ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠中に働ける期間はいつまで?気を付けることは?妊娠と仕事のお悩み大解決!

   

5ce11dd3b788677be811ea0589b2b41b_s

仕事をしている妊婦さんにとって気になるのが、「いつまで働くか」ということ。妊娠中にはつわりや体調の変化などあり、今まで通りの仕事が難しくなることも。

さらに妊娠・出産・育児に関する職場の規定は様々あり、決めることもたくさん!「いつまで働くかどうやって決めるの?」、「実際に働くときに気を付けることはあるの?」、働く妊婦さんの疑問を解決して、少しでも不安を軽減できるようお手伝いしたい!

そこで今回は、妊娠中の働ける期間と仕事を続ける際のポイント・注意点について詳しくお話ししていきます。

妊娠何ヶ月まで働けるの?

働いている妊婦さんが、出産前の一定期間休業する「産休」。産休は、法律上は「産前休業」と呼ばれます。

産前休業は、出産予定日の6週前(多胎妊娠の場合は産前14週前)から取ることができます。出産準備もあるため、多くの妊婦さんがこの時期から産休を取っているようですね。

法律上「取ることができる」とお話しした通り、産休は「取らない」という選択もできます。妊婦さんの希望次第では、出産直前まで働き続けることも可能なのです。

妊婦さんがいつまで働けるのか、それは人それぞれ違います。自分の体調、赤ちゃんの状態、仕事の内容や環境による負担などをしっかりと考慮して、産前に働く期間を決めていきましょう。

妊娠中も仕事を続けるときのポイントは?

妊娠中に仕事を続ける場合、いくつか押さえておきたいポイントがあります。

早めに上司に報告

妊娠が分かったら、早い段階で上司に報告しておきましょう

妊娠するとつわりで欠勤しなければならない場合や妊婦健診で早退する場合も。上司に報告していないと、心配や仕事上の迷惑をかけてしまうこともあります。

自分の体調も合わせてご報告しておくと良いかもしれませんね。

安定期に入るまで他の人に知られたくない場合には、その旨も伝えておきましょう。

母性健康管理指導事項連絡カードを有効活用

母性健康管理指導事項連絡カードをご存知ですか?これは、妊婦健診のときに医師等から仕事に関して指導を受けた場合、その内容を明確に職場へ伝えるために使われるカードです。

このカードが提出された場合、職場は記載されている内容に適した措置を取る必要があります。休業が必要であることや、通勤の緩和、仕事内容の変更など、医師の判断によって職場への対応を求めることができます。

もちろん妊婦さん自身が、休業や仕事の負担軽減を職場に伝えても構いません。しかし自分の申告だけでなく、健診結果を元に作成されるカードを使用した方がより具体的に伝わるかもしれませんね。

産休・育休の制度を確認する

産前・産後休業の規定は、職場によって様々です。いつまで働き、いつから復帰するのか、医師、職場の上司、ご家族とよく相談しましょう。

出産前になると仕事の引継ぎなどで忙しくなります。早い段階で決めておくことをお勧めします。

また、出産お祝い金や産後復帰する場合の時短勤務など、妊娠・出産・育児に関する制度はたくさんあります事前に確認し、よりよい形で働き続けられるようにしたいですね。

サポートしてもらった時は感謝を伝えよう

妊娠していると、理解のある職場では力仕事や体への負担がかかる仕事を避けてくれる場合があります。つわりや体調がすぐれず欠勤した時に、職場の人がサポートしてくれることもあります。

妊娠しているのだから当たり前!ではありません。知らず知らずのうちに「妊婦様」にならないように気を付け、サポートしてもらったことへの感謝を忘れないようにしましょう。

仕事をするときの注意点は?

無理はしない

働くときの一番大切なポイントは、自分と赤ちゃんの体調を一番に考えることです。体調を崩してしまっては、元も子もありません。

「休むと迷惑になるから」と一人で抱えて無理をするのもNG!お腹が頻繁に張る、体調がすぐれないときには、しっかりと休む、産休を早めてもらうなど対策を取りましょう。

妊婦さんの体調が分かるのは、妊婦さん本人だけです。しっかりと伝えて、周囲の人へ理解してもらえるようにしましょう。

冷暖房対策を!

室内の職場では、冷暖房がしっかりと効いていることが多いです。妊娠中に冷えは大敵!体を冷やさないように、夏場でもブランケットやカーディガン、靴下などを利用して対応しましょう

また妊娠するとぽかぽかと温かく感じ、暖房下にいると汗ばむことも。着脱しやすい服を選択して、水分補給もしっかりとしましょうね。

つわり対策グッズを持参しよう

つわりの程度やおこり方は人それぞれですが、万が一に備えてビニール袋やお茶を持ち歩いておきましょう

食べづわりの人は、個包装のお菓子や果物を持っておくとパッと食べられて落ち着きます。

ニオイに敏感になっている場合には、マスクを使用すると良いでしょう。

通勤・退社時も注意!

通勤ラッシュや満員電車に巻き込まれると、妊婦さんにとっては辛いものです。お腹への負担やつわり症状が出てしまうことも。

可能な限り、混み合う時間を避けられるよう通勤時間を調整してもらいましょう

無理は禁物!自分と赤ちゃんの体を第一に考えて、自分のペースで仕事を続けよう

db23816e0ccf7a16ba4ed3f0771591be_s

仕事を続ける妊婦さんは、自分と赤ちゃんの体のこと以外にも様々なことをやらなければなりません。ついつい無理をしてしまいがちですが、とにかく大切なのは「自分と赤ちゃんのこと」です。

職場で甘えられる部分は甘えて、自分のペースで仕事を続けられるようにしたいですね。実際に仕事をいつまで続けるかは、上司としっかり相談して決めましょう。

つわりや妊娠経過によっては体調の優れない日もあります。そのようなときには、自分の体調をしっかりと伝えて欠勤や休暇、仕事内容の変更など対応してもらえるようにしましょう。

職場の方にも喜んでもらえる妊娠・出産になるよう感謝の気持ちを忘れず、仕事に励んでいきたいですね。

  関連記事

お腹が大きくなってあばら骨が痛い!原因や対策は?

あばら骨が痛いと精神的なストレスに繋がってしまうことも…。対策などをご紹介 妊娠 …

妊娠後期に出る発疹。蕁麻疹やPUPPPの原因と対処法は?

妊娠中に身体に痒みが出るママは、案外多いものです。その原因は、実は妊娠したことに …

妊娠38週目は精神的に不安定になることも

前駆陣痛と本陣痛を間違えないように注意が必要な時期! この時期は妊娠37週に引き …

産休を取る人へ応援の言葉を伝えたいけど、メッセージの内容はどんな風に書いたらいいの?

仕事と育児を両立したいと願う人にとって、産休とはとても嬉しい制度です。 しかし、 …

いよいよ出産……?これはお産の兆候です!

お産の兆候って、どんなものがあるの? お腹に命を宿したと気づいた瞬間から、頭の中 …

貧血に注意したい妊娠35週!早産しやすい時期なので気を付けて

この時期におきやすい身体の変化とは?貧血予防策も実践しましょう 妊娠35週はそれ …

将来の自分のために、産休・育休中は資格を取得しよう!

これまで仕事をしてきた女性にとって、産休や育休は自分のための時間がとれる最大のチ …

赤ちゃんの周りには危険がいっぱい!安全なお部屋作りとは

赤ちゃんを危険な目に合わせないための安全なお部屋作りの工夫とは? 赤ちゃんを迎え …

出産を目前にしたとき向かう先は分娩室じゃない?陣痛室とは?

はじめての一人目の出産を迎える妊婦さんにとって出産とは、不安に思う気持ちと同時に …

妊婦さんやママが災害にあっても困らないために

2016年にも熊本で、大地震がありました。妊婦さんや赤ちゃん連れのママが、避難生 …