ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

おしるしが続く原因は?続いたら異常?注意するべき点について

   

おしるしは出産直前に現れる兆候だと言われていますが、しばらく続いてしまうと不安が大きくなりますよね。

自分の現状を把握するためにも、おしるしが続く原因や対処法についてあらかじめ知識を持っておくことが大切です。

おしるしから陣痛までの期間は人によって様々で、おしるし=すぐに陣痛に直結する。と言うわけでは無いので、例え陣痛が来なくても、さほど心配せずに過ごしましょう。「そろそろ、陣痛が始まる準備をしている」と認識するのが一番です。

おしるしってどんなもの?

「おしるし」とは、出産間近にみられるおりものの一種です。血液や経血に似たような状態のもので、「出産が近い」というしるしなので、おしるしと呼ばれます。

赤ちゃんを包む膜と子宮内膜がはがれて出た血液に粘液が混じったものがおしるしです。

おしるしの量や状態には個人差があるので、まわりの人と同じでないからと慌てなくても大丈夫です。少し下着に茶色い粘液がついた程度の人もいれば、鮮血に近いものが生理の時のようにたくさん出たという人までさまざまです。

出産当日から3日前くらいにみられる場合が多いですが、3日以上だった人や1週間続いたという人も多くいます。痛みや普段と異なる張りがなければすぐ病院に行く必要はなく、生理用のナプキンを当てて様子をみましょう。

おしるしでも注意が必要な場合

上記のように数日間のおしるしが続いても、基本的には問題ありません。しかし、量や色などの状態によっては、病院に連絡をしたほうが良いケースもあります。

  • 月経のような鮮血と思える色が続く
  • お手洗いのたびに鮮血が出る
  • 一度にたくさんの出血をした
  • 粘液状ではなく、血の塊のようなものが出た

このような場合、異常出血などをおこしている事があるので、念のため病院に連絡をして、症状を伝えてください。

痛みがある場合には最も注意が必要

一度のおしるしがあり、その後に軽いお腹の痛みや張りが出る時には、陣痛の準備をしているので心配ありません。しかし、強い痛みや張りがありいつもと違うと感じたら、病院に連絡してください。

更に、おしるしが何日も続き痛みも伴うのであれば、常位胎盤早期剥離もしくは前置胎盤が疑われます。

常位胎盤早期剥離

胎盤の機能が正常ではなくなるため、赤ちゃんに充分な栄養や酸素を届ける事ができなくなります。またママの体内でも循環障害がおきる事があるため、注意が必要です。

前置胎盤

胎盤の位置が正常ではなく、子宮の入り口を塞いでしまう可能性があります。大量出血などに繋がる危険があるため、必ず病院に連絡を入れるようにしましょう。

このようなリスクがあるので、必ず病院に連絡を入れるようにしましょう。

危険度の高いおしるしのおさらい

常位胎盤早期剥離や前置胎盤をはじめ、その他にも破水や子宮機能の異常など、様々なリスクが考えられるおしるしの特徴として、覚えておくべき部分があります。

量や色の他にも臭いが強い事や、月経と同じように出血が続く、お腹の張りが収まらない。などの場合には、危険性があるので即座に連絡をしましょう。

こうした特徴が無ければ、おしるしには個人差がある事を知った上で出産に向けてゆったりと過ごす事が大切になります。

どうしても心配な時は病院に聞いてみよう

前述のように、おしるしは現れ方が様々ですから、自分では判断が難しいケースもあるでしょう。「きっと大丈夫!」と思っていても、どこかで心配な気持ちや不安が大きくなってしまうのであれば、遠慮なく病院に連絡して指示を仰いで下さい。一人で不安を感じながら過ごすより、ハッキリと聞いてみるほうが安心ですね。

「こんな事で電話したら病院に迷惑かしら?」などの心配は不要です。出産を控えたママはナイーブになる事も多いので、病院側も丁寧な対応をしてくれるでしょう。病院に確認した上で安心し、リラックス出来るのであれば遠慮は不要です。

おしるしがあると、陣痛が来るのはいつだろう?と気持ちが焦ったりする事もありますが、「もうすぐ赤ちゃんが会いに来てくれる」と思って過ごすと、リラックスできる時間も増えてくれます。

  関連記事

母乳育児ママ必見!授乳トラブルを防いでくれる「ラッチオン」のこと、知っていますか?

初めての母乳育児は、ママも赤ちゃんも手探り状態で大変ですよね。「なかなか上手に吸 …

子どもを産むと老いるという説は間違い?子沢山の方が寿命が長くなるって本当!?その真相とは?

子沢山の人というのは、可愛い子供たちに囲まれていて幸せそう!と思う反面、毎日育児 …

双子は一人のときと産休&育休の制度が違うって本当!?覚えておくべき基本とは?

自然妊娠で双子を授かる確率は、0.3~1%といわれています。ですが近年は、不妊治 …

出産費用をクレジットカード払いすることはできるの?

出産は病気ではありません。そのため、出産費用も全額自己負担することになります。そ …

自己負担を助けてくれる高額療養費制度とは?出産にかかった費用にも適用される!?

妊娠中や出産などで予定外の入院や治療が必要になると、費用が気になりますよね。そん …

トーラックって何?帝王切開したあとに自然分娩ができるの!?ブイバックとの違いやメリット・デメリットについて教えて

1人目を出産し、出来ることならばすぐにでも2人目が欲しいと思っているけれど、1人 …

陥没乳首でも授乳できるの?乳頭保護器や授乳のポイント大解説!

ご自分の乳首の形、気にしたことがありますか?乳首の形状によっては、授乳が難しくな …

産休の時間を有効に使おう!産休中にやっておいた方がいいことまとめ

子どもが生まれたあとはできなくなってしまうことも産休中に済ませておこう! 産休と …

産後ママにオススメ!ぽっこりお腹の原因と解消について

分娩を終えた直後のお腹は、妊娠5~6ヶ月ごろのような大きさ。産後のお腹を見て、「 …

産褥期の過ごし方が大切って本当?何に注意したらいいの?

妊娠期間は約10カ月に及び、ママの身体は妊娠前と大きく変わっています。それは、出 …