ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

派遣社員でも産休や育休はとれるの?メリットとデメリットは何?

   

近年は、非正規雇用で働く人が増えています。そのため、派遣社員として働きながらママになろうとしている女性は、案外多いものです。とはいえ、派遣社員は正社員のように福利厚生が充実しているとは言い難いので、産休や育休がとれないのではないかと、不安に思う人も多いはずです。

そこで今回は、派遣社員でも産休や育休が取れるのかどうか、その場合はどんな条件が必要なのか、取得するメリットとデメリットについてなど、幅広く紹介します。申請する前に、しっかり理解しておきましょう。

派遣社員でも産休はとれるの?その条件とは?

そもそも産休っていつから取れるの?

産休とは、産前休業と産後休業を合わせた休み期間のことで、産前は6週間前から、産後は8週間とることができます。双子を妊娠している場合は、産前は14週前から休業に入れますし、本人が請求しお医者さまが認めた場合は産後6週間で職場復帰が可能という制度です。

派遣社員が産休を取れる条件は?

さて、派遣社員が産休を申請できるかどうかですが、正社員同様に取得が可能なので問題はありません。そして、産休の申請先は派遣されている企業ではなく、登録している派遣会社になります。

派遣会社に登録した労働者で、妊娠している女性であれば産休の申請はできますが、産休中に契約期間がきれると契約終了となります。派遣会社によっては、産休中は直接雇用に切り替えてくれる企業もあるので、登録前に調べておきましょう。

派遣社員でも育休をとれるの?そのための条件とは?

育児休業制度も産休同様、派遣社員でも取得することができます。ただし、育休を取るために必要な下記の3つの条件を満たしていなければなりません。

  • 同一の事業主に引き続き1年以上雇用されていること
  • 子どもの1歳の誕生日を過ぎても引き続き雇用される見込みがあること
  • 子どもの2歳の誕生日の前々日までに労働契約期間が満了し、かつ契約更新されないことが明らかでないこと

育休の申請も、派遣会社に行います。育休の申請期限は育休開始予定日の1ヵ月前までと法的に決まっているので、産休に入る前に派遣会社に申請しておく必要があります。

ただし、派遣会社の育休の取り決めが、以下のように明記されていると、休暇が取れない可能性があります。

  • 派遣元に雇用された期間が1年未満である
  • 1年以内に派遣元との雇用関係が終了する予定である
  • 1週間の所定労働日数が2日以下の場合

登録前に、しっかりリサーチしておきましょう。

派遣社員が産休・育休をとるメリットとデメリットとは?

派遣社員が産休をとるメリット

派遣社員でも、条件を満たせば、産休や育休を取ることは可能です。そのメリットには、産後に同じ職場で働くことができることがあげられます。仕事と家庭、育児の両立は想像以上に大変なものですから、慣れた仕事や職場に復帰できることで、気持ちに余裕を持つことができるはずです。

派遣社員が産休をとるデメリット

一方のデメリットとしては、産休や育休を申請したことで、派遣を打ち切られるケースがゼロではないことです。法律では禁止されているのですが、前例がないことを理由に契約を解除されるひともいます。

そうした事態に陥らないためには、登録する派遣会社をきちんと調べ、信頼できるところかどうかを見極めることが大事です。厚生労働省で派遣社員の産休・育休に関する情報提供を行っているので、一読してみましょう。

出産一時金や出産手当金のことも調べておこう

派遣社員でなく、正社員であっても、産休・育休中は給与が支払われないことがほとんどです。正社員の場合は、産休の間は健康保険から出産手当金が、育休の間は雇用保険から育児休業給付金が支給されます。派遣社員であっても、健康保険に加入していれば、出産手当金を受け取ることができます。

また、産前産後休業保険料免除制度を利用することで、以前は自己負担しなければならなかった健康保険料の支払いもなくなります。また、出産費用として支給される出産一時金も受け取れるので、きちんと書類を用意しておき、申請しましょう。

  関連記事

臨月にお腹がかゆくなる!妊娠線が出来る前兆?何か予防法はあるの?

臨月に入るとママのお腹はピークに大きくなり歩くのも大変なほどになります。まっすぐ …

赤ちゃんの動きが激化し最も激しく胎動を感じる妊娠29週

おなかで足元が見えにくくなるので注意しよう 妊娠29週は妊娠8ヵ月の2週目、妊娠 …

臨月に入ったらスクワットした方がいいって本当?そのメリットとデメリットは?

臨月に入ると、いつおしるしが見られたり、破水するかわからないので、自宅で過ごすこ …

妊婦さんがお風呂に入る時の注意点は?妊娠後期だから気を付けたいこと

妊娠中は汗をかきやすいですし、入浴時間が貴重なリラックスタイムという妊婦さんも多 …

妊娠後期に行われるNST(ノンストレステスト)が必要な理由

妊娠後期に必ず受けることになる検査に、NST(ノンストレステスト)があります。ベ …

妊娠高血圧症候群のママは注意!命に関わる子癇発作のことを知っておこう

妊娠中の女性におこる病気の中に、「子癇発作」があります。特に、妊娠高血圧症候群に …

出産を控えた妊娠後期だからこそ、やっておきたいお出かけには、どんなものがあるの?

現代は共働き家庭が多くなっていますから、妊娠後期に入って産休をとることで、ようや …

妊娠後期はこのマタニティヨガのポーズで乗り切ろう!

妊娠後期で動きづらくなったらマタニティヨガで気持ちよく体を動かそう どんどんお腹 …

妊娠後期の検査で陽性反応!新生児GBS感染症を予防するには?

妊婦健診では、出産までに様々な検査を行います。GBS検査もその一つで、妊娠後期に …

妊娠高血圧症候群の症状や原因は?予防や対策を知ってならないように気をつけよう

妊娠高血圧症候群と妊娠中毒症の違いや、なりやすいタイプなどを理解しよう “妊娠中 …