ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

実は妊婦さんに多い氷食症!病気の原因と対策方法とは?

   

妊娠すると様々な不快な症状や病気にかかってしまう事があります。つわりや腰痛、鉄欠乏性貧血、妊娠高血圧症、氷食症、便秘など人によって様々です。

聞きなれない方もいらっしゃるかもしれませんが、その中でも今回は「氷食症」について見ていきたいと思います。氷食症の原因には様々な理由があげられます。原因によっては予防する事も出来ます。

まずは、氷食症の背景にある原因を調べ、胎児や自分自身に大きな影響が出る前に改善していきましょう

氷食症とはどんな病気?

氷食症とは異食症の一種と言われています。異食症とは栄養が含まれていない、紙や土などを食べたくなる病気です。その名の通り氷を無性に食べてしまいたくなる症状の事です。

夏場でもないのに氷を食べたくなったり、元々アイスクリームや冷たい物が好きでは無かったのに、氷をガリガリ食べてしまうといった場合は氷食症を疑ってもいいでしょう。

氷を食べること自体は体に悪い事はありませんが、食べ過ぎる事によって様々な症状が出ます。体が冷えてしまい肩や首の凝りが酷くなったり、それに伴い偏頭痛がおきます。

その他にも、胃が冷える事により新陳代謝が下がってしまい、太りやすくなります。

氷食症の原因はストレスや貧血などありますが、確固たる原因はまだ分かっていません

どうして妊娠後期の女性に発症しやすいの?

氷食症は誰でもなる病気ですが、特に妊娠後期の女性に発症しやすいのには理由があります。

鉄欠乏性貧血

妊娠後期になるとお腹も大きくなり、赤ちゃんも大きく成長すると、赤ちゃんに送る血液の量も増えます。

しかし赤血球の量は変わらないので、血液の量が薄まり鉄欠乏性貧血になりやすくなります。鉄分が不足すると脳の機能が低下して、体温が上がってしまいます。

ストレスなどの精神疾患

出産が近づいてくると初産でも経産婦の方でも、楽しみと同時に不安になります。そういったストレスによって、自律神経が乱れ体温調節がうまく出来なくなります。

どちらも体温が上がってしまう事によって口の中の温度も上がり、それを下げようとして体が氷を欲してしまい、氷食症になってしまいます。妊娠後期にはこういった鉄欠乏性貧血やストレスを抱えやすいので、氷食症になりやすいと言えます。

赤ちゃんへの影響とは?

氷食症は胎児にも影響があります。どんな影響があるのかを見ていきましょう。

体の冷えによる影響

氷食症で氷を食べ過ぎると妊婦の体が冷え、お腹の赤ちゃんの体温も下がります。そうすると赤ちゃんは自分の体温を上げようとして、体全体に胎脂と呼ばれるクリーム状の脂肪を巻きます。

胎脂を巻いた赤ちゃんは逆子や難産になりやすくなり、出産が大変になる事があります

貧血による影響

母体の貧血が重度になると、赤ちゃんに送る酸素や栄養素も少なくなります。そうすると赤ちゃんが低体重で産まれたり、発育遅延になったりします。

赤ちゃんが健康に産まれたとしても、お腹の中にいる間に十分な鉄が蓄えられないと、生後6ヶ月頃から1歳頃までに、赤ちゃんが貧血になる恐れがあります。他にも母体が貧血になり、急に倒れてお腹をぶつけてしまう事もあります。

氷食症により胎児に及ぼす影響は軽視出来るものではありませんので、特に貧血には注意しましょう

氷食症を防ぐための対処法はある?

氷食症は予防する方法があります。

貧血予防

まずは食事の改善で貧血を予防します。赤血球の素となる葉酸を多く含む卵や牛乳を摂取し、鉄分が多く含まれるプルーンや大豆、レバー、ひじき、ほうれん草などを積極的に摂りましょう。

そして鉄分を吸収しやすくする、ビタミンCも一緒に摂ると効果的です。ビタミンCはオレンジなどの柑橘類や、ゴーヤやブロッコリーなどに多く含まれています。食事だけで改善出来い場合はサプリメントなどで補いましょう。


>>葉酸を効率的に摂取するなら葉酸サプリの利用がおすすめ!

ストレスを溜めない

妊娠中は自分の体の変化も大きく、ストレスも多く感じてしまいがちです。自分のストレス発散方法を知り、溜め込まないようにしましょう。

適度な運動

軽めの散歩やウォーキングなど、適度な運動をして血液の循環を良くしましょう。そうする事で体の冷えも改善し、程よく疲れる事によって夜はぐっすり眠れます。

鉄分をしっかりと摂取しよう

胎児にも影響を及ぼす氷食症ですが、未然に防ぐ事は可能です。しかし、もし氷食症になってしまったら、まずはかかりつけの産婦人科医に相談して下さい

貧血が原因ならば食事のアドバイスや鉄剤など処方してくれますし、ストレスが原因ならば精神科や心療内科などを紹介してもらい、受診するなどの選択も出来ます。

氷食症は未然に防ぐ事が出来るので、貧血予防のために鉄分をしっかり摂取し、ストレスを溜め込まず、より良い妊娠生活を送りましょう

  関連記事

突然どうして!?悩ましい妊娠中のげっぷを抑える方法とは

げっぷというと、マナーが悪い、品がない、などマイナスなイメージが強いですよね。そ …

不快に感じる気持ちの変化は、妊娠後期に訪れる「巣篭もり本能」?

巣篭もり本能は誰しもが持っている 早い妊婦さんだと、妊娠5ヵ月あたりから巣篭もり …

妊婦さんやママが災害にあっても困らないために

2016年にも熊本で、大地震がありました。妊婦さんや赤ちゃん連れのママが、避難生 …

貧血に注意したい妊娠35週!早産しやすい時期なので気を付けて

この時期におきやすい身体の変化とは?貧血予防策も実践しましょう 妊娠35週はそれ …

妊娠中に検査を受けるB群溶血性連鎖球菌(GBS感染症)とは?胎児への影響は?

妊婦健診では、性感染症を含めて、さまざまな検査が行われます。これは、ママが細菌や …

妊娠中にぎっくり腰になるママが多い!その原因と対処法は?

腰痛は、妊娠中のママが悩まされる症状の一つです。ぎっくり腰になると、歩いても痛い …

その吐き気、つわりじゃないかも!?逆流性食道炎という病気をご存知ですか

逆流性食道炎の症状や原因や解決策についてお話しします つわりも終わって、ホッとひ …

正産期と臨月は違うの?正産期はどんな風に過ごしたらいい?

出産予定日が近づくと、妊婦健診が週1回になります。これは、出産に備えるために、マ …

妊娠中にママの寝返りが赤ちゃんに影響するって本当?

寝返りは誰もが睡眠中に無意識に行っているもので、それは妊娠中でも変わりません。特 …

ホルモンバランスが原因も!?臨月を迎えてイライラしがちな時の対処法とは

妊娠が判明すると、個人差はありますが、しばらく苦しいつわりの時期が続きます。それ …