ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

臨月に入ったらスクワットした方がいいって本当?そのメリットとデメリットは?

   

臨月に入ると、いつおしるしが見られたり、破水するかわからないので、自宅で過ごすことが増えるママもいるかもしれません。ですが、普通分娩の場合、出産は長時間にわたりますから、しっかり体力づくりをしておく必要があります。

そして、妊婦健診でお医者さまや助産師さんに、適度に運動するように勧められることも多くなります。そんなときに、スクワットを勧められることが多いのです。

そこで今回は、臨月にスクワットする効果や、メリットとデメリット、正しいスクワットの方法について、お話しします。

臨月にスクワットするとどんな効果があるの?

臨月に運動をすることは、子宮口を開きやすくしたり、股関節を柔軟にすることで、出産を促したり、体力をつける効果があります

そして、スクワットすると骨盤底筋が鍛えられるので、会陰切開しないで経膣分娩できる可能性が高まります。また、初産は始まってから分娩するまでに15時間以上かかることもありますが、スクワットで下半身を鍛えておけば、体力がつきます。

そしてスクワットすると、骨盤を広げることができます。これは、骨盤に力がかかって広がるからで、赤ちゃんが子宮口まで下がりやすくなります。そのため、臨月にスクワットをすると、陣痛を流すことができるのです。

またスクワットは、自宅で場所をとらずに行うことができます。自分のペースで続けやすいので、妊婦さんにおすすめの運動です

臨月にスクワットするメリットとデメリットは?

臨月に入ってスクワットするメリットは、出産を促したり、体力をつけたり、お産をスムーズにすることだと前述しました。では、臨月にスクワットをするデメリットもあるのでしょうか。

これはスクワットに限りませんが、臨月に運動をすることで、破水するリスクを高めることがあげられます。これは、骨盤に負荷がかかり広がっていくように、子宮も開きやすくなってしまうからです。

もし、スクワットしたことで破水したら、すぐに産婦人科に電話をして、病院に向かいましょう。

特に、子宮口が柔らかくなっていたり、子宮頚管が短いといわれているママは、スクワットする前にお医者さまに行ってもよいかどうか、確認するようにしてください

臨月にスクワットする際の正しいやり方とは?

では、臨月のママが正しくスクワットする方法をまとめておきましょう。まず、スクワットは室内の涼しい場所で行うのが基本です。転倒防止のために、壁際やテーブルなど、つかまるところがある場所を選びましょう

まず、壁を背にして立ちます。そのままつま先をまっすぐにして、肩幅より少し広い50cmほど開くように立ってください。壁に頭と背中をくっつけて、背筋を伸ばし、3秒から5秒かけながら、息を吐きながら膝を軽く曲げ、腰を落としていきます。

この際、背中は壁につけたままにして、背筋が伸びていることを意識してください。手は前にまっすぐ伸ばし、状態を安定させます。太ももと床が30~45度になったら、一度その姿勢のままで止めます。

そして、1~3秒かけて、ゆっくり息を吐きながら立ち上がってください。この動きを5回1セットとして、1日最大で3セット行ってください。

臨月にスクワットするときには体調に気をつけて!

臨月にスクワットするとき、やり方を間違えると、恥骨痛や筋肉痛、腰や膝、股関節の痛みが出ることがあります。また、破水してしまう可能性があることも、前にお話ししました。

出産が予定日より早まったり、バランスを崩して転倒するリスクもあります。そのため、めまいがするなど体調がすぐれないときには、スクワットしてはいけません。また、体調がよいからと、何度もくり返すのもよくないのです

臨月に入ってからスクワットすることを考えているなら、必ず妊婦健診でお医者さまに相談し、許可をとってからにしてくださいね

  関連記事

産休中の気分転換にもなる!簡単ですぐできる赤ちゃんの小物作り

不器用でも赤ちゃんの小物作りはできるのでしょうか? お仕事をされている妊婦さんは …

妊娠中にぎっくり腰になるママが多い!その原因と対処法は?

腰痛は、妊娠中のママが悩まされる症状の一つです。ぎっくり腰になると、歩いても痛い …

体重増加に注意!妊娠中毒症の危険も

妊娠後期は掃除で体重コントロール 妊娠後期は、つわりも終わってそれまでよりも食事 …

妊娠してでべそになってしまった!その原因と対処法を教えて!

妊娠後期になり、ますますお腹が大きくなると、おへそがだんだん平らになっていきます …

正産期と臨月は違うの?正産期はどんな風に過ごしたらいい?

出産予定日が近づくと、妊婦健診が週1回になります。これは、出産に備えるために、マ …

破水したらどうしよう…入浴中の破水って気づくもの?万が一破水していたらどうなるの?

赤ちゃんが生まれたら、ゆっくり湯船につかる暇もなく育児に追われることを思うと、今 …

妊娠34週は妊娠線ができやすい時期!他に注意したいことは?

ママの体に痛みが発生しやすい時期!妊娠線を含めいろいろなことに注意しましょう 赤 …

貧血に注意したい妊娠35週!早産しやすい時期なので気を付けて

この時期におきやすい身体の変化とは?貧血予防策も実践しましょう 妊娠35週はそれ …

これまで以上に様々な諸症状がでてくる妊娠31週目

来週からいよいよ妊娠9ヵ月!だからこそ慎重に 妊娠31週は妊娠8ヵ月月の4週目、 …

胎動が激しいのは赤ちゃんからのSOS!?その理由と対処法とは?

胎動が激しさを増す日は本当に突然やってきます。ポコポコする可愛らしい胎動も束の間 …