ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠後期に行われるNST(ノンストレステスト)が必要な理由

   

妊娠後期に必ず受けることになる検査に、NST(ノンストレステスト)があります。ベッドに横になり、分娩監視装置をつけ、グラフとして出力される波形で、ママと赤ちゃんの様子を確認します。

なぜノンストレステストと呼ばれるかというと、お産が始まる前、赤ちゃんにストレスがない状態で心拍や胎動を観察するからです。一般的には、妊娠34~37週に行われることが多いです。

そこで今回は、NST(ノンストレステスト)の目的や方法、所要時間などについて、お話しします。

NST(ノンストレステスト)とは?何を目的に行うの?

NST(ノンストレステスト)は、陣痛が始まる前に、正常分娩できるかどうかを確認することを目的に、赤ちゃんや子宮の状態をチェックする検査です。

ママのお腹に分娩監視装置を装着し、お腹の赤ちゃんの心拍を調べます。NST(ノンストレステスト)は、分娩監視装置から出力される、グラフの波形を見て診断されます。グラフには二つの波形が表れるのですが、上段に出るのが赤ちゃんの心拍で、下段に出るのがママの子宮収縮の状況を表しています

そこでチェックされているのは、以下のようなことです。

  • お腹の赤ちゃんの心拍数が正常範囲内であるか否か
  • グラフの波形が細かな山形になっているか
  • 胎動と胎児の心拍数の上昇が連動しているか
  • 30分に2回の胎動があるか
  • 子宮収縮があっても胎児の心拍数に影響が出ていないか

NST(ノンストレステスト)を行う時期と所要時間は?

clock-772953_960_720

NST(ノンストレステスト)は、妊娠34~37週の間に行われるのが一般的です。ですが、妊娠高血圧症候群妊娠糖尿病など、ハイリスクな出産が予想されるママの場合は、もっと早い時期に行うこともあります

NST(ノンストレステスト)は、上半身を少しおこして、分娩監視装置を装着します。分娩監視装置には、胎児の心拍を確認するためと、ママのお腹の張りを確認するための二つのセンサーがついており、そこでキャッチした情報がグラフ化されます。

そして、NST(ノンストレステスト)に胎動を感じたら、ママは手に持ったボタンを押します。病院が用意している分娩装置が胎動をキャッチできるタイプの機械だった場合は、ボタンを押す必要はありません。

所要時間は平均30~40分、長くても1時間程度です。妊娠後期の赤ちゃんは、20分単位で寝たりおきたりをくり返しています。そのため、おきている時と睡眠状態のどちらもデータとして必要なので、ちょっと時間がかかります

NST(ノンストレステスト)で何がわかるの?

NST(ノンストレステスト)では、上と下の波形でわかることが違います。まず、上段のグラフですが、お腹の赤ちゃんの心拍は120~160回/分が正常です。それ以上やそれ以下の場合は、原因を特定するために入院して検査することもあります。

また、赤ちゃんがおきて胎動があると、グラフがギザギザになるものです。ですがギザギザがなく平坦だったり、谷形になると、赤ちゃんが弱っている恐れがあります。

下段の波形も、妊娠後期は検査中に数回のお腹の張りはあるものですが、NST(ノンストレステスト)の間に頻繁に山形ができると、切迫早産の恐れがあります

出産は正産期が望ましいので、ウテメリンの投薬や入院管理をすることもあります。お腹が張った後に赤ちゃんの心拍が下がる場合は、正常分娩に耐えられない可能性が高いので、緊急帝王切開することもあることを、覚えておきましょう。

NST(ノンストレステスト)を受ける時は服装にも注意!

mother-1440745_960_720

NST(ノンストレステスト)は、ママと赤ちゃんが出産に耐える体力があるかを、確かめるために行います。ママの子宮や胎盤の状態もわかるので、元気な赤ちゃんを産むためにも、きちんと受けておくべきです。

NST(ノンストレステスト)は長時間かかりますので、チュニックとマタニティ用パンツなど、上下で組み合わせた洋服を着るのがベストです。スカートだと、お腹の上までまくらなければならないいので、下着が丸見えになったり、寒さを感じることがあります。服装にも配慮して、NST(ノンストレステスト)を受けましょう

  関連記事

妊娠中に検査を受けるB群溶血性連鎖球菌(GBS感染症)とは?胎児への影響は?

妊婦健診では、性感染症を含めて、さまざまな検査が行われます。これは、ママが細菌や …

手のしびれ、病気かも!?妊婦さんにも発症しやすり手根管症候群って知ってますか?

妊婦に多い手根管症候群の症状や原因・予防策を理解しておきましょう “手根管症候群 …

後期つわりっていったい何!?その症状や正しい乗り越え方とは?

妊娠が発覚すると嬉しい気持ちでいっぱいになります。ですが妊娠初期を迎えると共につ …

妊娠後期の検査で陽性反応!新生児GBS感染症を予防するには?

妊婦健診では、出産までに様々な検査を行います。GBS検査もその一つで、妊娠後期に …

妊娠高血圧症候群の症状や原因は?予防や対策を知ってならないように気をつけよう

妊娠高血圧症候群と妊娠中毒症の違いや、なりやすいタイプなどを理解しよう “妊娠中 …

「逆子体操」は逆子を改善できる?その方法や取り入れる時期とは?

みなさんは逆子体操というものをご存知でしょうか?本来胎児の頭は子宮の方を向いてい …

妊娠後期は胃腸炎に注意しよう!原因や症状、胎児へ影響があるかなど詳しく知っておこう

妊娠中は胃腸炎にかかりやすくなるので注意が必要! 妊娠後期に何となく胃が痛い、調 …

妊娠30週は胸やふとももなどもひとまわり大きくなってきます

お肌のトラブルも多くなってくるのでひと工夫して快適に過ごそう 妊娠30週は妊娠8 …

臨月に行う内診で行う内容とは?内診グリグリの目的や痛みは?

妊娠をすると赤ちゃんが健康に育っているのかを確認するために様々な検査を行う必要が …

これまで以上に様々な諸症状がでてくる妊娠31週目

来週からいよいよ妊娠9ヵ月!だからこそ慎重に 妊娠31週は妊娠8ヵ月月の4週目、 …