ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠34週は妊娠線ができやすい時期!他に注意したいことは?

   

ママの体に痛みが発生しやすい時期!妊娠線を含めいろいろなことに注意しましょう

baby-19003_640

赤ちゃんの大きさが2000グラムを超えるのがこの時期です。これはとても嬉しい事ではあるのですが、ママの体には大きな変化をもたらします。

適切な対応を知っておけばあまり不安を感じることなく乗り越えられるはずなので、この時期におこりやすい症状や体の変化についてご紹介します。

母体の変化

妊娠線に注意

赤ちゃんが大きくなることによってママの体にはいろいろなトラブルがおきやすくなります。また、早産をする可能性もあるため、体調の変化にはいち早く気付けるように心がけましょう。

それから、妊娠線ができやすい時期でもあります。何としてでも妊娠線を避けたいと思っている方も多いと思いますが、少し油断していただけて一気に広まってしまうこともあるので注意しましょう。大切なのは乾燥を防ぐということ。保湿クリームなどをたっぷり塗り、予防に努めたいですね。

体のあちこちに痛みが出るように

子宮が大きくなる時期であるため、体の中では様々な内臓が圧迫されています。これにより肋骨や骨盤、背骨、肋骨などいろいろなところに痛みを感じてしまうことがあるのです。痛みの強さや頻度は人によって違いますが、あまりにもひどい場合は病院に相談するなどして対策をとりましょう。

長時間同じ姿勢をとらないようにしたり、痛みを感じる箇所を温めるなどすると症状が和らぎます。人によっては歩くだけで激痛を感じてしまうこともあり、家事やちょっとした買い物に出かけるのも困難になってしまうこともあるため、旦那さんの協力も重要になってくる時期です。痛みがひどい時は無理をするのではなく、横になるなどして安静に過ごすことが大切になります。

胎児の変化

3キロの重りと同じ状態

赤ちゃんの体重は1800~2500グラムほどになり、これによりママのお腹には羊水を含めて3キロ前後もの存在があることになります。

また、それまで大きく感じられていた胎動が少なくなる時期です。これに不安を感じてしまう方もいるかもしれませんが、赤ちゃんが出産の準備をするために頭を骨盤の間におさめたのが理由なので心配は要りません。

ただ、ここで注意しなければならないことがあります。それは、胎動が少なくなるからといって一日中全く動かないわけではないということ。仮に全く胎動がない場合は何らかのトラブルが発生している可能性があるため、病院で診察を受けましょう。

「胎動が少なくなる時期だから」と考えて放置してしまうと危険です。その逆でそれまでと比べて激しく動き回るようになる赤ちゃんもいます。この場合も一度診察を受けてしっかり検査してもらった方が良いでしょう。

妊娠34週に気をつけたいポイント

破水に注意

ある日突然破水してしまい、気が動転してしまう方もいます。また、中には破水を「おりものが大量に出た」と勘違いしてしまい、気づかない方もいるようです

もしも破水してしまった場合は、慌てずに救急車やタクシーを呼びましょう。34週目の出産は早産となる恐れがあるため、できるだけ早く病院に行き、処置を受けることが重要です。

本格的な出産準備を始めよう

妊娠34週目に突入したら様々な準備を整えておきましょう。例えば、この時期までに里帰りを済ませておきたいですね。臨月まであと2週間なので、あまり遅くなってから里帰りをすると体に負担をかけてしまうことがあります。

それから、ウォーキングなどの運動も継続するようにしましょう。この時期は体重が増加しやすいのですが、太りすぎは難産の原因にもなります。体に激しい痛みがある際には無理をする必要はありませんが、調子の良い時間を見計らって少しずつ体を動かすのがおすすめです。

急に破水をしてしまう可能性もあるため、臨月が近づいたら入院準備も済ませておいたほうが安心できます。母子手帳や健康保険証、現金などはひとまとめにしておき、破水がおきた際にも慌てずに対応できるように心がけましょう。

  関連記事

妊娠後期に胃痛がひどい!その原因と対処法とは?

妊娠後期に入ると、胃痛や胸やけを感じる機会が増えます。すべての妊婦さんの約半数は …

胎動が激しいのは赤ちゃんからのSOS!?その理由と対処法とは?

胎動が激しさを増す日は本当に突然やってきます。ポコポコする可愛らしい胎動も束の間 …

妊娠36週は少しずつ体調が回復!気晴らしに出かけるのも○

ママも赤ちゃんも出産の準備を終え安定しやすい時期! 妊娠36週は臨月となります。 …

体重増加に注意!妊娠中毒症の危険も

妊娠後期は掃除で体重コントロール 妊娠後期は、つわりも終わってそれまでよりも食事 …

正産期と臨月は違うの?正産期はどんな風に過ごしたらいい?

出産予定日が近づくと、妊婦健診が週1回になります。これは、出産に備えるために、マ …

逆子治療の「外回転術」って一体どんな治療なの?

外回転術のやり方や効果が知りたい! 逆子を治す方法にはお医者さんが行う「外回転術 …

妊娠後期のセックスは避けた方がいい?行うときの注意点はあるの?

妊娠中であっても、夫婦生活をもちたいと思うパパやママがいるはずです。ですが、妊娠 …

気づけばうとうと瞼が落ちる…臨月につい眠くなっちゃうのはどうして?

とうとう臨月!赤ちゃんと会えるのもあと少し、待ちきれない日々が続いているかと思い …

派遣社員でも産休や育休はとれるの?メリットとデメリットは何?

近年は、非正規雇用で働く人が増えています。そのため、派遣社員として働きながらママ …

妊娠中に働ける期間はいつまで?気を付けることは?妊娠と仕事のお悩み大解決!

仕事をしている妊婦さんにとって気になるのが、「いつまで働くか」ということ。妊娠中 …