ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

これまで以上に様々な諸症状がでてくる妊娠31週目

   

来週からいよいよ妊娠9ヵ月!だからこそ慎重に

woman-356141_640

妊娠31週は妊娠8ヵ月月の4週目、妊娠後期(8~10ヵ月)の最初の月が終わるころです。「もしや陣痛?」と思うような子宮の収縮が頻繁におこり始め、少し緊張気味の方もいるのではないでしょうか?

ストレッチやマッサージやちょっとした工夫で症状を改善しながら出産まであともう少しの時間を楽しみましょう。

母体の変化

妊娠31週はいろいろなことがおこりちょっと緊張しがちに

31週目あたり血液量が最大になり、妊娠高血圧症候群になってしまうこともあるので栄養バランスの取れた食事をとりましょう。32週を過ぎると、自然と血液量も落ち着いてきます。

胎動が減ってきて不安になりますが、赤ちゃんが子宮いっぱいに成長し、出産に向けて準備を整えているからです。ただし、「昨日までは元気に動いていたのに、今日は丸一日胎動を何も感じない」ときは赤ちゃんに何か異常がおこっているかもしれません。すぐに産婦人科へ連絡してください。

むくみもおきやすいですので、定期的に水分を取ったり、マッサージをおこなったり、ストレッチをおこなったり足を上げて寝たりなどしてみましょう。

妊娠高血圧症候群の症状や原因は?予防や対策を知ってならないように気をつけよう

動悸や息切れを感じやすく、妊婦さん特有の姿勢に…

子宮底長が28~35㎝になり、おなかが大きくなることで横隔膜への圧迫感が増し、動悸や息切れを感じやすい時期です。大きいおなかを支えるため反った姿勢になりがちですが、腰に負担がかかり腰痛の原因になるので正しい姿勢をつるように心がけましょう。

体重は妊娠前と比べて5~8Kgほど増えている方が多いですが、ほぼ増えてない人もいます。胎児に血液が行き渡るようにするためと、分娩時の大量の出血にも耐えられるようにするために体をめぐる血液量は非妊娠時の1.5倍になります。

今日からスタートできる「妊婦体操」のメリットと方法とは?

胎児の変化

赤ちゃんはふっくらしてきて生まれたての新生児のような外見に

赤ちゃんは妊娠31週目で体長420~440mm、体重は1,300~1,900gまで成長します。 体重がどんどん増え脂肪もついて生まれたての新生児と変わらないくらいの外見に成長し、表情も豊かになってきます。たとえ早産になったとしても、脳や肺、消化器官以外の臓器は完成しているので、健康に成長できる可能性は高いです。

妊娠31週目赤ちゃんにはどんな変化が?

  • 頭:髪の毛が長くなる
  • 脳:発達しきっていないところもある
  • 足:爪が完成する
  • 臓器:循環器や消化器、泌尿器などほとんどの臓器の機能が充実する
  • 肺:ほとんどの機能は完成
  • 耳:聴覚はほとんど完成

妊娠31週に気をつけたいポイント

ママの体重管理を厳しくしすぎて低体重児にならないように

出生体重が2500g未満の新生児を低体重児、またその中でも1500g未満を極低体重児、1000g未満を超低体重児といいます。低体重児になると生命機能が未熟により、高確率で合併症や感染症などになります。

ママの体重管理は必要ですが、あまりに厳しくしすぎると胎児に栄養が届かず発達が遅れてしまいます。まずは赤ちゃんが順調に育つことを第一に考えて行動するようにしましょう

出血に気をつけよう

妊娠によるホルモンバランスの変化の影響で、鼻血や歯茎から出血がおこることがあります。血が出るというのはやや物騒ですが、このころにおこる生理現象のひとつで、異常ではありません。しかし、以下のような症状がある場合や気になることがある際にはすぐに産婦人科に相談しましょう。

  • 頻繁に出血がある
  • 大量に出血する
  • 吐き気
  • 立ちくらみ

前駆陣痛と切迫早産ってどうちがう?

「前駆陣痛」とは、妊娠31週目頃からときどきおこるおなかの張りのことで、本陣痛の予行演習です。妊娠36週目頃から出産にむかっていっそう頻繁におこるようになります。おなかの張りが不規則で間隔が安定しないのが特徴で時間と共に段々収まっていきます。

長時間のフライトを予定しているときはバシネットが必要?予約方法は? | ハグー!
パパやママの実家が遠方だったり、家族で海外旅行に出かけるときに、飛行機を利用することになります。 フライトが長時間になる場合、ずっと赤ちゃんを抱っこし続けることになります。そんなときに利用したいのが、「バシネット」です。 そこで今回は、赤ちゃん連れのフライトで利用できるバシネットとは何か、どの座席でも使えるのか、利用するにあたってのメリットとデメリットなどについて、お話しします。ぜひ、参考にしてみてくださいね。 バシネットって何?どこでも使えるの? バシネットとは、飛行機内で利用する、乳幼児向けの簡易ベッドのことをいいます。 ベビーベッド、あるいはキャリーコットと呼ばれることもあります。 使用できるのは2歳ころまでで、身長が65~85cm、体重が10~15kgくらいというのが目安ですが、規定は航空会社ごとに異なります。国際線で利用される飛行機には、ほぼバシネットが用意されていますが、国内線にはないことが多いです。 また、航空会社や飛行機の規模により、使用できる数に限りがあるので、事前に予約しなければなりません。また、バシネットはどの座席でも使えるわけではないので、ギャレーに近い、スクリーンがあり、前方に席がないバルクヘッド席に設置することが多いです。座席についても、事前に確認しておくのが基本です。 バシネットのメリットとデメリットとは? バシネットを利用するメリットとしては、ママやパパが抱っこするのではなく、赤ちゃんを寝かせることができること、最前列に設置されることが多いので、着陸後にすぐに下りられること、無料で使えることがあげられます。 一方のデメリットとしては、赤ちゃんの寝相が悪い場合は、ベルトをしていても危ないこと、バシネットを設置する最前列は足元に荷物が置けないこと、当日までバシネットが利用できるかどうかが確定できないケースがあること、赤ちゃんがバシネットを嫌がる場合があることがあげられます。 1人で座れる年齢であれば、普通席に座らせた方が広いですし、事前に座席を確定できるので、バシネットは使わないという選択肢があります。 その場合は、赤ちゃんが眠ってしまったときに横にすることができませんし、2歳未満はチャイルドシートが必要で、航空会社によってはレンタルできないこともあります。そして、座席を用意するので小児料金が必要になります。 バシネットを予約する方法は?

「切迫早産」はおなかの張りとともに子宮口が開き、破水する、出血があるなどの症状があり、安静にしてもおなかの張りがおさまりません。すぐに産婦人科に連絡し指示を仰ぎましょう。

切迫早産の原因や対策は?早産のリスクを回避するために知っておきたいこと

入院準備はお早めに

9ヵ月に入ったらいつ生まれてもおかしくありません。入院する準備をして、荷物はまとめてすぐに持っていけるようにしておきましょう

赤ちゃんの退院用の服やおくるみも用意しておき、パートナーや親に場所を教えておきましょう。体調のいい日を選んで、産後のアイテムの足りないものを揃えておけば、安心して出産を迎えることができますね。

これだけは用意したいもの、あれば便利なもの、出産入院持ち物リスト

外出するときには持っていこう

散歩、買い物など一人で出かける場合には、母子手帳と健康保険証と診察券は忘れずに。万が一何かあった場合、母子手帳に気がつかない人もいるので、カードに以下のことを書いて一緒に持っていくと安心です。

  • 氏名 年齢 生年月日 血液型
  • 出産予定日
  • 出産予定の産婦人科名
  • パートナーや親など連絡してほしい電話番号など
  • 備考(多胎であるなど)

  関連記事

産休中の気分転換にもなる!簡単ですぐできる赤ちゃんの小物作り

不器用でも赤ちゃんの小物作りはできるのでしょうか? お仕事をされている妊婦さんは …

妊娠39週目は睡眠不足や突然の破水に注意して過ごしたい

妊娠39週の特徴とは?体重管理は産まれるまで必要です! 妊娠39週目になると子宮 …

睡眠不足になりやすい妊娠33週!体重管理にもより一層注意して

体重管理&体調管理を!前駆陣痛についても注意しておく必要があります 妊娠33週目 …

実は妊婦さんに多い氷食症!病気の原因と対策方法とは?

妊娠すると様々な不快な症状や病気にかかってしまう事があります。つわりや腰痛、鉄欠 …

妊娠高血圧症候群の症状や原因は?予防や対策を知ってならないように気をつけよう

妊娠高血圧症候群と妊娠中毒症の違いや、なりやすいタイプなどを理解しよう “妊娠中 …

妊娠28週目はいよいよ妊娠後期に突入足元が見えにくくなるので転倒に注意して

おなかが大きくなりママの身体の負担も大きくなってきます 妊娠28週は妊娠8ヵ月の …

胎動が激しいのは赤ちゃんからのSOS!?その理由と対処法とは?

胎動が激しさを増す日は本当に突然やってきます。ポコポコする可愛らしい胎動も束の間 …

臨月に出血や破水がおこることがある?そのときの対処法は?

妊娠10カ月目に入ると、「臨月」といわれるようになります。このころから、2週間に …

妊娠中にママの寝返りが赤ちゃんに影響するって本当?

寝返りは誰もが睡眠中に無意識に行っているもので、それは妊娠中でも変わりません。特 …

妊娠後期は下痢しやすい!?その原因と対処法とは?

妊娠中はホルモンバランスが変化するので、下痢がおこりやすいものです。そして妊娠後 …