ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

帝王切開の痛みはどのくらい? 手術の流れや必要な費用、2人目の出産はいつからできるのかなど教えます

   

帝王切開は、ママやお腹の赤ちゃんを守るために経腟分娩ではリスクが高いとお医者さまが判断した時に、用いられる方法です。

逆子や多胎妊娠などが理由であれば、予定帝王切開での出産になりますが、中には分娩時にトラブルがあり緊急帝王切開をすることもあります。

いずれにせよ、帝王切開と言われると痛みや当日の流れなど不安で気になってしまうことが多いですよね。

そこで今回は、帝王切開とは何か、どんな方法で出産するのか、費用や入院期間などについてご紹介していきます。

帝王切開には2種類ある! 2つの違いを知っておこう

帝王切開とは、ママの腹部と子宮を切開して赤ちゃんを取り出す出産方法のことで、現代では5人に1人が経験していると言われています。

そして、「予定帝王切開」と「緊急帝王切開」に大別されます。その違いについて、説明しましょう。

予定帝王切開

出産にあたって、経膣分娩が難しいと事前に判断されることがあります。この場合は、計画的に帝王切開での分娩を行うことになりますが、このように事前に決まったものを予定帝王切開と言います

予定帝王切開の手術は、妊娠37~38週に行われることが多いです。手術日の前日に入院し、ママとお腹の赤ちゃんの健康状態やお腹での位置を確認しておきます。手術は硬膜外麻酔や腰椎麻酔など部分麻酔で行われ、1時間程度で終わります。

予定帝王切開はどんなふうに行われるの?入院のタイミングは?

緊急帝王切開

緊急帝王切開は、分娩前あるいは分娩中にトラブルが発生し、赤ちゃんを急いで取り出さなければならない時に行われます

出産中のママや立ち会っているパパに手術内容を説明し、同意書にサインしてから手術を行うのが一般的です。

その時は急にやって来る!緊急帝王切開が必要になる理由と手術の流れを知っておこう

どんなときに帝王切開が必要と判断されるの?

帝王切開にするかどうかは、妊婦検診のエコー検査の結果などを考慮して、産婦人科の医師が判断します。また、陣痛が始まった後で、経膣分娩から緊急帝王切開に切り替えることもあります。

そこで、どんな時に帝王切開が必要と判断するのかを説明してきましょう。

逆子の場合

逆子を経膣分娩する場合、足またはおしりから出てきて、一番大きな頭が最後まで残ります。その過程で、ママの産道と赤ちゃんの頭の間に臍帯がはさまってしまうと、酸欠状態に陥る可能性が高いです。

そのため、分娩時に赤ちゃんが低酸素状態になるのを避ける目的で、予定帝王切開を選ぶ医師は多いです。

逆子=帝王切開って本当!?どうして逆子になっちゃうの?

双子の場合

双子でも経膣分娩は可能ですが、1人の時よりリスクが高くなります。具体的には、以下のような危険性が挙げられます。

  • 第一子の出産時に第二子の臍帯が出てくる、2人のへその緒が絡まるなどの理由で、第二子が低酸素状態に陥ってしまう
  • 第一子出産後、第二子の出産時に微弱陣痛や分娩遷延が起こりやすい
  • 出産後に、通常よりも出血が増える弛緩出血が起こりやすい

また、妊娠の過程で切迫早産や妊娠高血圧症候群になりやすいことも、理由の一つです。

前置胎盤の場合

胎盤は子宮の上部にあるのが、正常な状態です。ですが、何かしらの原因により子宮口をふさぐ位置にできることがあり、その状態を「前置胎盤」と言います。

胎盤の位置によっては経膣分娩が不可能になり、妊娠中や分娩時の出血量が多くなるケースが多いので、帝王切開が選ばれるのが一般的です。

前置胎盤は帝王切開での分娩になってしまう!対処法はないの?

高齢出産の場合

初産が35歳以上である、2度目以降の出産が40歳以上である場合、「高齢出産」に分類されます。

高齢出産になると、子宮口や膣壁が硬くなり、産道が広がりにくくなります。そのため、分娩時間が長引き、難産になる確率が高くなるのです。

そうした事態は、母子の安全を考えると好ましくないので、予定帝王切開を勧められることがあります。

初産婦・経産婦の違いを比較!高齢初産の帝王切開のリスクも。

帝王切開の流れ、手術は何時間くらいで終わる?

個人・病院など様々な要因が複雑に絡み合っている帝王切開なので、それぞれのケースで流れは変わってきますが、一般的にはどのような流れで施術が行われるのかを確認しましょう。

手術前日と当日の準備

予定帝王切開の場合は、前日に入院して、術前準備をするのが普通です。入院したら、病院に同意書を提出し、事前の検査や麻酔の処置、手術についての説明を受けます。

翌日の手術に備えて、夜から絶食にする病院が多いです。緊急帝王切開の場合は、麻酔と手術の説明を受け、妊婦さんか旦那さんに同意書をもらって、すぐに手術を始めます。

麻酔をする

予定帝王切開の場合は、「硬膜外麻酔」または「腰椎麻酔」という、局所麻酔になるのが一般的です。まず、ママをリラックスさせるため、事前に注射を打ちます。

どちらの麻酔も、手術台の上で横向きになり、足を抱えて背中を丸めます。そして、背中に針を刺し、麻酔を注入します。

麻酔が効いてくると、意識はあるものの、足先から胸元までの痛みは感じなくなります。ですが、触られている感覚は、残ったままです。

硬膜外麻酔の場合は管をそのまま残しておき、術後に痛みを感じた時に麻酔を追加してもらえるというメリットがあります。

局所麻酔が行えないと判断されると、「全身麻酔」を用います。その場合は、手術台に仰向けに寝たままの体勢で、酸素マスクを装着させ、点滴で麻酔薬を入れていきます。手術中は、まったく意識がありません。

帝王切開手術

麻酔が効いたころを確認して、施術に入ります。帝王切開の手術は、1時間程度で終わります。

ママのお腹を切開したら分娩までは数分、切開部の縫合・羊水吸引などの後処理を含めて1時間程度になります。局部麻酔なら胎児が生まれてくるところを見ることが可能です。

帝王切開の痛みが気になる…麻酔や術後の痛みは?

予定帝王切開であれば、陣痛を経験することはありません。ですがその分、麻酔や経膣分娩にはない術後の痛みがあります。

そこで、帝王切開で経験することになる、さまざまな痛みやそれに対する対処法について、まとめておきます。

麻酔の痛み

帝王切開では、麻酔を使用します。大抵の場合は局所麻酔なので、背中から麻酔薬を注入する際に、注射針やカテーテルを入れる痛みを感じることがあります

全身麻酔の場合は、点滴の管から薬剤が注入されるので、痛みを感じることはありません。

帝王切開で使用する麻酔の痛みには種類があるの?使用する麻酔の種類や副作用は大丈夫?

手術中の痛み

全身麻酔だと手術中は意識を失っているので、痛みは感じません。局所麻酔の場合は、個人の体質によって、効果の出方に違いがあります。

同量の麻酔薬を使っても、効きやすいひとと効きにくいひとがいます。麻酔がきちんと効いていれば、子宮を触っている感覚はあっても、痛みを感じることはありません。

ですが、手術の途中で麻酔が切れて、痛みを感じるケースがあります。その場合は、すぐに手術中の医師に痛みがあることを伝えましょう。硬膜外麻酔の場合は、麻酔薬を追加してくれます。

手術中に痛みを感じたくないなら、麻酔専門医のいる産婦人科で帝王切開手術を受けることをおすすめします

抜糸の痛み

帝王切開の傷は、糸またはステープラーという医療用ホチキスで縫合します。溶ける糸で縫合した場合は、身体にそのまま吸収されますが、溶けない糸あるはステープラーを用いた時には抜糸しなければなりません。

糸やステープラーの針を抜く時には、皮膚が引っ張られるので、痛みを感じるひともいます。

チクッとする程度というママもいれば、強い痛みを感じるひともいて、個人差があることを覚えておきましょう。

手術後の痛み

帝王切開で用いた麻酔は、術後6時間ほどで切れてしまいます。すると、切開した傷の痛みを感じます。それに加えて、子宮収縮の痛みもあります。

痛みのピークは術後2~3日と言われていますが、傷口に下着があたるだけでも痛いと感じるママもいるので、辛い時には看護師さんに相談しましょう。また、麻酔の副作用で頭痛や吐き気を訴えるママもいます。

その後から日を追うごとに痛みは軽減していきますが、入院中はできるだけ無理せず、赤ちゃんのお世話以外はしないと決めて、休養をとるように心がけましょう。

帝王切開の傷痕はどのくらいで治る?

できた傷痕が治るまでにかかる期間は1年ほどです。「炎症期」「増殖期」「成熟期」を経て、次第に目立たなくなっていきます。

炎症期

術後3日くらいまでを指し、この間に切開の傷口が少しずつふさがっていきます。

増殖期

術後3日から1週間ほどで、傷口の細胞が新しいものに生まれ変わっていきます。

成熟期

術後3週間から1カ月ほどで成熟期を迎え、生まれ変わった細胞が落ち着き、白っぽかった傷痕が、約1年かけて元の肌色に近づいていきます。

傷痕が残ってしまう場合も…

このように帝王切開の傷痕は日に日に白っぽくなり、目立たなくなっていくのが一般的です。

しかし、傷が治りにくい体質を持っているママは、「肥厚性瘢痕」あるいは「ケロイド」により、傷痕が残ることがあります。これは、傷痕周辺に赤みがかかり、盛り上がった状態になることです。

肥厚性瘢痕であれば2~5年で治ることがありますが、ケロイドは自然治癒することはなく、そのまま傷痕が残ってしまいます。

傷痕がケロイド化しそうと感じたり、傷痕が気になる場合は、形成外科を受診して、早めに相談することをおすすめします。

帝王切開の傷跡は消えないの?産後のケア方法とは?

傷痕になりにくい切り方は?

帝王切開の方法には、「縦切り」と「横切り」があります。傷痕の長さは10cmほどなので、できれば傷が残りにくい方法を選びたいですよね。

結論から言うと、傷痕になりにくいのは横切りの方です。しかしそれぞれ良い点と悪い点があるので、見比べていきましょう。

縦切りのメリット・デメリット

医師の視野を確保することができるので、赤ちゃんを取り出すまでにかかる時間が短くなります。そのため、緊急帝王切開で用いられることが多いようです。

一方で、傷痕が目立ちやすくなるというデメリットがあります。

横切りのメリット・デメリット

ビキニの下あたりの腹部を切開します。お腹のしわと重なるので、傷痕が目立ちにくいです。ですが、医師にとっては術部が見やすいとはいえない方法です。

帝王切開の切り方は医師が決める場合もあれば、希望を出せる場合もあるので、これらをふまえた上でどちらを選ぶかしっかりと判断しましょう。

帝王切開だと自然分娩より入院期間が長いの?

自然分娩で出産する場合、病院への入院期間は5~6日程度が一般的です。一方、帝王切開で出産すると、8~10日ほどが目安とされていますが、特に問題がなければ1週間程度で退院することも可能です。

帝王切開だと入院期間が長引く理由は、お腹を切開しているため、傷の癒着や感染症のリスクが高まるので、経過観察が必要だからです。経過が順調であれば、手術後2日で点滴も外してもらえますし、ママの傷の痛みがひどくなければ、母子同室で過ごすこともできます。

術後5日もたてば、お腹の傷をとめているホッチキスも外され、シャワーを浴びられるようになります。以前のように、2週間も入院するようなことはないので、それほど心配はいらないでしょう。

帝王切開の後はどのくらい動いて良い? 術後の過ごし方

帝王切開は経膣分娩とは違って、お腹を切る手術を受けます。そのため、術後は安静にするものだと思い込んでいるママもいることでしょう。

確かに手術当日はカテーテルが挿入されているので、ベッドで横になって過ごします。食事も用意されますが、胃腸に負担がかかないように、重湯やヨーグルト程度のことが多いです。

ですが術後2日目には、カテーテルが外れ、自分で歩いてトイレに行くように促されます。これは、傷口を回復させる意味でも、子宮収縮を促すためにも、できるだけ身体を動かした方がよいからです。

術後3日目までは基本的に赤ちゃんは新生児室にいて、授乳のタイミングで病室あるいは授乳室で対面することが多いです。

赤ちゃんのお世話は4日目から

術後4日目には、経膣分娩のママと同じように、赤ちゃんのお世話が始まります。術後に動く時には、自分の体調を確認し、無理をしないことがポイントです。

  • 立ったり歩いたりした際に立ちくらみや貧血が起きないか
  • 気分が悪くならないか
  • 下着があたったり赤ちゃんを抱っこして傷が激しく痛むことはないか

上記のことをチェックして、異変があったらすぐに看護師さんに相談してください。そして退院後は、お床上げまでは身体を休ませることを優先するのがベストです。

退院後1週間は安静に、2週間たったら多少の家事も始めて身体をならす、3週間になったら家事のペースを戻すなど、体調を見ながら段階的に動く量を増やしていきましょう。

1カ月検診を終えて、医師のお墨付きをもらったら、普段通りに動いてかまいません。

帝王切開を行った後はどんな風に過ごすべき?気になる痛みや、日常生活は送ることが出来る?

帝王切開では健康保険は適用される? どのくらいの費用がかかるの?

帝王切開の手術に関しては、健康保険が適用されます。帝王切開は、経膣分娩と比べると入院期間が長くなりますし、検査や処置、手術、投薬など、経膣分娩にはない費用も発生します。

しかし、かかる費用としては、入院日数が長くても予定帝王切開だと約20万円、緊急帝王切開だと約22万円が相場とされています。保険を適用することで、約3割が自己負担となります。

このほかに、個室使用料や食事代など、自己診療費用が加算されます。そして、健康保険の中の「高額療養費」も給付の対象です。

給付を受けるためには所定の手続きが必要となりますので、事前にリサーチしておきましょう。

自己負担を減らすことができる高額療養費制度って?

高額療養費制度とは、同一世帯で1カ月間に支払った医療費の自己負担分が一定の金額を超えた場合、手続きをすることで、超過分を払い戻してもらえるというものです。

公務員や会社員が加入している健康保険でも、自営業者が加入する国民健康保険でも、高度療養費制度を利用することができます

同じ月にかかった医療費であれば、同じ世帯の家族全員分を合算して申請ができるので、帝王切開の予定がある月は特に、医療費をしっかり把握しておきましょう。

タイミングによって違う必要書類

高額療養費の給付を受ける方法は、手術前と手術後で異なります。

手術前に申請する場合

帝王切開の手術を受ける前であれば、「限度額適用認定証」を発行してもらうようにしましょう。この限度額適用認定証があると、退院の時点で病院に払う医療費は自己負担限度額だけになるからです。

その場合は、健康保険の窓口に行き、申請書に必要事項を記入して提出し、限度額適用認定証を受け取るだけです。健康保険証と印鑑を持参するのを、忘れないでください。

手術後に申請する場合

手術後に申請する場合には、退院時に病院に支払いをして、必ず領収証をもらいます。

健康保険の窓口で高額療養費支給申請書をもらい、必要事項を記入・捺印し、病院の領収書を添付して提出します。その後、指定した口座に高額療養費が振り込まれます。

帝王切開での出産でも、このほかの手当や給付金を受け取ることができます。具体的には、「出産育児一時金」「出産手当金」「医療費控除の還付金」などです。

民間の医療保険に加入しているママの場合、帝王切開で手術給付金や入院給付金が受けられることもあります。保険会社に問い合わせておきましょう。

帝王切開には高額療養費制度は適用されるの?利用条件は?

帝王切開でも悪路はある? 期間はどのくらい?

出産後は「悪露」と呼ばれる分泌物が、子宮から排出されます。子宮の大きさを妊娠前に戻すために起こる、「子宮復古」という収縮のタイミングで、胎盤の残りや卵膜、子宮内膜、血液、リンパ液などの不要物が排出されるのです。

帝王切開の場合は手術時に、赤ちゃんだけでなく、ほとんどの胎盤も取り出します。そのため、産後の悪露は少ないのが普通です。

ですが、子宮壁を切開しているので、その傷が回復するまでは、そこから分泌される体液が排出されます。

経膣分娩の場合は、産後1カ月ほどで悪露がなくなるものですが、帝王切開だと量は少なくても2カ月近く続くことがあります

量が減ってくるまでの目安は1週間

悪露の量は、出産後が一番多く、生理の経血のような赤色になります。経膣分娩の場合は、産褥パットが必要なほどの量が出ますが、帝王切開ではそれほどではありません。

それが1週間を過ぎるころには茶褐色に変わり、量も少なくなっていきます。このころには、経膣分娩でも帝王切開でも、それほど量に差はなくなります。

時間の経過とともに、それが黄色になり、クリーム色と変化して、やがて無色になります。

帝王切開だと産めるのは何人まで? 2人目を産めるのはいつから?

帝王切開での出産に、回数制限があるわけではありません。ですが、経膣分娩であっても、何度も妊娠をくり返して伸び縮みすると、子宮の筋肉が疲れてしまいます。

帝王切開にはそこに子宮壁を切るという負担をかけているので、子宮により大きな負担がかかっています。次章で説明する帝王切開によるリスクを考えると、出産回数は3回を目安と考えましょう

そして、帝王切開後に2人目を産むタイミングも、子宮の回復を優先して決めるべきです。子宮壁を切開した部分は薄くなっていますので、きちんと回復していない時期に妊娠すると、子宮破裂が起こる可能性があります。

子宮の回復を考えると、術後1~2年は妊娠を避けた方が無難です

2人目を産むときに自然分泌は可能? どんなリスクがある?

1人目を帝王切開で出産した場合、2人目以降に自然分娩をするのは難しいのでしょうか。産婦人科の医師や助産師の考え方にもよりますが、リスクを回避するために、帝王切開を勧める病院が多いようです。

ですが、帝王切開後に自然分娩に挑戦する「トーラック(TOLAC)」を行っている病院もあります。

トーラックを行うためには、以下の条件を満たしている必要があります。

  • 児童骨盤不均衡がない
  • 前回の帝王切開の理由が、骨盤に関連したものではない(骨盤位・胎児機能不全・前置胎盤・常位胎盤早期剥離などであればOK)
  • 帝王切開の経験が一度だけである
  • 前回の帝王切開が横切りで、術後の経過も良好だった
  • 帝王切開の経験のほかに、自然分娩するリスクがない
  • 本人がトーラックを希望し、リスクを理解したうえで、家族も賛成している

この条件を満たしていなければ、トーラックは難しいです。

トーラックって何?帝王切開したあとに自然分娩ができるの!?ブイバックとの違いやメリット・デメリットについて教えて

また、帝王切開をすると、次の妊娠や出産に悪影響を与える可能性があります。よく言われているのが、「切迫早産」や「前置胎盤」「癒着胎盤」などです。

切迫早産

帝王切開をした部分の子宮壁は、どうしても薄くなってしまいます。そのため、お腹の張りが続くと切迫早産になるリスクが高いと言われています。

お腹の張りは安静にすると治まるケースもあるものの、休養しても改善されない時には病院で診察を受けた方がよいでしょう。

切迫早産の原因や対策は?早産のリスクを回避するために知っておきたいこと

前置胎盤

これは、帝王切開に限らず、人工妊娠中絶や子宮の病気で手術した女性にもみられるものです。

子宮壁を切開した部分は、ほかと比べると伸びにくくなります。通常は、お腹の赤ちゃんの成長に合わせて子宮も伸びていき、胎盤が上部に引っ張られていきます。

ですが、子宮の伸びがよくないと胎盤が移動することはできず、前置胎盤になりやすいのです。

癒着胎盤

子宮を切開してできた傷を治す過程で、ほかの臓器やお腹の皮膚に癒着してしまうことがあります。

さらに、傷がついた部分の子宮に胎盤ができると、絨毛が子宮の筋肉層に入り込む癒着胎盤を起こしやすくなるのです。そうなると、産後に胎盤を剥がす際に大量出血するリスクがあがります。

2人目は自然分娩したいと考えているなら、早めに医師に相談し、家族ともよく話し合ったうえで、チャレンジするかどうかを決めましょう。

帝王切開で臓器癒着がおこることも!原因とリスクを知っておこう

帝王切開について理解してから、出産を迎えよう!

産婦人科の先生が帝王切開を勧める時は、必ず理由があります。ママと赤ちゃんの命と健康を守るためにベストな方法として、帝王切開を選択するのです

経膣分娩とは異なり、さまざまな検査や処置が必要だったり、術後の傷の痛みや身体の回復について、不安なこともあるかもしれません。ですが、そうした不安は先生や助産師に相談することで軽減できます。

また、帝王切開は手術なので健康保険が適用され、高額療養費を受給できたり、民間の医療保険も給付が受けられるなど、メリットもあります。

次の赤ちゃんも帝王切開から最低1年、できれば2年空けてから妊娠することで、授かることができます。きちんと帝王切開について理解し、出産に臨みましょう。

  関連記事

産後の食事はとっても大事!必要な栄養素や気をつけるべき食べ物とは?

出産は、女性にとって大仕事です。体型を戻したり等を意識するので、母乳にする場合も …

産院のお祝い膳はバリエーションも多彩!病院選びの参考にしよう

少子化が進み、出産件数も減っていることから、産院の利用者数を増やす目的で多様なバ …

妊婦さんにもメンタルケアは必須?その理由やおもな対処法とは?

産婦さんに対し、“マタニティーブルー”という言葉をよく耳にすることがあるかと思い …

バースプランって何?バースプランの書き方や注意した方がいいこととは?

出産を控えているママは「バースプラン」という言葉を耳にしたことがあるかもしれませ …

おっぱいが出過ぎて止まらない!母乳過多症のこと

赤ちゃんが産まれると母乳育児する人も多いでしょう。母乳が出なくて悩んでいる人、逆 …

双子なのに肌の色が違うのはどうして?その理由や確率は?

2016年、アメリカのイリノイ州で生まれた双子の赤ちゃんが、大きな話題をさらいま …

出産祝いのお返しはどうする?お祝い返し・内祝いとは?

「出産祝いを頂いたけれど、お返しってどんなものがベストなの?」 「“内祝い”には …

ヒプノバーシング(催眠出産)だと、陣痛の痛みがなくなるって本当?その方法とは?

経膣分娩を予定している初産婦のママにとって、未知なる陣痛は不安要素といえるのでは …

出産する時、会陰裂傷はおこる?予防する方法はあるの?

自然分娩を行う際、初産婦さんは事前に「会陰切開することもある」と、お医者さまに告 …

旦那さんにこそ理解してほしい!「産後の肥立ち」の正しい過ごし方

「産後のひだちがいいor悪い」という言葉を聞いたことはありませんか?なんとなく「 …