ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

乳腺炎って何?何が原因でどう対処したらいいの?

   

授乳中のママが悩まされる症状に、乳腺炎があります。乳腺炎になると、乳房が腫れたり、赤くなったり、痛みを感じたり、熱を持つなどして、授乳に支障をきたします。そこで、授乳中のママなら誰でもなる可能性がある乳腺炎の原因や症状、乳がんのしこりとの違い、対処法について紹介します。

早期に対処すれば、自然に回復していくものですが、痛い思いをしないにこしたことはありません。予防の意味も込めて、乳腺炎について理解しておいてくださいね。

乳腺炎の原因は何?どんな種類があるの?

乳腺炎の原因として考えられるのは、姿勢の悪さやきつめのブラジャーをすることでの胸部圧迫赤ちゃんの母乳の飲み方の偏り授乳間隔のばらつき母乳の飲み残しなどです。

乳腺炎は、うつ乳という乳管が軽く詰まって乳腺が腫れて痛む「急性うっ滞乳腺炎」と、乳腺が細菌感染しておこる「化膿性乳腺炎」に大別され、ひどくなると乳房腫瘍まで進むこともあります。

どちらも高熱が出ることが多く、場合によっては入院することもあるので、自己判断は危険です。自宅でできるケアを試して効果がないようなら、早目に母乳外来や産婦人科に相談に行きましょう。

乳腺炎と乳がんなら、しこりの違いがわかる?

乳腺炎が原因でできるしこりは、乳管が詰まり母乳が溜まってしまうことでできます。そのため場所によって、しこりが柔らかかったり硬かったりと一定ではなく、押したりつまんだりすることで動いたり、弾力もあります。

一方の乳がんでできたしこりは、石のように硬くごつごつした感じで、押しても動くことはありません。また、乳腺炎になると痛みや発熱を伴いますが、乳がんのしこりの場合はそうした症状が出ないので、それもチェックポイントになります。

とはいえ、乳腺炎のしこりであっても乳管の詰まり方によっては、硬くなってしまうこともあります。自分の乳房のしこりがどちらかわからないときには、早目に母乳外来や産婦人科を受診して、お医者さまに相談してみましょう。

乳腺炎のしこりができたら、どう解消したらいいの?

乳腺炎のしこりを解消したいのなら、赤ちゃんに母乳を吸ってもらうのが一番です。乳首の状態や向きによって、左右どちらかの乳房からだけ母乳を飲もうとする赤ちゃんも多いのですが、それも乳腺炎になる原因です。

また、残った母乳が乳管を詰まらせることも多いので、授乳後は必ず飲み残しを搾乳するようにしましょう。それでもしこりを感じる時には、母乳外来や産婦人科などで乳房をマッサージしてもらうことをおすすめします。

自分では痛くて加減してしまうところも、プロがしっかりマッサージしてくれるはずです。そして、乳房が赤くなって熱を持っている時には、濡らしたタオルや冷却ジェルを使って、冷やしてあげると楽になります。ただし、冷やし過ぎると悪化してしまうことがあるので、氷を使うのは止めておきましょう

乳腺炎にならない生活を心がけよう

赤ちゃんに授乳しているママは、お腹がすいたり、疲れたと感じることも多いものです。ここで食事に気を使いすぎてしまったり、疲れをそのままにしておくと、ストレスがたまり乳腺炎の原因になってしまうこともあります。

適度にストレスを解消する、授乳をする際の姿勢を改善する、などで乳腺炎の予防がしやすくなります。

また、授乳中のママの胸は張っていることが多いので、ワイヤーが入ったタイプのブラジャーではなく、授乳用のゆったりしたタイプを使って圧迫を避けることも、乳腺に負担をかけない方法です。ぜひ、試してみてください。

  関連記事

産褥期の過ごし方が大切って本当?何に注意したらいいの?

妊娠期間は約10カ月に及び、ママの身体は妊娠前と大きく変わっています。それは、出 …

出産経験があるからといって油断は禁物!二人目を出産する際に準備しておきたいことは?

多くのママは「子供は2人ほしい」と言っています。経験があるから余裕!なんてママも …

帝王切開の傷跡は消えないの?産後のケア方法とは?

元気な赤ちゃんを産むために、帝王切開をするママは少なくありません。ですが、帝王切 …

秋生まれの赤ちゃんの服の着せ方とは?だんだんと寒くなっていく季節に何を用意すべき?

秋に赤ちゃんを出産するママにとって、肌着や衣類をどの程度用意すべきか、悩ましい問 …

床上げの時期っていつごろ?それまでの産後ケアや過ごし方が知りたい!

出産は、ママにとって大事業です。そして、ママ自身が感じているよりずっと、心身は大 …

母乳が出やすくなる食べ物って何?生活習慣も大切って本当?

特に初めての赤ちゃんを迎えるママにとって、母乳がきちんと出てくれるかどうかは、不 …

退院後の不安をなくそう!産後の家事はこんな工夫で乗り切れる

可愛い赤ちゃんが生まれ、後陣痛や傷の痛みに耐えながらもゆっくり過ごせた入院期間。 …

会陰切開のリスクを下げたいなら膣ピチュ!やり方や効果をチェック

妊娠中に行う「膣ピチュ」というものをご存知でしょうか。これは、オイルをしみこませ …

台風や嵐だと出産が増えるって本当?低気圧と陣痛の関係とは?

月の満ち引きが出産に影響を与えるという話は、よく見聞きしますが、実は台風や嵐、低 …

産後ママを襲う「頻尿」・「排尿痛」の原因と対処法

産後、頻尿や排尿痛などの排尿トラブルに悩まされる女性が多くいます。妊娠前までは全 …