ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠後期は胃腸炎に注意しよう!原因や症状、胎児へ影響があるかなど詳しく知っておこう

   

妊娠中は胃腸炎にかかりやすくなるので注意が必要!

妊娠後期に何となく胃が痛い、調子が悪いということであれば、もしかしたら胃腸炎かもしれません。

胃腸炎でなくても妊娠後期はそれまで胃痛を感じたことがない方も胃の調子を悪くしてしまうことがあるので体調管理に注意しましょう。

妊娠後期に胃腸炎になる原因

大きな原因として考えられるのが、免疫力が低下しているということです。妊娠後期に限った話ではありませんが、妊娠中は体の中にいる胎児を攻撃しないためにママの免疫力が落ちた状態になっています。

ですが、日常生活の中でちょっとした買い物に出かけるだけでも様々な菌と接触する形になってしまうため、その菌に感染した妊婦さんが胃痛を感じることは珍しくありません。

うがいや手洗いなどをしっかり行うことも大切なのですが、食生活を整えて免疫力の向上に努めましょう。それから、外出する際にはマスクをつけるのもおすすめです。

妊娠後期の胃腸炎の主な症状

特に多い症状として、下痢や吐き気、腹痛があげられます。こういった症状が出た場合には胃腸炎を疑いましょう。

他にも脱水症状がおきてしまう方もいます。症状がひどくて嘔吐や下痢を繰り返していると脱水症状に繋がってしまうこともあるので、水分摂取だけは忘れないようにしましょう。吐き気がひどいとろくに物を食べることもできなくなってしまいますが、無理なく口にできるものを選び、体力を回復させていくことも大切です。

妊娠後期の胃腸炎の胎児への影響

胃腸炎をおこしてしまったからといってそれが胎児に大きな影響を与えるようなことはありません。ただ、症状が長引いたりすると脱水症状に繋がってしまうことも多く、これが原因で体内の血液量が不足してしまうことも考えられます。

そのような状態になってしまうと胎児に十分な栄養が送られないため、場合によっては栄養不足に繋がってしまうこともあるでしょう。胃腸炎になってしまったとしても慌てずに、医師と相談しながら適切な対処を取っていく事が重要になります。

妊娠後期で胃腸炎になったら

症状の軽いものであれば2日ほどで改善するのが一般的です。また、症状の長引く方でもほとんどの場合は1週間ほどで治まるため、重症化するようなことはまずありません。

できるだけ早く状態を落ち着けるためにも改善策についてチェックしてみましょう。

まず、病院についてですが産婦人科に行ってはいけません。妊婦さんが多く集まるところに行ってしまうと移してしまう可能性があるので、内科や消化器科、胃腸科のいずれかにかかりましょう。

また、市販の薬を飲んで治すことも可能です。病院に行ったとしても整腸薬を処方されることが多いので、薬局で整腸薬を購入して飲んでみるのも良いですね。ただ、胃腸炎かどうか判断しかねているという場合には病院で診察を受けた方が安心できます。

ここで注意しなければならないのが、今の症状を無理に抑えるような薬は避けるということです。下痢がひどいからといって下痢止めを飲むようなことはおすすめできません
というのも、下痢や嘔吐といった行動は体内のウイルスを外に排出するための働きであるため、薬によってそれを抑えてしまうとウイルスの排出ができないからです。

次に食べ物についてですが、胃腸炎がおきている際に固形物を食べると胃への負担が大きくなってしまうので、症状がひどい場合は1~2日ほど絶食し、水のみで過ごす形になります。

症状が落ち着いてからおかゆや豆腐、野菜ジュースなどの胃にやさしく消化に良いもの食べ始めると良いですね。

香辛料や塩、醤油、酢、油などは胃への負担が大きいため避けます。このような対策を取りながら少しでも早く胃腸炎の症状が抑えられるようにしましょう。

  関連記事

妊娠36週は少しずつ体調が回復!気晴らしに出かけるのも○

ママも赤ちゃんも出産の準備を終え安定しやすい時期! 妊娠36週は臨月となります。 …

ついに正産期に突入する妊娠37週目!この時期の特徴は?

おしるしが見られることも!デリケートな時期なので無理はしないようにしましょう 妊 …

妊娠38週目は精神的に不安定になることも

前駆陣痛と本陣痛を間違えないように注意が必要な時期! この時期は妊娠37週に引き …

「逆子体操」は逆子を改善できる?その方法や取り入れる時期とは?

みなさんは逆子体操というものをご存知でしょうか?本来胎児の頭は子宮の方を向いてい …

陣痛タクシーの登録って何!?利用のステップ紹介!

陣痛タクシーへの登録で、お産への不安を軽くしましょう! 初めての出産を控えたプレ …

出産時におこる重篤なトラブル、羊水塞栓について知っておこう!

妊娠生活が順調だったからといって、出産時にトラブルがおこらない保証はありません。 …

赤ちゃんの周りには危険がいっぱい!安全なお部屋作りとは

赤ちゃんを危険な目に合わせないための安全なお部屋作りの工夫とは? 赤ちゃんを迎え …

体重増加に注意!妊娠中毒症の危険も

妊娠後期は掃除で体重コントロール 妊娠後期は、つわりも終わってそれまでよりも食事 …

プレママ必見!HELLP(ヘルプ)症候群とは?ママと命を守る鍵は早期発見

妊娠中の女性はぜひご一読を!HELLP(ヘルプ)症候群の症状や原因を知ろう HE …

ホルモンバランスが原因も!?臨月を迎えてイライラしがちな時の対処法とは

妊娠が判明すると、個人差はありますが、しばらく苦しいつわりの時期が続きます。それ …