ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠中にリステリア菌に感染すると大変?お腹の赤ちゃんへの影響は?

   

妊娠中に感染すると、お腹の赤ちゃんに悪影響が及ぶ細菌やウイルスがいくつかあります。リステリア菌も、そうしたリスクのある細菌の一つです。

リステリア菌はいろいろな食品から見つかることが多く、最近ではスターバックスのサンドイッチから見つかったことでニュースになりました。

そこで今回は、リステリア菌とは何か、その感染経路、感染するとお腹の赤ちゃんにどんな影響があるのか、症状と治療方法について、お話ししたいと思います。

リステリア菌って何?感染経路は?

800px-Listeria_monocytogenes_PHIL_2287_lores1

出典:wikipedia

 
リステリア菌とは、正式名称を「リステリア・モノサイトゲネス」という、バクテリアの一種で、食中毒をおこす細菌のことをいいます。川の水や動物の腸管内など、自然界に広く存在している細菌で、食品を介して感染します。

そして、私たちが食べているさまざまな食品の中から、リステリア菌は発見されています。具体的には、野菜や食品、乳製品、魚介類などです。

また、リステリア菌は食品の製造ラインに定着することも多く、冷蔵庫で保管してもそのまま生き続け、0~4度の低温であっても、増殖が可能です。

過去にリステリア菌が検出された食品には、袋詰めのサラダやソフトチーズ、アイスクリーム、キャラメルアップル、もやし、豆腐、メロンなどがあげられます。

リステリア菌に感染するとお腹の赤ちゃんにどんな影響があるの?

では、妊娠中のママがリステリア菌に感染すると、お腹の赤ちゃんにどんな影響があるのでしょうか。

まず、妊娠中のママがリステリア菌に感染し、発症後に治療を行わないと、約4分の1が流産や死産、新生児死亡するという報告があります

妊娠中のママがリステリア菌に感染し、食中毒を発症すると、お腹の赤ちゃんにも胎盤を通して、リステリア菌が届いてしまい、流産や早産、死産に至ることが多いのです。

無事に出産できたとしても、子宮内でリステリア菌に感染したり、自然分娩の際に産道感染し、髄膜炎や脳炎、敗血症を引きおこすことがあります。

リステリア菌に感染したお腹の赤ちゃんや新生児の致死率は、何と20~30%にもの上るのです。決して、軽視してはいけません。

リステリア菌に感染したときの症状と治療方法は?

では、妊娠中のママがリステリア菌に感染すると、どんな症状があらわれるのでしょうか。

リステリア菌の潜伏期間は、24時間から91日ととても幅広いです。そして、リステリア菌に感染した初期には、38~39℃の発熱や頭痛、悪寒、吐き気、嘔吐、筋肉痛、倦怠感、下痢など、風邪やインフルエンザに似た症状がみられます

リステリア菌に感染したことで症状がおこり、それが悪化すると髄膜炎をおこすことがあり、けいれんや意識障害、脳神経障害が後遺症として残ることがあります。

そのため、妊娠中のママがリステリア菌に感染すると、必ず治療を行います。その際には、ペニシリン系やテトラサイクリン系の抗生物質やアンピシリンが投与されることが多いです。

リステリア菌感染の予防を心がけよう!

妊娠中のママは、リステリア菌感染の予防を常に意識することが大事です

そのためには、妊娠中は生ハムやナチュラルチーズを食べないようにすること、生野菜はよく洗ってから食べること、保存していた食材はしっかり加熱すること。

生肉や生魚を触ったときには手洗いを徹底すること、生ものを切った調理器具やまな板はしっかり洗うことを、日々の中で徹底することです。

また、リステリア菌は寒さには強いですが、熱には弱いので、中心部分を74℃以上で15秒以上加熱すると、食中毒のリスクが下がります。

妊娠中のママは、普通の大人と比べると、リステリア菌の感染リスクが20倍になりますので、日ごろから感染予防に配慮しましょう。

  関連記事

陣痛タクシーの登録って何!?利用のステップ紹介!

陣痛タクシーへの登録で、お産への不安を軽くしましょう! 初めての出産を控えたプレ …

出産を控えたママがやっておきたい安産のための準備とは?

妊娠中は、わが子に会える日を待ち遠しく感じると、とてもワクワクしますよね。 です …

出産時におこる重篤なトラブル、羊水塞栓について知っておこう!

妊娠生活が順調だったからといって、出産時にトラブルがおこらない保証はありません。 …

臨月を迎えたママと赤ちゃんにおこる変化とは?

落ち着いて出産を迎えるために、臨月の変化について予習しておきましょう! 大切な赤 …

妊娠後期にとりたい栄養素と、おすすめの食材について教えて!

妊娠後期に入ると赤ちゃんはますます大きくなり、子宮が胃腸をさらに圧迫することから …

派遣社員でも産休や育休はとれるの?メリットとデメリットは何?

近年は、非正規雇用で働く人が増えています。そのため、派遣社員として働きながらママ …

妊娠後期は胃腸炎に注意しよう!原因や症状、胎児へ影響があるかなど詳しく知っておこう

妊娠中は胃腸炎にかかりやすくなるので注意が必要! 妊娠後期に何となく胃が痛い、調 …

【保存版】妊娠や授乳で大きくなった乳輪は元に戻るの?その方法を教えて!

女性は妊娠すると、体内のホルモン分泌のバランスが大きく変化します。その変化は身体 …

ついに正産期に突入する妊娠37週目!この時期の特徴は?

おしるしが見られることも!デリケートな時期なので無理はしないようにしましょう 妊 …

正産期と臨月は違うの?正産期はどんな風に過ごしたらいい?

出産予定日が近づくと、妊婦健診が週1回になります。これは、出産に備えるために、マ …