ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠32週は食欲不振に注意!初乳も出る?気になる母体や胎児の変化は?

   

pregnant-244662_1280

妊娠32週を迎えると注意してほしいのが食欲不振です。妊娠32週といえば、妊娠9ヵ月目ということになります。この時期は体調に大きな変化が現れやすく、その中には食欲不振や初乳が現れる人もいるそうです。

まずはそういった体の変化に対して、できるだけ安静に過ごすことがたいせつでしょう。もうすぐ臨月になるため、辛い症状を感じている方もあと少し辛抱すれば落ち着くはずです。

そこで今回は、妊娠32週目に注意しておきたいことや、知っておきたい体の変化について、ご紹介していきましょう。

母体の変化

では妊娠32週目に入ると母体にはどんな変化がおこるのでしょうか、詳しくご紹介していきましょう。

初乳が出ても慌てずに

妊娠32週は乳腺が発達する時期でもあります。そのため出産まで時間があっても、この時期に初乳が出る方も珍しくありません。

慌ててしまう方もいますが、ママの体が赤ちゃんを産んだ後の準備をしているという証でもあるため、少しずつマッサージを始めていきましょう。こうすることにより分泌液である初乳がでやすくなります。

おっぱいマッサージの時期や方法、効果や注意点を知りましょう! | ハグー!
出産後にはたくさんの母乳を飲ませてあげることによって赤ちゃんが健康になり、さらにはママとのコミニケーションをとりながら気持ちが安定した日々を過ごすことができます。 多くの母乳を出すために、ママは出産前からおっぱいマッサージをすると良いのですが、始める時期や方法などについて事前に知るようにしましょう。注意点なども把握しておくことで、出産まで穏やかに過ごすことができます。 妊娠初期のマッサージは避ける 妊娠初期から乳房には変化が現れる事がありますが、おっぱいへの刺激が子宮を収縮するさせる働きを持っているため妊娠初期にはマッサージを避けましょう。基本的には妊娠中期以降に少しずつ取り入れていくのが理想的です。 ただし、妊娠中期から後期にかけてマッサージをする際は、お腹に張りが出てしまうことがあればそのまま続けずマッサージを一時的に中断し、張りが治まるまで横になるなどの方法で過ごすようにしましょう。 検診で助産師さんなどからアドバイスを受けることもありますが、わからずに不安なことがあれば直接聞いてみるのも必要です。6ヵ月を過ぎたあたりから張りも強くになってくることがありますので、こうした時にはゆっくりとマッサージをすると良いでしょう。 具体的なマッサージの方法は? おっぱいマッサージの具体的な方法については妊娠中期あたりから乳輪に乳房を刺激することから始めていきましょう。ゆっくりと乳首の付け根に親指、人差し指、中指をあて軽く引っ張りながら根元部分を揉むと良いです。 この方法を繰り返し妊娠後期に入ったら乳房全体をマッサージしましょう。両方の乳房をそれぞれ左右の手で下から支えるようにしたら、親指は乳房の脇に添えて全体的に内側に寄せるようにします。 次に片方の乳房の上下に両手を当てて時計回りにやさしくマッサージしてください。最初は入浴タイムで行うと血行が促進され、乳腺の働きも活発になります。出産後にはマッサージの方法も変わってくるため、ここまでは出産前になります。 産後のマッサージ方法について 出産が終わり、実際に母乳を与えるようになってからは次の方法でマッサージを行う必要があります。乳腺も最大限に活発になり、乳房の張りも強くなりますのでここでも優しく行うことを忘れないでください。

また、とてもお腹が大きい時期なので、毎日の生活では段差があるところにできるだけ近づかないなどの注意が必要です。体勢によっては足元が全く見えなくなってしまうため、転ばないようにしましょう。

お腹が大きくなってバランスがとりにくい!もしも転んでしまったらどうする?妊婦さんの転倒防止対策とは? | ハグー!
転びやすくなってしまう妊娠中!転ばないためにできることを知って対策しよう 妊娠中に気をつけたいことといえばやっぱり転倒です。妊娠していると、お腹に気を取られていることも多いです。 また、体のバランス感覚も変化してきて、いつもできることがふらついてしまったり…。体型も腰に負担がかかったりして転びやすくなってしまいます。 気をつけていても転倒してしまうことはありますし、その場合の対処なども知っておきましょう。 なぜ妊婦さんは転びやすいのか? 妊娠すると転びやすくなったりするのは仕方のないことです。お腹にいる赤ちゃんがどんどん成長していくにつれて体の重心も変化していきます。そのため慣れないうちはフラフラしてしまうことも多く、つまづきやすくなるのです。 妊娠の週が進んでいくにつれてその度に重心が移動していきます。妊娠の中期ごろになると、妊娠する前よりも前後の方向にずれ、妊娠の後期には左右に重心がずれていきます。 体のこういったズレを直そうとして、体のいろんな部位を使ってバランスを取ろうと頑張ってしまいふらついて転びやすいのですね。 万が一妊婦さんが転んでしまったらどうするの? まずは焦らずに落ち着いて様子を見ましょう。横になって安静にしてお腹の様子を観察してみましょう。 出血や破水、陣痛などはないか 胎動がわかる時期であれば胎動があるかないか 子宮の張りの有無 こういった異常を感じる場合はすぐに産婦人科に連絡しておきましょう。症状を伝えた上で受診が必要かどうか、どういう対処をしておけばいいのかなどの指示をもらいましょう。 医師から様子を見るように、と言われても心配な場合には胎動を数えてみましょう。普段と比較して、いつもより赤ちゃんの胎動が少ないなと感じたら病院で診てもらってください。 妊娠中に転倒しないようにするためには? 妊娠中の転倒はママの体にもよくないですし、赤ちゃんとっても大変です。 しかし、転びやすくなってしまうのは仕方ないことなので、そのために日頃から対策することが大切です。 靴はヒールなどが低いもの、できればフラットなもので安定したものを選ぶ ゆっくりと歩くようにする 歩きながら電話したりスマホの操作をしないようにする 自転車には乗らない 滑りやすいところは特に気をつける 滑りやすい靴や履物を避ける

そしてヒールのある靴を避けるのはもちろんのこと、歩きやすい靴を選んだり、階段を上り降りする際には手すりを使うように心掛ける安全ですよ。

食欲不振に注意

ママが感じる大きな変化として食欲不振の問題があげられます。何となくお腹がすかない気がする、お腹がすいているのに食べる気がおきない、といった症状があるので、消化に良いものや無理なく食べられるものを口にしましょう。

https://hugooo.jp/after/post-3628.html

これは子宮が大きくなったことにより、胃腸が圧迫されたことが関係しています。また小食は便秘も招いてしまうため、あまり食欲がなくても便秘解消に効果がある食物繊維を含んだ野菜などを積極的に摂ることが大切です。

そして、この時期はおりものに悩まされる妊婦さんも増えます。母体が赤ちゃんを産むための準備を始めたことが関係しています。

ですので下着をこまめに交換したり、おりものシートを使うなどして対応を取りましょう。しかし、おりものが増えたこと自体に問題はないですが、色や状態に異常がある方は一度診察を受けましょう

例えば、匂いがきつかい血がまじっている、などの場合は何らかの異常が発生している可能性が高いです。

https://hugooo.jp/after/post-11448.html

胎児の変化

それでは次に胎児の変化としはどんなことがおこるのでしょうか、詳しくご紹介していきましょう。

赤ちゃんの体重が一気に増える

妊娠32週目の時期は赤ちゃんの体重が増える時期でもあるため、それに伴いママの体重も増えます。これは仕方がない事ではあるのですが、体重管理が適切であるかどうかは常に気をつけておいた方が良いでしょう。

妊娠後期は食事制限も!食事のまちがいって? | ハグー!
過剰な食事制限は赤ちゃんに悪影響 妊娠初期はつわりがひどかったという人も、安定期に入って食事をおいしく食べれるようになったことでしょう。8か月頃になるとおなかが大きくなってきて胃が圧迫されて再び食事をとりづらくなります。 そして、臨月になると胎盤が下がってくることでまたおいしく食事をとれるようになるのです。 ダイエットには気をつけて 臨月にはごはんもおいしくたべられるのにくわえて、おなかが大きく動きづらくなることで体重が増加します。そのため、お医者さんから食事制限をするように言われることもあります。 妊婦さんの食事制限は、栄養をしっかり摂取しながら体重が増えないようにする必要がありるので難しいものです。通常時のダイエットのような方法では赤ちゃんもママも体調を崩してしまいます。 たとえば、野菜ジュースだけのダイエットや炭水化物を減らすダイエットなどを妊娠前に行っていた人は注意が必要です。妊娠中にこういったダイエットをすると、赤ちゃんにとっては栄養が足りなくなってしまいます。 ママの栄養不足でどんな影響が? ママの体に栄養が足りないと、低体重の赤ちゃんが生まれてしまうこともあります。ママにとっては問題のない範囲での食事制限でも、赤ちゃんには栄養が足りていなかったということがあるのです。 低体重の赤ちゃんは、脳に栄養がゆきわたっていない場合もあります。健康な赤ちゃんを生むためにも、過剰な偏りのある食事制限には気をつけましょう。 また、胎児の頃に栄養が足りていないと、赤ちゃんが大人になった時に生活習慣病になりやすいという研究結果もあります。赤ちゃんの将来のためにも、栄養をとりながら食事制限できるといいですね。 妊婦さんの食事制限おすすめメニュー 妊婦さんにおすすめの食事は、ひじきごはん、鳥肉と根菜の水炊き、緑黄色野菜のおひたしなどです。 ひじきごはんは貧血予防になり、また具の入ったごはんは飲み込む前によく噛むので満足感も得られます。ごはんに混ぜるひじき煮は作りおきもできて便利です。水炊きは体が温まってリラックス効果があるほか、たんぱく質と野菜が十分にとれます。 おひたしも、妊婦さんに不足しやすい鉄分などをとることができます。野菜はサラダでたべるよりも、湯がいたほうが量を多くたべることができるので健康的に栄養をとることができます。

しかし体重が増えすぎてしまうと難産に繋がってしまう場合があります。赤ちゃんの体重は1400~2300グラムほどまで大きくなっているのですが、大きくなる時期だからいくら体重が増えても問題がないと考えるのは危険です。

また赤ちゃんの体の変化として、髪の毛や爪が伸び始める頻繁におしっこをする皮下脂肪が増えるといった変化が見られます。

妊娠32週に気をつけたいポイント

この時期に積極的に摂取したい栄養素とは?

では妊娠32週目にはどんな栄養素を進んで取るべきなのか、ご紹介していきましょう。

ビタミンK

妊娠32週目にはビタミンKを積極的に取り入れましょう。これは産後にミルクを作るために欠かせない栄養素です。ビタミンKがあまり取れていないようだと、ミルクが少ししか出ないということになりかねません。

またビタミンKには血液を固める作用があり、不足すると出血が止まりづらくなる恐れがあります。しかしこのビタミンKは妊娠後期に過剰摂取すると、産まれてきた赤ちゃんに高ビリルビン血症などの症状が現れるため注意が必要です。

脳障害をおこすことも!?高ビリルビン血症ってなに? | ハグー!
新生児におこりやすい病気「高ビリルビン血症」についてご存じでしょうか? 妊娠、出産を乗り越えてようやく出会えた赤ちゃん、その後も元気に育っていってほしいですよね。産後の新生児におこりやすい病気について知っておけば、病気の早期発見、早期治療につながります。 今回は新生児でおこりやすい高ビリルビン血症について、どのような病気で、どのような症状が出るのか、治療方法などについて詳しく紹介していきたいと思います。 赤ちゃんにおきる高ビリルビン血症ってどういうものなの? 新生児には生後数日で黄疸が認められます(生理的新生児黄疸と呼びます)。黄疸とは、血液中にビリルビンという胆汁色素が増加することにより、皮膚や目が黄色くなる状態をいいます。 新生児が黄疸になるのは、生後に不要になった赤血球の破壊が進み、黄疸の原因であるビリルビンが生成されやすいこと、ビリルビンを処理する肝臓の機能が不十分であることなどがあげられます。新生児の場合、通常はそのまま様子観察にて1週間ほどで自然軽快するため問題ありません。しかし場合によっては治療が必要となることがあります。 高ビリルビン血症とは、体の中のビリルビンの値が一定の基準値よりも高くなり、治療が必要な状態の黄疸をいいます。高ビリルビン血症を放置すると、ビリルビンが脳組織に結合して神経障害を残すこともあります。 発見が遅くなると、黄疸が治癒した後も運動発達の遅れが見られたり、脳性麻痺に至ることもあります。 高ビリルビン血症になる原因はなに?どうして新生児はなりやすいの? 高ビリルビン血症になる原因はいくつか考えられます。 まず第一に、ママと新生児の間で血液型が不適合であることから、急激に新生児の赤血球の崩壊がおこり、重度の黄疸を発症することがあります。 ママがO型で子どもがAもしくはB型の場合や、ママがRhD(-)で子どもがRhD(+)の場合に、一部の新生児で発症することが多いです。いずれの場合も、ママの血液中のIgG抗体という免疫グロブリンが、胎盤を介して子どもに移行することで、子どもの赤血球を急激に破壊することが原因となります。

1日の摂取量として上限はありませんが、目安としては1日150㎍程度が良いとされています。

ビタミンKが多く含まれる食材は以下のものになります。

  • 納豆
  • 鶏もも肉
  • ほうれん草
  • ブロッコリー
  • かぶ
  • モロヘイヤ
  • オリーブ油
  • わかめ
葉酸

32週目は葉酸も大切な栄養素です。32週目を迎えると赤ちゃんの成長と共に、より多くの血液が必要になってママは貧血になりやすいです。葉酸に含まれるビタミンBには赤血球を作る働きがあるので、貧血を軽減する効果も期待できます。

そして厚生労働省では、妊娠後期に必要な葉酸の量を1日480㎍と推奨しています。しかし妊娠後期に葉酸を過剰摂取すると胎児が喘息になるリスクが高いという研究結果があります。これは1日に1000㎍以上の葉酸を継続して摂取した場合のみおこるリスクなので、規定量を守れば問題はありません。

葉酸が多く含まれている食材は以下のようなものになります。

  • ほたて、うになどの魚介類
  • ほうれん草、枝豆、モロヘイヤ、などの野菜
  • まいたけ、エリンギなどのキノコ類
  • バナナ、いちご、みかんなどの果物

しかし葉酸は水溶性の成分なので、調理の際に失われてしまうことも多く、食材のみで1日の基準量を満たすのは難しいとされています。

そこで葉酸サプリを併用することで、1日に必要な葉酸の基準量を満たしながら、妊娠中に必要な栄養素を補なってくれます

ママと赤ちゃんの健康をサポートのためにも、今からでも遅くない葉酸サプリをはじめてみませんか。

hugoo_ranking_yousan
>>妊娠32週からでも遅くない!葉酸サプリで不足した栄養を補おう

妊娠高血圧症候群にも注意しよう!

また臨月を迎える妊娠後期には、新たな母体や胎児の変化と共に注意すべき病気もあります。

妊娠高血圧症候群は高血圧などにより、尿タンパクが出るむくみ体重増加などいろいろな症状がみられます。放置すると赤ちゃんの発育不全などに繋がってしまうこともあるので、状態を改善できるよう努力しましょう。しかし妊娠高血圧症候群の発生原因は、未だに判明していないので予防は難しいです。

https://hugooo.jp/after/post-8636.html

ただし肥満体型の方や高齢での出産の場合は、妊娠高血圧症候群を発症する確率が高くなるので、血圧が上がるものを控えるなどして対策を取ることが大切です。

上記で紹介した症状などに注意しながら、栄養をしっかりと摂取して元気な赤ちゃんを出産しましょう。

  関連記事

逆子治療の「外回転術」って一体どんな治療なの?

外回転術のやり方や効果が知りたい! 逆子を治す方法にはお医者さんが行う「外回転術 …

妊娠後期のセックスは避けた方がいい?行うときの注意点はあるの?

妊娠中であっても、夫婦生活をもちたいと思うパパやママがいるはずです。ですが、妊娠 …

破水したらどうしよう…入浴中の破水って気づくもの?万が一破水していたらどうなるの?

赤ちゃんが生まれたら、ゆっくり湯船につかる暇もなく育児に追われることを思うと、今 …

妊娠中に検査を受けるB群溶血性連鎖球菌(GBS感染症)とは?胎児への影響は?

妊婦健診では、性感染症を含めて、さまざまな検査が行われます。これは、ママが細菌や …

妊婦さんがお風呂に入る時の注意点は?妊娠後期だから気を付けたいこと

妊娠中は汗をかきやすいですし、入浴時間が貴重なリラックスタイムという妊婦さんも多 …

妊娠後期は食事制限も!食事のまちがいって?

過剰な食事制限は赤ちゃんに悪影響 妊娠初期はつわりがひどかったという人も、安定期 …

派遣社員でも産休や育休はとれるの?メリットとデメリットは何?

近年は、非正規雇用で働く人が増えています。そのため、派遣社員として働きながらママ …

妊娠後期はこのマタニティヨガのポーズで乗り切ろう!

妊娠後期で動きづらくなったらマタニティヨガで気持ちよく体を動かそう どんどんお腹 …

妊婦さんにおこる、妊娠随伴睡眠障害の原因と対処法とは?

妊娠すると、睡眠リズムが乱れやすくなります。それは、妊娠することで女性ホルモンの …

これまで以上に様々な諸症状がでてくる妊娠31週目

来週からいよいよ妊娠9ヵ月!だからこそ慎重に 妊娠31週は妊娠8ヵ月月の4週目、 …