ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠32週は食欲不振に注意!初乳も出る?気になる母体や胎児の変化は?

   

pregnant-244662_1280

妊娠32週を迎えると注意してほしいのが食欲不振です。妊娠32週といえば、妊娠9ヵ月目ということになります。この時期は体調に大きな変化が現れやすく、その中には食欲不振や初乳が現れる人もいるそうです。

まずはそういった体の変化に対して、できるだけ安静に過ごすことがたいせつでしょう。もうすぐ臨月になるため、辛い症状を感じている方もあと少し辛抱すれば落ち着くはずです。

そこで今回は、妊娠32週目に注意しておきたいことや、知っておきたい体の変化について、ご紹介していきましょう。

母体の変化

では妊娠32週目に入ると母体にはどんな変化がおこるのでしょうか、詳しくご紹介していきましょう。

初乳が出ても慌てずに

妊娠32週は乳腺が発達する時期でもあります。そのため出産まで時間があっても、この時期に初乳が出る方も珍しくありません。

慌ててしまう方もいますが、ママの体が赤ちゃんを産んだ後の準備をしているという証でもあるため、少しずつマッサージを始めていきましょう。こうすることにより分泌液である初乳がでやすくなります。

おっぱいマッサージの時期や方法、効果や注意点を知りましょう!

また、とてもお腹が大きい時期なので、毎日の生活では段差があるところにできるだけ近づかないなどの注意が必要です。体勢によっては足元が全く見えなくなってしまうため、転ばないようにしましょう。

お腹が大きくなってバランスがとりにくい!もしも転んでしまったらどうする?妊婦さんの転倒防止対策とは?

そしてヒールのある靴を避けるのはもちろんのこと、歩きやすい靴を選んだり、階段を上り降りする際には手すりを使うように心掛ける安全ですよ。

食欲不振に注意

ママが感じる大きな変化として食欲不振の問題があげられます。何となくお腹がすかない気がする、お腹がすいているのに食べる気がおきない、といった症状があるので、消化に良いものや無理なく食べられるものを口にしましょう。

後期つわりっていったい何!?その症状や正しい乗り越え方とは?

これは子宮が大きくなったことにより、胃腸が圧迫されたことが関係しています。また小食は便秘も招いてしまうため、あまり食欲がなくても便秘解消に効果がある食物繊維を含んだ野菜などを積極的に摂ることが大切です。

そして、この時期はおりものに悩まされる妊婦さんも増えます。母体が赤ちゃんを産むための準備を始めたことが関係しています。

ですので下着をこまめに交換したり、おりものシートを使うなどして対応を取りましょう。しかし、おりものが増えたこと自体に問題はないですが、色や状態に異常がある方は一度診察を受けましょう

例えば、匂いがきつかい血がまじっている、などの場合は何らかの異常が発生している可能性が高いです。

臨月のおりものの変化ってどうなるの?どんな時は注意すべき?対処やポイントについて

胎児の変化

それでは次に胎児の変化としはどんなことがおこるのでしょうか、詳しくご紹介していきましょう。

赤ちゃんの体重が一気に増える

妊娠32週目の時期は赤ちゃんの体重が増える時期でもあるため、それに伴いママの体重も増えます。これは仕方がない事ではあるのですが、体重管理が適切であるかどうかは常に気をつけておいた方が良いでしょう。

妊娠後期は食事制限も!食事のまちがいって?

しかし体重が増えすぎてしまうと難産に繋がってしまう場合があります。赤ちゃんの体重は1400~2300グラムほどまで大きくなっているのですが、大きくなる時期だからいくら体重が増えても問題がないと考えるのは危険です。

また赤ちゃんの体の変化として、髪の毛や爪が伸び始める頻繁におしっこをする皮下脂肪が増えるといった変化が見られます。

妊娠32週に気をつけたいポイント

この時期に積極的に摂取したい栄養素とは?

では妊娠32週目にはどんな栄養素を進んで取るべきなのか、ご紹介していきましょう。

ビタミンK

妊娠32週目にはビタミンKを積極的に取り入れましょう。これは産後にミルクを作るために欠かせない栄養素です。ビタミンKがあまり取れていないようだと、ミルクが少ししか出ないということになりかねません。

またビタミンKには血液を固める作用があり、不足すると出血が止まりづらくなる恐れがあります。しかしこのビタミンKは妊娠後期に過剰摂取すると、産まれてきた赤ちゃんに高ビリルビン血症などの症状が現れるため注意が必要です。

脳障害をおこすことも!?高ビリルビン血症ってなに?

1日の摂取量として上限はありませんが、目安としては1日150㎍程度が良いとされています。

ビタミンKが多く含まれる食材は以下のものになります。

  • 納豆
  • 鶏もも肉
  • ほうれん草
  • ブロッコリー
  • かぶ
  • モロヘイヤ
  • オリーブ油
  • わかめ
葉酸

32週目は葉酸も大切な栄養素です。32週目を迎えると赤ちゃんの成長と共に、より多くの血液が必要になってママは貧血になりやすいです。葉酸に含まれるビタミンBには赤血球を作る働きがあるので、貧血を軽減する効果も期待できます。

そして厚生労働省では、妊娠後期に必要な葉酸の量を1日480㎍と推奨しています。しかし妊娠後期に葉酸を過剰摂取すると胎児が喘息になるリスクが高いという研究結果があります。これは1日に1000㎍以上の葉酸を継続して摂取した場合のみおこるリスクなので、規定量を守れば問題はありません。

葉酸が多く含まれている食材は以下のようなものになります。

  • ほたて、うになどの魚介類
  • ほうれん草、枝豆、モロヘイヤ、などの野菜
  • まいたけ、エリンギなどのキノコ類
  • バナナ、いちご、みかんなどの果物

しかし葉酸は水溶性の成分なので、調理の際に失われてしまうことも多く、食材のみで1日の基準量を満たすのは難しいとされています。

そこで葉酸サプリを併用することで、1日に必要な葉酸の基準量を満たしながら、妊娠中に必要な栄養素を補なってくれます

ママと赤ちゃんの健康をサポートのためにも、今からでも遅くない葉酸サプリをはじめてみませんか。


>>妊娠32週からでも遅くない!葉酸サプリで不足した栄養を補おう

妊娠高血圧症候群にも注意しよう!

また臨月を迎える妊娠後期には、新たな母体や胎児の変化と共に注意すべき病気もあります。

妊娠高血圧症候群は高血圧などにより、尿タンパクが出るむくみ体重増加などいろいろな症状がみられます。放置すると赤ちゃんの発育不全などに繋がってしまうこともあるので、状態を改善できるよう努力しましょう。しかし妊娠高血圧症候群の発生原因は、未だに判明していないので予防は難しいです。

妊娠高血圧症候群の症状や原因は?予防や対策を知ってならないように気をつけよう

ただし肥満体型の方や高齢での出産の場合は、妊娠高血圧症候群を発症する確率が高くなるので、血圧が上がるものを控えるなどして対策を取ることが大切です。

上記で紹介した症状などに注意しながら、栄養をしっかりと摂取して元気な赤ちゃんを出産しましょう。

  関連記事

赤ちゃんの周りには危険がいっぱい!安全なお部屋作りとは

赤ちゃんを危険な目に合わせないための安全なお部屋作りの工夫とは? 赤ちゃんを迎え …

もしかして病気かも!?妊娠後期のめまいは血圧に注意して!

臨月も間近になってくると、待ちに待った赤ちゃんとの出会いに期待でいっぱい!…です …

産休を取る人へ応援の言葉を伝えたいけど、メッセージの内容はどんな風に書いたらいいの?

仕事と育児を両立したいと願う人にとって、産休とはとても嬉しい制度です。 しかし、 …

お腹が大きくなってあばら骨が痛い!原因や対策は?

あばら骨が痛いと精神的なストレスに繋がってしまうことも…。対策などをご紹介 妊娠 …

臨月に眠いのは何が原因?そんなときにおすすめの過ごし方は?

臨月とは、妊娠36週0日から39週6日までを指します。出産が間近となり、期待と不 …

臨月に出血や破水がおこることがある?そのときの対処法は?

妊娠10カ月目に入ると、「臨月」といわれるようになります。このころから、2週間に …

妊娠高血圧症候群のママは注意!命に関わる子癇発作のことを知っておこう

妊娠中の女性におこる病気の中に、「子癇発作」があります。特に、妊娠高血圧症候群に …

妊娠中にママの寝返りが赤ちゃんに影響するって本当?

寝返りは誰もが睡眠中に無意識に行っているもので、それは妊娠中でも変わりません。特 …

妊娠後期に行われるNST(ノンストレステスト)が必要な理由

妊娠後期に必ず受けることになる検査に、NST(ノンストレステスト)があります。ベ …

手のしびれ、病気かも!?妊婦さんにも発症しやすり手根管症候群って知ってますか?

妊婦に多い手根管症候群の症状や原因・予防策を理解しておきましょう “手根管症候群 …