ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

いよいよ出産……?これはお産の兆候です!

   

お産の兆候って、どんなものがあるの?
2015-07-18_170351
お腹に命を宿したと気づいた瞬間から、頭の中を巡るのは「私に出産という大仕事ができるのかしら」という不安ではないでしょうか。特に初めての出産となると、すべてが分からないことだらけでしょう。

出産と言えば、頭に浮かぶのは「生みの苦しみ」。それは、いったいどんなふうに始まるのか……。ここでは、お産の兆候についてご紹介させていただきます。

たくさん存在する「お産の兆候」

よくテレビドラマなどで見られる、妊婦さんがいきなり「うっ」とお腹を抱えてうずくまり、突然の激痛に「痛い!」と苦しむシーン。いわゆる「陣痛」ですね。

出産経験のない女性のなかには、お産はすべていきなり強い陣痛から始まるものなんだと思いこんでいる人も多いのではないでしょうか。

しかし、実際のお産は、様々な兆候があったうえで始まるものなのです。

お産の一カ月くらい前から始まる「前駆陣痛」

  • なんとなく、お腹が重苦しい感じがする。
  • なんとなく、お腹が痛いような感じがする。
  • なんとなく、お腹が強く張っているような気がする。

お産の兆候は、まず、上記にあげたような前駆陣痛から始まります。これは、臨月に入った妊婦さんのほとんどが経験するものです。出産予定日から数えて一か月前くらいから始まる人が多いようです。

歩くのがつらくなる「恥骨痛」

お産の兆候としてよく聞かれるのが、恥骨痛です。お産が近づくと骨盤が開き、赤ちゃんが恥骨のあたりを強く押すため、痛みが出てくるのです。歩くだけで、恥骨周辺に強い痛みが生じるようになります。ひどい人は、歩行困難になるほどです。

トイレに行くと、「おしるし」が……!

いわゆる「おしるし」というものも、有名な「お産の兆候」です。これは、いよいよ出産間近になってきた頃、少量の出血が見られることを言います。

おりものシートにおさまる程度の軽い出血であることが多く、お産が近いことを教えてくれるのです。

便秘が直った!お腹が緩くなった!

そのほかにも、妊娠中ずっと便秘に悩まされていたのにいきなり便通が良くなった、突然お腹が緩くなった、という経験談も耳にします。これは、ホルモンの働きによるものという説があります。

できるだけお産をスムーズに進めるために、ホルモンが作用して、便通がよくなるように仕向けているというわけです。人間の体って、不思議ですね。

何の前触れもなく突然の破水!

通常、破水は陣痛が始まってからおこるものですが、陣痛より先に破水がおこってしまうこともよくあります。破水がおこれば、確実にお産が直近に迫っていることを指します。すぐに、病院に電話して入院することになります。

破水は、自分の意志とは関係なく、ダラダラと流れ出てくるものを言います。いわゆる「おもらし」だと勘違いする人もいるようですが、「自分の意志とは関係なく」という点が破水と見分けるポイントになります。

破水した時は、清潔な生理用ナプキンを当てて、シャワーは浴びずに、すぐに病院へ向かうようにしてください。

  関連記事

妊娠後期は胃腸炎に注意しよう!原因や症状、胎児へ影響があるかなど詳しく知っておこう

妊娠中は胃腸炎にかかりやすくなるので注意が必要! 妊娠後期に何となく胃が痛い、調 …

ついに正産期に突入する妊娠37週目!この時期の特徴は?

おしるしが見られることも!デリケートな時期なので無理はしないようにしましょう 妊 …

手のしびれ、病気かも!?妊婦さんにも発症しやすり手根管症候群って知ってますか?

妊婦に多い手根管症候群の症状や原因・予防策を理解しておきましょう “手根管症候群 …

ママと赤ちゃんの命を脅かす!急性妊娠脂肪肝とは?

予防法がない!?早期発見が重要な急性妊娠脂肪肝について知っておきましょう “急性 …

妊婦健診で見つかることの多い胎児機能不全の原因と対処法について

妊娠・出産は家族にとって喜ばしい出来事ですが、リスクを抱えていることを忘れてはい …

妊娠39週目は睡眠不足や突然の破水に注意して過ごしたい

妊娠39週の特徴とは?体重管理は産まれるまで必要です! 妊娠39週目になると子宮 …

妊娠30週は胸やふとももなどもひとまわり大きくなってきます

お肌のトラブルも多くなってくるのでひと工夫して快適に過ごそう 妊娠30週は妊娠8 …

妊娠後期はこのマタニティヨガのポーズで乗り切ろう!

妊娠後期で動きづらくなったらマタニティヨガで気持ちよく体を動かそう どんどんお腹 …

妊娠後期に出る発疹。蕁麻疹やPUPPPの原因と対処法は?

妊娠中に身体に痒みが出るママは、案外多いものです。その原因は、実は妊娠したことに …

出産を控えた妊娠後期だからこそ、やっておきたいお出かけには、どんなものがあるの?

現代は共働き家庭が多くなっていますから、妊娠後期に入って産休をとることで、ようや …