ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

貧血に注意したい妊娠35週!早産しやすい時期なので気を付けて

   

この時期におきやすい身体の変化とは?貧血予防策も実践しましょう

82cf8d148c3f74be300a94e6b4475ce9_s

妊娠35週はそれまでと同じく体重管理に気をつけながら過ごしましょう。また、早産しやすい時期だともいえます。

そのため、これまで以上に体調管理に力を入れ、何かあったときに周りからの協力も得られるように声掛けしておくと良いですね。

母体の変化

妊娠35週に注意したいこと

この時期はお腹が張りやすく、いろいろ心配なことが増える時期です。お腹が大きくなりすぎていると医師から注意されることもありますが、食生活や運動などに関してよく相談し、理想的な形で出産に挑めるようにしましょう。

体重管理をするといっても、極端に摂取カロリーを減らしたり、食事制限をするのはやめたほうがいいです。上手なカロリーの取り方なども医師に相談しながら考えていくと良いですね。

また、この時期に小食になる方もいます。これはお腹が大きくなったことにより胃腸が圧迫されているのが理由です。つわりなどが原因で思うように体重が増えていない方が少食になってしまうと栄養不足に繋がってしまうため、摂取カロリーが減りすぎないように気をつけましょう。

痔や尿漏れなど体のトラブルがおきやすい

ママの体におきる変化として、痔や尿漏れといったお尻のトラブルが発生しやすいです。尿漏れは注意していてもおきてしまうことがあるため、生理用ナプキンなどを使って対処しましょう。痔はお腹が大きくなったことにより座って過ごす時間が増えたことが関係しています。こちらも早めに治療しておいた方が良いでしょう。

胎児の変化

大きさと個体差

赤ちゃんの大きさについてですがこれは非常に個体差が大きいです。そのため、周りと比較して悩む必要はないといえます。一般的な体重は2000~2700グラムほどです。たとえこれに該当しなかったとしても他に異常がなければ気にすることなく過ごしましょう。あまり不安になってしまうと、それが赤ちゃんに伝わってしまいます。

赤ちゃんはこの時期になると肺呼吸ができるようになり、様々な器官も完成に近づきます。そのため、たとえ早産になってしまったとしてもそれほど大きな問題がない時期だともいえるでしょう。

妊娠35週に気をつけたいポイント

この時期の出血は早産の可能性が

妊娠35週といえばもうすぐ出産という時期でもあります。体の中では様々な変化がおきていますが、この時期に出血するようなことはほぼありません。もし少量でも出血があった場合は早産の危険性も考えられるためすぐに病院で診察を受けましょう

切迫早産の原因や対策は?早産のリスクを回避するために知っておきたいこと | ハグー!
切迫早産になると早産のリスクが高まります!原因や対策を知っておきましょう 切迫早産とは、正期産と呼ばれる時期よりも早い段階で赤ちゃんが生まれそうになる状態のことをいます。赤ちゃんが生まれてしまった場合には「早産」という扱いになるのですが、「切迫早産」と呼ばれる段階であればまだ生まれてはいないということになるのです。 切迫早産になってしまったとしても、すぐに病院で適切な対処してもらったり、日常生活に注意することで早産が防げるケースもあります。 切迫早産になってしまったからといって必ずしも早産になるというわけではないのですが、妊娠中は切迫早産にならないように注意することが大切です。 切迫早産の原因 妊娠中は様々なことに注意している方が多いかと思いますが、いくら注意していても切迫早産が防げないケースもあります。 例えば、双子以上の多胎妊娠をしている場合や羊水が少なかったり多すぎる場合には切迫早産になりやすいので、検診の際にこのようなことを指摘された場合には十分注意して過ごしていかなければなりません。 また、ママの体の問題として妊娠高血圧症候群や心臓病、腎臓病、糖尿病といった症状がある場合にも切迫早産になりやすいです。 切迫早産の対策 まず、できるだけ疲労を溜め込まないようにしましょう。疲労を溜め込んでしまうと子宮収縮が頻繁におこる状態になり、これが切迫早産に繋がってしまうのです。 医師から切迫早産になりやすい状況にあると言われた場合にはできるだけ体を休めて過ごしましょう。働いている方はぎりぎりまで仕事を頑張ってしまうこともありますが、無理をしないことが大切です。家事などで無理をするのも良くないので旦那さんや家族など、いろいろな人にサポートをお願いしておきましょう。 それから、しっかりとした睡眠を取ることも大切です。睡眠不足は疲れに繋がってしまうだけでなく、ストレスも招きます。どちらも妊娠時の体にとって負担をかけてしまうものであるため、十分な睡眠時間を取りましょう。 夜にまとまった睡眠時間が取れないという方は昼寝などを取り入れるのも良いですね。バランスの良い食生活を心がけたり、体を冷やさないというのも大切なポイントです。 また、一度早産を経験していると次回は切迫早産になってしまう可能性が高いので、早産を経験していることは十分に注意して過ごしましょう。 切迫早産のリスク

貧血に注意

この時期は貧血を感じるママが増えます。これが目まいや貧血、立ちくらみを引きおこしてしまうことがあるので注意した方が良いですね。お腹が大きい状態で目まいや立ちくらみをおこして倒れてしまったら大変です。転倒を防ぐためには少しでも異常を感じたら座って休みましょう

貧血を解消するためには鉄分が豊富な野菜を取り入れるのがおすすめです。ホウレンソウやゴマ、ひじきなどは貧血の改善に効果があるのでこういった食材を取り入れましょう。

  関連記事

プレママ必見!HELLP(ヘルプ)症候群とは?ママと命を守る鍵は早期発見

妊娠中の女性はぜひご一読を!HELLP(ヘルプ)症候群の症状や原因を知ろう HE …

妊娠中に働ける期間はいつまで?気を付けることは?妊娠と仕事のお悩み大解決!

仕事をしている妊婦さんにとって気になるのが、「いつまで働くか」ということ。妊娠中 …

妊娠後期は胃腸炎に注意しよう!原因や症状、胎児へ影響があるかなど詳しく知っておこう

妊娠中は胃腸炎にかかりやすくなるので注意が必要! 妊娠後期に何となく胃が痛い、調 …

ついに正産期に突入する妊娠37週目!この時期の特徴は?

おしるしが見られることも!デリケートな時期なので無理はしないようにしましょう 妊 …

産休中の気分転換にもなる!簡単ですぐできる赤ちゃんの小物作り

不器用でも赤ちゃんの小物作りはできるのでしょうか? お仕事をされている妊婦さんは …

妊娠後期に胃痛がひどい!その原因と対処法とは?

妊娠後期に入ると、胃痛や胸やけを感じる機会が増えます。すべての妊婦さんの約半数は …

出産を控えたママがやっておきたい安産のための準備とは?

妊娠中は、わが子に会える日を待ち遠しく感じると、とてもワクワクしますよね。 です …

妊娠後期は下痢しやすい!?その原因と対処法とは?

妊娠中はホルモンバランスが変化するので、下痢がおこりやすいものです。そして妊娠後 …

臨月にお腹がかゆくなる!妊娠線が出来る前兆?何か予防法はあるの?

臨月に入るとママのお腹はピークに大きくなり歩くのも大変なほどになります。まっすぐ …

逆子治療の「外回転術」って一体どんな治療なの?

外回転術のやり方や効果が知りたい! 逆子を治す方法にはお医者さんが行う「外回転術 …