染した新生児の約1%とされていますが、発症すると短時間で重症化したり、最悪のケースでは死亡してしまうこともあるのです。

そのため、ママがB群溶血性連鎖球菌(GBS感染症)に感染していないかどうかを調べ、陽性反応が出た場合は、感染予防の処置を行います。

B群溶血性連鎖球菌(GBS感染症)の治療方法は?感染予防とは?

もし、妊娠中のママがB群溶血性連鎖球菌(GBS感染症)に感染していることがわかったら、すぐに治療を始めることになります。その方法は、ペニシリン系の抗生物質を服用する、分娩時に抗生物質を点滴するなどです。

また、陣痛が始まる前に破水してしまった場合にも、感染予防のために抗生物質が投与されることがあります。

そして、B群溶血性連鎖球菌(GBS感染症)に感染しているママが、経膣分娩をする場合には、必ず感染予防の措置がとられます。

これは、破水で卵膜が破れることで、B群溶血性連鎖球菌(GBS)に出産直前の赤ちゃんが感染してしまう可能性があるからです。

ママがB群溶血性連鎖球菌(GBS感染症)に感染していても、感染予防をきちんと行っていれば、お腹の赤ちゃんに産道感染することはないので大丈夫です

新生児に感染することもあるので注意が必要!

新生児GBS感染症は、生後7日未満に発症する早発型と、生後7日以降に発症する遅発型に大別されます。

早発型の場合は、母子が入院中に発症することが多いので、早期発見・早期治療を行うことができます。ですが、退院後に遅発型を発症した場合は、呼吸困難の症状を見分けられず、治療が遅れることがあります。

抗生物質を投与すれば、新生児GBS感染症は治りますが、新生児は呼吸が突然止まったり、髄膜炎による痙攣がおこることもあります。そうした新生児への感染リスクがあることも、覚えておきましょう。

  関連記事

妊娠38週目は精神的に不安定になることも

前駆陣痛と本陣痛を間違えないように注意が必要な時期! この時期は妊娠37週に引き …

プレママ必見!HELLP(ヘルプ)症候群とは?ママと命を守る鍵は早期発見

妊娠中の女性はぜひご一読を!HELLP(ヘルプ)症候群の症状や原因を知ろう HE …

【保存版】妊娠や授乳で大きくなった乳輪は元に戻るの?その方法を教えて!

女性は妊娠すると、体内のホルモン分泌のバランスが大きく変化します。その変化は身体 …

体重増加に注意!妊娠中毒症の危険も

妊娠後期は掃除で体重コントロール 妊娠後期は、つわりも終わってそれまでよりも食事 …

妊娠後期はこのマタニティヨガのポーズで乗り切ろう!

妊娠後期で動きづらくなったらマタニティヨガで気持ちよく体を動かそう どんどんお腹 …

後期つわりっていったい何!?その症状や正しい乗り越え方とは?

妊娠が発覚すると嬉しい気持ちでいっぱいになります。ですが妊娠初期を迎えると共につ …

妊婦さんやママが災害にあっても困らないために

2016年にも熊本で、大地震がありました。妊婦さんや赤ちゃん連れのママが、避難生 …

安産を迎えるための妊娠後期の過ごし方とは?

妊娠後期は、赤ちゃんの身体の機能が完成に近づき、身体もどんどん大きくなっていきま …

妊娠後期は食事制限も!食事のまちがいって?

過剰な食事制限は赤ちゃんに悪影響 妊娠初期はつわりがひどかったという人も、安定期 …

妊娠中にぎっくり腰になるママが多い!その原因と対処法は?

腰痛は、妊娠中のママが悩まされる症状の一つです。ぎっくり腰になると、歩いても痛い …