ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠後期のセックスは避けた方がいい?行うときの注意点はあるの?

   

妊娠中であっても、夫婦生活をもちたいと思うパパやママがいるはずです。ですが、妊娠後期になり、お腹の張りが頻繁におこるようになると、セックスをするのを避けた方がよいのでは?と考えるご夫婦もいることと思います。

そこで今回は、妊娠後期はセックスしない方がよいのか、夫婦生活をもつ際に注意すべきこと、避けた方がよいケースとは何かについて、お話しします。お医者さまにも相談しにくい話題だと思いますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

妊娠後期のセックスはしない方がいいの?

妊娠中であっても、パパやママが性欲を感じるのは普通のことです。夫婦のコミュニケーションとして、セックスを大事にしているご夫婦もいることでしょう。

ですが、妊娠中のセックスはよくないと考え、禁欲しようとするご夫婦もいるといいます。確かに、妊娠していないときと同じように激しいセックスをするのはよくありませんが、正しい知識をもって夫婦生活を行うことに問題はありません

妊娠初期に夫婦生活をもつと流産するという噂もあるようですが、それは事実ではないのです。

とはいえ、妊娠後期になると、ママのお腹が大きくなり、張りやすくなるので、セックスをするうえで注意すべきことはあります。また、お腹を圧迫しない体位や、ママが苦しくならない配慮も必要です。

妊娠後期のセックスで注意すべきことは?

では、妊娠後期にセックスをする際には、どんなことに注意したらよいのでしょうか。

まず、行為が長時間にならないように気をつけることです。パパと時間をかけてゆっくり愛し合っている間に、ママの身体が冷えてしまうと、お腹が張りやすくなってしまいます。

次に、激しい動きは避けることです。特に妊娠32~38週は、早産防止の意味でも、浅めに挿入することを、パパに意識してもらってください。

さらに、妊娠後期は出産に備えて、膣内が柔らかくなっていることから、傷つきやすい状態です。そのため、無理な挿入を避けるだけでなく、コンドームを使ってセックスすることが基本となります。

そして、妊娠後期のセックスは回数を減らすことも大事です。乳首への刺激も、子宮収縮を誘発するので、避けてもらいましょう

妊娠後期のセックスを避けた方がいいケースとは?

妊娠後期でも、セックスを避けた方がよいケースもあります。具体的には、切迫早産や前置胎盤など、妊娠の経過に問題があるときです。

その場合は、お医者さまから夫婦生活を避けるように指示されますので、許可が下りてからセックスを再開しましょう。

次に、行為中にお腹が張った場合です。そのときには、すぐにセックスを中断し、安静にしましょう。同様に、セックス中に出血したときも、すぐに中断し、様子をみてください。

また、妊娠後期にアナルセックスをすることもNGです。妊娠中は痔になるママも多いですし、アナルセックスにより大腸菌などの感染を引きおこすと、その後の妊娠の経過に悪影響が出る可能性があります。

よく、妊娠中のセックスでオーガズムを感じるのはよくないとされてますが、その際におこる子宮収縮で陣痛がおこることはないといわれています

ママの体調をみながら行おう!

妊娠後期になると、ママの意識がお腹の赤ちゃんに向かいがちで、セックスの後で胎動を感じなくなることで、心配になることもあるようです。

夫婦生活の後で胎動がなくなるのは、行為の揺れによって眠ってしまうことが多いことが理由なので、やがて胎動を感じられるようになるはずです。

ですが、ママの気持ちが乗らないときは、パパに話して遠慮してもらうのも選択肢の一つです。また、臨月に入って激しいセックスをすると、早産や破水を誘発することがありますので、マの体調も考慮しながら、夫婦生活を行いましょう

  関連記事

もしかして病気かも!?妊娠後期のめまいは血圧に注意して!

臨月も間近になってくると、待ちに待った赤ちゃんとの出会いに期待でいっぱい!…です …

臨月に眠いのは何が原因?そんなときにおすすめの過ごし方は?

臨月とは、妊娠36週0日から39週6日までを指します。出産が間近となり、期待と不 …

えっ!?母乳は自然に出てこないの?出産前からできる準備とは

妊娠中はお産の事ばかりに目がいって、母乳育児の事はそれほど考えていない事が多いで …

産休中の気分転換にもなる!簡単ですぐできる赤ちゃんの小物作り

不器用でも赤ちゃんの小物作りはできるのでしょうか? お仕事をされている妊婦さんは …

妊娠36週は少しずつ体調が回復!気晴らしに出かけるのも○

ママも赤ちゃんも出産の準備を終え安定しやすい時期! 妊娠36週は臨月となります。 …

出産時におこる重篤なトラブル、羊水塞栓について知っておこう!

妊娠生活が順調だったからといって、出産時にトラブルがおこらない保証はありません。 …

妊娠中にリステリア菌に感染すると大変?お腹の赤ちゃんへの影響は?

妊娠中に感染すると、お腹の赤ちゃんに悪影響が及ぶ細菌やウイルスがいくつかあります …

妊娠中、乳輪にブツブツが出来た!これ何?治るの?原因とケア方法

妊娠した女性は妊娠中の自分の体の変化にとても敏感になります。少しの変化でも何か問 …

突然どうして!?悩ましい妊娠中のげっぷを抑える方法とは

げっぷというと、マナーが悪い、品がない、などマイナスなイメージが強いですよね。そ …

出産を控えたママがやっておきたい安産のための準備とは?

妊娠中は、わが子に会える日を待ち遠しく感じると、とてもワクワクしますよね。 です …