ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

臨月にお腹がかゆくなる!妊娠線が出来る前兆?何か予防法はあるの?

   

臨月に入るとママのお腹はピークに大きくなり歩くのも大変なほどになります。まっすぐに立った状態で足元を見たいと思っても、大きなお腹に邪魔されて見えないこともあるでしょう。

赤ちゃんの成長とともにお腹も大きくなってくるのですが、臨月に入りお腹が痒くなってしまうことによって、妊娠線ができてしまうと心配するママもいます。

臨月に入り、お腹がかゆくなる原因は何?

目一杯に大きくなったママのお腹は妊娠する前に比べて、お腹の皮膚が薄くなっています。子宮をしっかりと守りながら、赤ちゃんの成長にあわせ大きくせり出してきますので、皮膚が引っ張られて薄くなるのは仕方がありません。

この時、お肌が乾燥していたり急にお腹が大きくなりすぎてしまい、そのスピードにお肌が無理やり引っ張られるような形でついていけてないとかゆみがおきてしまいます。

また、体内ではホルモンバランスが変わりますので、このような影響からもお肌の状態が変化をおこし痒みを感じてしまうようなこともあるでしょう。洗濯に使用している洗剤や柔軟剤、また身に付けている下着などの繊維によってかゆみを感じることも考えられます。

臨月にお腹がかゆくなるのは予防できないの?

多くのママが臨月にはお腹が痒くなるという経験を持っています。しかし出来ればこのような経験をしたくないため、予防法があれが知りたいというママはとにかくお肌の保湿に力を入れましょう。赤ちゃんに話しかけるように優しくクリームなどを塗ってあげることによって乾燥も防ぐことができます。

さらにはお洗濯に使用する洗剤類などを無添加のものに変えるといった方法や、下着やマタニティーの衣類などの素材は蒸れないものに変えてみるというのも良い方法になります。

臨月にお腹がかゆくなると妊娠線ができるの?

出産を経験したママが多くの場合で妊娠線の存在を気にしています。前述の通り赤ちゃんの成長に合わせて、お腹の皮膚も引っ張られていきますので薄くなった皮膚が裂けてしまうことによって妊娠線となります。

お腹が引っ張られたり乾燥で痒みを感じた時に掻いてしまうことによって、ひび割れを助長して妊娠線になってしまうのではないかと心配することもあるでしょう。

これについては、確かに皮膚がひび割れているために痒みが生じているということも考えられます。ただしその段階で妊娠線には気がつかず、掻いてしまったことによって妊娠線ができたと勘違いするママもいるようです。

保湿が足りておらず、掻いてしまったからといって妊娠線ができることはありません。こちらのケースでは1時的に傷跡が残ってしまうような事があっても妊娠線とは違いますので比較的早い段階できれいに治ることがほとんどです。一方の妊娠線に関してはなかなか消えることはなく、出産の勲章のようにいつまでも残るケースが多いと言えます。

臨月に入ってからお腹の痒みがすべて妊娠線につながるわけではありませんので一概に言える事ではありませんが、お腹が急激に大きくなり強いかゆみを頻繁に感じるようであれば、妊娠線ができている可能性が高いでしょう。

お腹のかゆみに対し何か対処方法はあるの?

妊娠線を残したくないと思っていたり、掻いてしまうことによって爪による傷を残したくないのであればらできるだけ掻かないというのが一番の方法です。しかし痒いと感じるものを何もせず我慢するのはとても辛く、ストレスを感じてしまいますので、いくつかの対処方法をピックアップします。

  • 水に濡らしたタオルで痒いところをそっと押さえる
  • 爪を立てず指の腹で優しくなでて痒みをごまかす
  • 化粧水をたっぷり含ませたコットンでパックする

といった方法があります。

このような方法であれば直接痒いところを爪で掻いてしまう心配がなく、妊娠線を最小限に止められるでしょう。ただし、これを行ったからといって必ずしも防げるわけではありません。あくまでも最小限にとどめることを目的にしてください

また、妊娠線ができるのはお腹だけではなく、足の付け根やお尻、乳房などにも出てくることがあるため、同じように強いかゆみを感じた時にはその都度対処していくと良いでしょう。上でもお話ししたように常に保湿を心がけるだけでもかゆみや妊娠線の現れ方に変化があります。

妊娠線は突然現れる!その予防方法と出来てしまった後の対処法とは?

  関連記事

産休を取る人へ応援の言葉を伝えたいけど、メッセージの内容はどんな風に書いたらいいの?

仕事と育児を両立したいと願う人にとって、産休とはとても嬉しい制度です。 しかし、 …

妊娠初期の下腹部痛はなぜおきる?危険な痛みと症状、対策法もご紹介

妊娠初期に下腹部の痛みを感じる人は少なくありません。なぜ痛みがおきるのかに関して …

早産は遺伝する?早産を防ぐための対策や注意点とは

早産について心配している方の中には遺伝についても不安を抱えている方もいます 妊娠 …

いよいよ出産……?これはお産の兆候です!

お産の兆候って、どんなものがあるの? お腹に命を宿したと気づいた瞬間から、頭の中 …

妊娠28週目はいよいよ妊娠後期に突入足元が見えにくくなるので転倒に注意して

おなかが大きくなりママの身体の負担も大きくなってきます 妊娠28週は妊娠8ヵ月の …

産休中の気分転換にもなる!簡単ですぐできる赤ちゃんの小物作り

不器用でも赤ちゃんの小物作りはできるのでしょうか? お仕事をされている妊婦さんは …

将来の自分のために、産休・育休中は資格を取得しよう!

これまで仕事をしてきた女性にとって、産休や育休は自分のための時間がとれる最大のチ …

妊娠34週は妊娠線ができやすい時期!他に注意したいことは?

ママの体に痛みが発生しやすい時期!妊娠線を含めいろいろなことに注意しましょう 赤 …

妊娠30週は胸やふとももなどもひとまわり大きくなってきます

お肌のトラブルも多くなってくるのでひと工夫して快適に過ごそう 妊娠30週は妊娠8 …

【保存版】妊娠や授乳で大きくなった乳輪は元に戻るの?その方法を教えて!

女性は妊娠すると、体内のホルモン分泌のバランスが大きく変化します。その変化は身体 …