ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠初期の下腹部痛はなぜおきる?危険な痛みと症状、対策法もご紹介

   

妊娠初期に下腹部の痛みを感じる人は少なくありません。なぜ痛みがおきるのかに関してもある程度想定することができます。

ここでは妊娠初期の下腹部痛について詳しく書いていきたいと思います。

具体的にどんな痛みなのか

妊娠初期に感じる下腹部痛は生理痛と間違えてしまう程度のものから動けなくなるほどの激痛まで様々です。生理痛にも個人差がありますので、いつものように生理痛だと思っていたら実際に生理はなく、妊娠していることが分かったという人もいます。

また人によってはお腹全体がモヤモヤと痛み、何だろう?と思っているうちに痛みが治まってしまったというケースもあるようです。痛みを感じることがなくても、なんとなく下腹部に違和感を感じたと言う人もいるため本当に人それぞれだといえるでしょう。

なぜ痛みがおきるのかについて

どうして妊娠初期の下腹部痛がおきるのかに関しては多くの理由が考えられます。動けないほど激痛を感じてしまう時には流産の可能性も懸念しなければなりません。

一般的に言われているのは着床後に子宮が大きくなろうとするために痛みを感じたり、子宮が引っ張られるような感覚に違和感を覚えたと言う人が多いようです。足元が冷えた時に下腹部痛を感じる人もいますが、これと同じように妊娠初期の下腹部痛を感じた人などもいますので、軽い生理痛程度の痛みと言う人もいるでしょう。

強い痛みを感じることがなければ、さほど心配せず過ごしていくうちに妊娠が発覚しますが、強い痛みや出血を伴う場合には即座にクリニックに出向いた方が良いです。

妊娠初期の下腹部痛で気をつけること

上記のとおり、妊娠初期の下腹部痛は珍しい事ではありません。しかし注意すべき部分として、やはり出血や、動けなくなってしまうほどの激痛があります。下腹部に痛みを感じた時には妊娠している可能性の有無や出血の有無などを必ず確かめるようにしてください。

特に痛みが長引きながらも生理痛のようで生理がこないといった状況であれば数日後に妊娠が発覚することがあります。また妊娠初期だということを認識していても、冷えなどから下腹部痛をおこすことがあるため足元が冷えていないかということにも意識を向けてみましょう。

危険視すべき下腹部痛はどんなものか

妊娠初期の下腹部痛は上記のように生理痛と間違えてしまうことも珍しくありません。その中でも特に危険視すべきなのは大量に出血してしまった場合や、貧血おこして倒れてしまうような場合、生理のように出血をしていても痛みがいつもとは違う場合などになります。このようなケースでは流産の可能性があるため一度クリニックを受診してみた方が良いでしょう。

妊娠初期とは12~15週までを指しますが、この時期は流産しやすいともいわれていますので痛みの種類に注目してみることも大切です。
https://hugooo.jp/early/post-4299.html

下腹部に心臓があるかのようにズキズキと長時間いたんでしまう場合や下腹部が締め付けられるような痛みを伴う場合、さらに今までつわりがあったのに、この症状が突然なくなった、強い頭痛を伴っているなどの場合には流産や子宮外妊娠を疑い、必ずクリニックを受診してみてください。

下腹部痛と間違えてしまうケース

妊娠初期の下腹部痛と間違えてしまうものに便秘や下痢があります。体内のホルモンバランスが大きく変わりますので突然ひどい便秘になってしまったり、反対に下痢をすることがあります。

どちらの場合であっても下腹部痛と間違えるような痛みを伴うのですが、明らかに便秘をしていることが分かっているのであれば便秘薬ではなく、オリゴ糖など食物繊維を豊富に含んだ成分を摂取して便秘の改善に取り組みましょう。

下痢をしている場合にはひどいケースで脱水症状おこすことがあるため、水分摂取を心がけながら消化のよい物を食べたりしばらく横になって安静にすることなどが大切です。

  関連記事

妊娠後期は食事制限も!食事のまちがいって?

過剰な食事制限は赤ちゃんに悪影響 妊娠初期はつわりがひどかったという人も、安定期 …

えっ!?母乳は自然に出てこないの?出産前からできる準備とは

妊娠中はお産の事ばかりに目がいって、母乳育児の事はそれほど考えていない事が多いで …

妊娠28週目はいよいよ妊娠後期に突入足元が見えにくくなるので転倒に注意して

おなかが大きくなりママの身体の負担も大きくなってきます 妊娠28週は妊娠8ヵ月の …

安産を迎えるための妊娠後期の過ごし方とは?

妊娠後期は、赤ちゃんの身体の機能が完成に近づき、身体もどんどん大きくなっていきま …

お腹が大きくて眠れないママの寝苦しさ解消法とは?妊娠後期の寝苦しさの理由と対処法を覚えておこう

妊娠後期に入ると、寝苦しさを感じるママが増えてきます。子宮が大きくなることで内臓 …

妊娠高血圧症候群のママは注意!命に関わる子癇発作のことを知っておこう

妊娠中の女性におこる病気の中に、「子癇発作」があります。特に、妊娠高血圧症候群に …

臨月にお腹がかゆくなる!妊娠線が出来る前兆?何か予防法はあるの?

臨月に入るとママのお腹はピークに大きくなり歩くのも大変なほどになります。まっすぐ …

お腹が大きくなってあばら骨が痛い!原因や対策は?

あばら骨が痛いと精神的なストレスに繋がってしまうことも…。対策などをご紹介 妊娠 …

妊娠中に検査を受けるB群溶血性連鎖球菌(GBS感染症)とは?胎児への影響は?

妊婦健診では、性感染症を含めて、さまざまな検査が行われます。これは、ママが細菌や …

妊娠後期の検査で陽性反応!新生児GBS感染症を予防するには?

妊婦健診では、出産までに様々な検査を行います。GBS検査もその一つで、妊娠後期に …