ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

安産を迎えるための妊娠後期の過ごし方とは?

   

85194cb343a2a9cf8f0f4bf64d92796e_s

妊娠後期は、赤ちゃんの身体の機能が完成に近づき、身体もどんどん大きくなっていきます。一方のママは、出産に備えて、体力をつけておく必要がある時期です。とはいえ、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病を発症しやすいなど、何かとトラブルがおこりがちなときでもあります。

そこで今回は、安産を迎えるために、妊娠後期をどのように過ごしたらよいのかについて、お話しします。妊娠後期の身体の状態や注意したいトラブルについても触れておくので、ぜひ参考にしてくださいね。

妊娠後期の母子の状態とは?

妊娠28週0日~妊娠39週6日までの間を、妊娠後期といいます。

妊娠8カ月目にあたる、妊娠28週0日~31週6日までの赤ちゃんは、身長が約40cm、体重は1500g程度まで大きくなります。

妊娠9カ月目にあたる、妊娠32週0日~35週6日までの赤ちゃんは、身長が約45cm、体重は2000g程度まで大きくなります。

妊娠10カ月目にあたる、妊娠36週0日~39週6日までの赤ちゃんは、身長が約50cm、体重は3000g程度まで大きくなります。

一方のママは、赤ちゃんの成長に伴って、お腹がより大きくなり、赤ちゃんに贈るために血液量が増え、心拍数も上がります。その結果、貧血がおこったり、動悸や息切れ、疲れを感じることが増える時期です。

お腹の張りを感じることも増え、喜びを感じるとともに、出産やその後の育児への不安が大きくなり、マタニティーブルーに陥るママもいます。

妊娠後期に注意したいトラブルとは?

妊娠後期には、後期つわりが出るママも少なくありません。後期つわりとは、大きくなった子宮に胃が押し上げられ、胃がムカムカする状態のことをいいます。

また、血流量の増加により、動悸息切れがおこる、子宮の重さが増して腰痛関節痛がおこることもあります。さらに、子宮が膀胱を圧迫することでの頻尿、血液の血漿成分だけが増えることでむくみがおこる、脚の疲労や血流の悪化によってこむら返りがおこるなど、さまざまな不調があらわれる時期です。

また、妊娠後期は切迫早産や上位胎盤剥離にも、注意が必要です。このように、あらゆるトラブルがおこりやすくなっているので、体調の変化があったときには、経過を観察し、場合によっては病院で診察を受けましょう。

妊娠後期におすすめの過ごし方とは?

妊娠後期になるとさらにお腹が大きくなり、無理をすると体調が悪くなりやすいので、自分と赤ちゃんの体調に十分に目を向けながら過ごすことが大事です。

また、新陳代謝がよくなることで、汗をかきやすくなったり、おりものが増えてしまうママも多いです。そのため、きちんと入浴をして、身体を清潔に保つことも大事です。

行動範囲が狭まり、出産や育児に対する不安を感じやすいので、気持ちが沈んでしまうママもいます。そんなときには、パパとデートしたり、友だちとランチやおしゃべりをするなど、気分転換を行うのもおすすめです。

体調がよいときに、赤ちゃんのものを用意するなど、日々の中で楽しみを見つけながら、心穏やかに過ごしましょう。

適度な運動で出産に備えよう

203d72677326adcd1fa64f6cf62e49a2_s

妊娠後期はお腹が張ることが多く、その場合は、安静にするようにいわれます。ですが、臨月を迎えたら、意識して運動することをおすすめします。臨月以降に適度に運動することで、子宮口が開きやすくなる、股関節が柔軟になる、体力をつけることにもつながります。

階段を上り下りしたり、スクワットをする、ウォーキングをする、マタニティスイミングやマタニティヨガをする、安産体操をするなどが、おすすめです。その場合は、体調が悪いと感じたら、すぐに中止するようにしましょう。また、家事を一生懸命やることも、よい運動になります

  関連記事

妊娠後期は下痢しやすい!?その原因と対処法とは?

妊娠中はホルモンバランスが変化するので、下痢がおこりやすいものです。そして妊娠後 …

妊娠後期のセックスは避けた方がいい?行うときの注意点はあるの?

妊娠中であっても、夫婦生活をもちたいと思うパパやママがいるはずです。ですが、妊娠 …

【保存版】妊娠や授乳で大きくなった乳輪は元に戻るの?その方法を教えて!

女性は妊娠すると、体内のホルモン分泌のバランスが大きく変化します。その変化は身体 …

妊娠高血圧症候群の症状や原因は?予防や対策を知ってならないように気をつけよう

妊娠高血圧症候群と妊娠中毒症の違いや、なりやすいタイプなどを理解しよう “妊娠中 …

赤ちゃんの動きが激化し最も激しく胎動を感じる妊娠29週

おなかで足元が見えにくくなるので注意しよう 妊娠29週は妊娠8ヵ月の2週目、妊娠 …

妊娠中に検査を受けるB群溶血性連鎖球菌(GBS感染症)とは?胎児への影響は?

妊婦健診では、性感染症を含めて、さまざまな検査が行われます。これは、ママが細菌や …

妊娠36週は少しずつ体調が回復!気晴らしに出かけるのも○

ママも赤ちゃんも出産の準備を終え安定しやすい時期! 妊娠36週は臨月となります。 …

その吐き気、つわりじゃないかも!?逆流性食道炎という病気をご存知ですか

逆流性食道炎の症状や原因や解決策についてお話しします つわりも終わって、ホッとひ …

突然どうして!?悩ましい妊娠中のげっぷを抑える方法とは

げっぷというと、マナーが悪い、品がない、などマイナスなイメージが強いですよね。そ …

ママと赤ちゃんの命を脅かす!急性妊娠脂肪肝とは?

予防法がない!?早期発見が重要な急性妊娠脂肪肝について知っておきましょう “急性 …