ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

赤ちゃんの動きが激化し最も激しく胎動を感じる妊娠29週

   

おなかで足元が見えにくくなるので注意しよう

3b3acc6cc2c5f40087cc46c4bcab4a57_s

妊娠29週は妊娠8ヵ月の2週目、妊娠後期(8~10ヵ月) 最初の月にあたります。おなかの上からでも胎動がわかるほどになるのですが、徐々に落ち着いていくので、赤ちゃんに会えるのを楽しみにすごしましょう。

ママも赤ちゃんも体重が増えていく時期ですので、体重管理、栄養管理がこれまで以上に必要となります。あと10週と思ってがんばりましょう。

母体の変化

妊娠29週は最も胎動が激しくなりその刺激でおなかが張ります

最も胎動が激しくなるので夜も寝られないという人は、昼間でも眠気があったときに軽く睡眠を取るようにしましょう。おなかの張りがひどくても、それを我慢して立ち仕事続けると早産の原因となってしまいます。

辛い時はすぐに休憩を取るようにし、張りがひどすぎる、安定したと思ったらまた張るなどの場合は、おなかの中でトラブルがおこっているかもしれませんので、すぐに産婦人科に相談しましょう。マッサージをするや加圧靴下などを履く、水分を小まめにとるなど血流を良くする事はむくみ対策になります。

切迫早産の原因や対策は?早産のリスクを回避するために知っておきたいこと | ハグー!
切迫早産になると早産のリスクが高まります!原因や対策を知っておきましょう 切迫早産とは、正期産と呼ばれる時期よりも早い…

おなかは前に大きくなり足元が危険に

子宮底長は26~35cmになり、子宮底はみぞおちまで達します。おなかは前に大きくせり出して、おなかの中の羊水量も最大になり、足元が見えにくくなります。いつもより注意して行動するようにしましょう。

妊娠高血圧症候群の症状や原因は?予防や対策を知ってならないように気をつけよう | ハグー!
妊娠高血圧症候群と妊娠中毒症の違いや、なりやすいタイプなどを理解しよう 妊娠中毒症が、時代の変化と共に妊娠高血圧…

後期に体重増加すると妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病などにかかるリスクが高まります。太りすぎていると、出産に半日以上掛かり、母体が危険な状態になることもあります。しっかりと体重管理をしていきましょう。

妊娠糖尿病とは?赤ちゃんに与える影響や治療法も確認 | ハグー!
血糖値が高くなると危険!妊娠糖尿病について知りましょう 普段から生活習慣病の予防に力を入れているという方が増えています…

胎児の変化

赤ちゃんはママに気持ちを察知できるようになってきます

赤ちゃんは妊娠29週目で体長3400~420mm、体重は1,100~1,500gまで成長します。記憶や感情が発達するので、ママの感じる刺激やストレスを赤ちゃんも一緒に感じています。

29週の赤ちゃんはママとのつながりが強くなる!

  • 脳:「脳回」と呼ばれる表面のシワができるようになり、記憶や感情が芽生える
  • 骨:骨髄で赤血球がつくられはじめる
  • 目:開閉ができるようになり、ものを見る練習をする
  • 神経:モロー反射や吸い付き反射がはじまる
  • 皮膚:一部を除いて、体を包む柔らかい産毛が消える
  • 足:爪が完成

妊娠29週に気をつけたいポイント

体重増加の目安

妊婦さんが1日に摂取した方がいいカロリーの目安は非妊娠時より400~500kcalほど多い2,200~2,400kcalになります。妊娠中はホルモンの影響で太りやすいので食べ過ぎには気をつけ、バランスの良い食事をとるようにしましょう。

理想とされる体重の増加は1週間で300グラム、1ヶ月で1~1.5kgとされています。妊娠後期はリスクを避けるため8~10ヵ月の3ヵ月間で3kgほどの増加にとどめたいところです。

カンジダ膣炎

カンジダ膣炎とは、「カンジダ」という膣内にいる弱い雑菌が増えすぎた状態で、おりもの増加とかゆみがお間の症状とされています。この時期は、出産に向けて膣が柔らかくなり産道が開いてくるので、おりものの量が増えたと感じる人が多くなってきます。

妊娠中は膣内がアルカリ性に傾き抵抗力が弱っている時期なので油断するとカンジダ膣炎にかかることがあります。清潔にするために群れないような対策や、汚れたままにならないような対策が必要です。おりものシート利用するのもいいでしょうし、下着が汚れたら変えられるよう用意するなどもいいでしょう。

カンジダ膣炎にかかると、外陰部や膣内に痒みがあったり、膣からポロポロとした質感の白いカスが出てきたりします。おりものは白色や黄緑色に変化します。出産の際に赤ちゃんにカンジダ膣炎が感染すると、おむつかぶれの原因や舌に白いカビができる原因になります。おかしいと思ったら、早めに産婦人科に相談し治療しておきましょう。

妊娠中はカンジダ膣炎になりやすい!?予防法や対策を知ってならないように気をつけよう | ハグー!
妊娠中は特にこのカンジダにかかりやすいので注意が必要です! 女性にとって、結構悩んでいる人も多いのがカンジダ膣炎ではな…

赤ちゃんはおなかの中にいた頃の話を覚えてる?

幼い子供が、ママのおなかの中にいたときの話をする現象がたまに見られますが、その記憶がこの頃のものだといわれています。この頃の赤ちゃんは喜怒哀楽などの感受性も豊かになって、記憶も出来るので、ママのおなかの中にいた頃の話を覚えていることもあります。ストレスのある会話などはやめ、楽しい会話を心がけましょう。

逆子体操をしてみよう

8ヵ月ならまだまだ子宮内で動くスペースがあるので、定期健診の際に逆子を指摘されても、次第に頭位になってくる胎児が多いと言われています。しかし逆子が心配なママは、逆子体操を試してみてはいかがでしょうか。

「逆子体操」は逆子を改善できる?その方法や取り入れる時期とは? | ハグー!
みなさんは逆子体操というものをご存知でしょうか?本来胎児の頭は子宮の方を向いていますが、逆子の場合は頭の向きが子宮と反対…

  関連記事

臨月のおりものの変化ってどうなるの?どんな時は注意すべき?対処やポイントについて

臨月のおりものには様々な変化があります。ただし、必ず変化があるわけじゃないので変 …

貧血に注意したい妊娠35週!早産しやすい時期なので気を付けて

この時期におきやすい身体の変化とは?貧血予防策も実践しましょう 妊娠35週はそれ …

プレママ必見!HELLP(ヘルプ)症候群とは?ママと命を守る鍵は早期発見

妊娠中の女性はぜひご一読を!HELLP(ヘルプ)症候群の症状や原因を知ろう HE …

妊娠中にリステリア菌に感染すると大変?お腹の赤ちゃんへの影響は?

妊娠中に感染すると、お腹の赤ちゃんに悪影響が及ぶ細菌やウイルスがいくつかあります …

早産は遺伝する?早産を防ぐための対策や注意点とは

早産について心配している方の中には遺伝についても不安を抱えている方もいます 妊娠 …

出産を控えた妊娠後期だからこそ、やっておきたいお出かけには、どんなものがあるの?

現代は共働き家庭が多くなっていますから、妊娠後期に入って産休をとることで、ようや …

出産時におこる重篤なトラブル、羊水塞栓について知っておこう!

妊娠生活が順調だったからといって、出産時にトラブルがおこらない保証はありません。 …

突然どうして!?悩ましい妊娠中のげっぷを抑える方法とは

げっぷというと、マナーが悪い、品がない、などマイナスなイメージが強いですよね。そ …

胎動が激しいのは赤ちゃんからのSOS!?その理由と対処法とは?

胎動が激しさを増す日は本当に突然やってきます。ポコポコする可愛らしい胎動も束の間 …

妊娠中に検査を受けるB群溶血性連鎖球菌(GBS感染症)とは?胎児への影響は?

妊婦健診では、性感染症を含めて、さまざまな検査が行われます。これは、ママが細菌や …

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss