ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

産休を取る人へ応援の言葉を伝えたいけど、メッセージの内容はどんな風に書いたらいいの?

   

仕事と育児を両立したいと願う人にとって、産休とはとても嬉しい制度です。

しかし、育児休暇なども合わせると結構な日数になってしまったりと、産休を取る側は実はとても周りに気を使ったりしているものですし、自分自身がしばらくの間、仕事から離れてしまうことで、不安も感じてしまいがちだと思います。

今回はそんな、産休をこれから取る方へ向けたメッセージや応援など、産休を取る女性の状態について詳しくまとめてみましたので、ご紹介していきたいと思います。

産休に入る女性の状態は人によって異なるの?

妊婦さんで取る人の多い「産休」ですが、その妊婦さんによって、状態は異なるものです。産休自体の期間は、「出産予定日を含めた産前6週間~産後8週間まで」とされています。

例えば産休に入る前の女性ですと、妊娠後期といって、かなりお腹も大きくなっている状態で、重たいものを運ぶのも一苦労だったり、腰に負担がかかっていたり、階段の昇り降りに時間がかかったりしてしまいます。

この時期は体調がとっても良くて全然働けちゃうよ!という女性もいれば、後期のつわりがひどく、働くのに一苦労・・なんて人もいるそうです。同じ妊娠でも、体調の状態などには個人差があります

メッセージを書く上でのコツや、書いてはいけない話題などはあるの?

これから産休に入る女性への応援やメッセージについてですが、まず考慮したいのは「プレッシャー」をかけないこと

産休を取る側は、しばらく仕事から離れてしまうことで、周りに迷惑をかけてしまうなどの心配や、みんなにあんまりよく思わないだろうな・・とネガティブな気持ちになっている可能性が高いものです。

そんな女性相手にプレッシャーがかかるような言葉は控えましょう。

また、書くべきではない話題としては、退職を感じさせてしまうような、「元気でね」「今までありがとう」などの、さよならの意味を持たせてしまう言葉は、精神的にネガティブにもなりやすい妊婦さんにとっては、大ダメージを受けてしまいがちです。

そして、過度な期待を込めた言葉なども控えましょう。あまり期待を込めたメッセージを送りすぎると、その期待通りに出来なかったら・・と、妊婦さんは思いつめてしまうかもしれません。

あまり親交の深くない人へ贈るメッセージはどんなものがいい?

あまり親交の深くない人へ贈るメッセージの場合、馴れ馴れしい表現などは避けるべきでしょう。しかし、他人行儀過ぎても、心がこもってない文章になってしまいます

もしも、先輩へ向けてメッセージを贈る場合でしたら、日ごろの感謝を忘れないメッセージを加えつつ、「また一緒にお仕事出来る日を楽しみにしていますね!」などの言葉があると良いですね。

後輩でしたら、「これまで頑張ってくれてありがとう。産休が終わったらまた力を貸してほしいから、ずっと待ってるからね!」など、必要とされていると感じられる文章は、後輩も嬉しいはず。

親交は深くないけど同僚で敬語なども特に必要ない場合は、フランクにお祝いの言葉を伝え、「また一緒に仕事しようね!まずは無理せず身体に気をつけてね!」などの言葉が添えられると、相手も嬉しいでしょう。

メッセージカードはどんな種類を選んだほうがいいの?

産休を取る女性へメッセージを贈る場合、メッセージカードをどんなものにしたらいいのか迷ってしまいますよね。

その女性が好きな色や、好きなキャラクターのカードなんかを使うのも、喜んでもらうための手段の一つ。また、淡い色なんかも優しさを感じられるので、良いかもしれません。

いずれにせよ、その妊婦さんと自分の関係性も考慮しつつ、先輩が相手なら「白」など、考えて選びましょう。

そして、妊娠中はなにかと妊婦さんはデリケートになっていますので、ギラギラとした派手目のカードは避けて、出来るだけシンプルなものを選ぶことが無難で、失敗がないでしょう

また、みんなで一つの色紙なども、気にならない妊婦さんは良いですが、みんないっせいのメッセージを一度に見ることで、かなりプレッシャーを感じてしまうかもしれません。

妊娠中は本当に繊細になりがちですので、かける言葉も優しみのある言葉にしてあげて下さいね

プレッシャーをかけすぎないように、いつもの調子で見送りましょう

このように、産休を取る方へメッセージを贈る際には、その産休を取る女性と自分自身との関係性も大切になってきます。

しかしいずれにせよ共通して言えることは、決してプレッシャーをかけないことと、その妊婦さんがリラックスして出産に臨めるよう、送り出してあげること。そして、産んだあとに、仕事に対する意欲を取ってしまうような言葉は控えましょうね。

優しさ溢れるメッセージや、勇気づけられるメッセージひとつひとつによって、妊婦さんは勇気をもって出産へ向かえます!

  関連記事

妊娠36週は少しずつ体調が回復!気晴らしに出かけるのも○

ママも赤ちゃんも出産の準備を終え安定しやすい時期! 妊娠36週は臨月となります。 …

実は妊婦さんに多い氷食症!病気の原因と対策方法とは?

妊娠すると様々な不快な症状や病気にかかってしまう事があります。つわりや腰痛、鉄欠 …

無理は禁物!妊娠後期のお腹の張り

張りが不自然なときは病院へ! 妊娠中期にお腹の張りを感じることは通常あまりありま …

妊娠後期はこのマタニティヨガのポーズで乗り切ろう!

妊娠後期で動きづらくなったらマタニティヨガで気持ちよく体を動かそう どんどんお腹 …

ママと赤ちゃんの命を脅かす!急性妊娠脂肪肝とは?

予防法がない!?早期発見が重要な急性妊娠脂肪肝について知っておきましょう “急性 …

正産期と臨月は違うの?正産期はどんな風に過ごしたらいい?

出産予定日が近づくと、妊婦健診が週1回になります。これは、出産に備えるために、マ …

妊娠高血圧症候群のママは注意!命に関わる子癇発作のことを知っておこう

妊娠中の女性におこる病気の中に、「子癇発作」があります。特に、妊娠高血圧症候群に …

妊娠中に働ける期間はいつまで?気を付けることは?妊娠と仕事のお悩み大解決!

仕事をしている妊婦さんにとって気になるのが、「いつまで働くか」ということ。妊娠中 …

いよいよ臨月!ママはどんな生活をするべき!?

ついに臨月!長かったマタニティライフもあと少しでおしましです。待ち望んだ赤ちゃん …

妊娠中の気になる便秘や下痢にはオリゴ糖が効くって本当?

妊娠中の消化器のトラブル、特に便秘や下痢のトラブルは少なくありません。それは赤ち …