ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

いきなりクラッとしちゃった…産後のめまいがおきるのはなぜ?

   

かわいい赤ちゃんを抱っこして、立ち上がった瞬間にクラッ…一瞬視界がぐるりと回ったような、めまいの症状に襲われたことはありませんか?

実は産後にめまいの症状に悩まされる、という人はとても多いんです!でも、ふらついて大事な赤ちゃんに何かあったら大変ですよね。そこで、産後めまいの仕組み・原因や対策についてお伝えします。

産後めまいはどうしておきるの?

特にめまいがひどく感じるのは、産後6~8週間までの間。この時期は体が出産した状態から元に戻ろうと働く「産褥期」と呼ばれる期間で、体全体に大きな変化が訪れているんです。特に、以下のような原因が考えられています。

分娩時の出血や母乳育児による貧血

分娩の際には誰でも多少の出血がありますが、人によっては多量出血だった場合も。そのために体から血液が失われ、鉄分の少ない状態になって貧血になってしまいます。

貧血になると体を動かす血が少ないことになるため、めまいがおきやすくなるのです。また、母乳はママの血液が主成分。赤ちゃんに鉄分が優先して送られるため、母体の鉄分が不足することで貧血になることもあります。

寝不足による疲労

新生児のお世話は昼夜問わずのため、ママは必然的に寝不足になってしまいます。出産で疲れ切った体を労わるのも難しく、体にはどんどん疲れがたまっていくのです。更に上の子がいる場合はそのお世話にも追われ、「もう限界!」と体が悲鳴をあげてめまいをおこすことも!

不安やストレスによる自律神経の乱れ

育児は初めてでも2人目以降でも大変なもの。それぞれ違った不安やストレスを抱えてしまいますよね。ストレスは交感神経を刺激してしまい、自律神経のバランスが崩れて落ち着くことが難しくなるのです。そのためいつまでも疲労感が抜けない、手足の冷え、頭痛やめまい・耳鳴りなどに悩まされます。

このように、産後の体で赤ちゃんをお世話することだけでも、めまいがおきてしまうのは当然の状況なんです。

少しでも予防したい!産後のめまい対策は?

めまいにならないように心がけたり、悩まされるようになってしまった時に改善するにはどうしたらよいのでしょうか。

疲れた時はとにかく休む!

4edd6b8b82a403c7c7d4ebbc88e92bb1_s

赤ちゃんが寝ている時に一緒に少しでも寝る、たまには湯船につかってリラックスするなど、疲労回復や睡眠不足解消のための工夫が必要になってきます。特に初めての育児だと「常に赤ちゃんを見ていないと!」なんて不安になることもありますが、気を張ってママが倒れてしまったら元も子もありません。少しずつ、自分優先のことを作ってみるのも大切です。

鉄分豊富でバランスのよい食事をとる

自分で食事の用意をする場合などは特に大変かもしれませんが、なるべくバランスのよい食事をとってください。特に貧血には鉄分に加えてタンパク質、銅、マンガン、ビタミンB12、葉酸などが大事な栄養素になるので、緑黄色野菜、レバー、ひじき、肉や魚などをしっかり食べましょう。なかなかそこまで手が回らない場合は、サプリや産院で鉄剤を処方してもらいましょう。


>>貧血を予防するためにも葉酸サプリで手軽に必要な栄養素を摂取しよう!

周囲を頼ってストレス発散を!

赤ちゃんには私しかいない!と頑張りすぎてしまうママは、知らず知らずのうちにストレスや疲労がたまりがち。大丈夫です、赤ちゃんの家族はママだけではないはず。

旦那さんであるパパに少し見ててもらう、実母や義母に預かってもらうなどの時間も大切なんです。また、一緒にいる時にもリラックスできる音楽を聴いてみたり、外に出られるようになったらお散歩に出かけるのも楽しいですよ。

めまいだけじゃない…症状がひどい場合は病院へ!

場合によっては、めまいに留まらずひどい動悸に襲われたり、息切れや吐き気などの症状があることも。その場合は産後の疲れなどのせいではなく、不整脈や自律神経失調症、甲状腺機能の異常など病気にかかっているかもしれません。

早めにお医者さんにかかりましょう。また、産後一年近くたってもめまいや貧血に悩まされている、などの場合もお医者さんに相談しに行きましょう。

育児は肉体的にも精神的にもストレスがたまります。しかしそれでもわが子は可愛く、楽しいのが育児。もしそんな余裕がなくなってしまったり、体力が限界に近づいている…なんて感じているときは、SOSを出してくださいね!大切な赤ちゃんと、ママ自身を守るためにも、けっして無理はしないようにしましょう。

  関連記事

出産が長引く原因の一つ、肩甲難産のリスクについて知っておこう!

現代では病院での出産が主流となっており、妊婦健診でエコー検査が行われるおかげで早 …

年子育児にするメリット・デメリット!子育てのポイントや注意点

できるだけ短期間に集中して育児を行いたいという方から検討されているのが「年子育児 …

会陰マッサージの効果とやり方紹介!行うべき時期や注意点もチェック!

会陰(えいん)マッサージというのは出産する際に会陰裂傷や会陰切開を防ぐのに非常に …

トーラックって何?帝王切開したあとに自然分娩ができるの!?ブイバックとの違いやメリット・デメリットについて教えて

1人目を出産し、出来ることならばすぐにでも2人目が欲しいと思っているけれど、1人 …

帝王切開で使用する麻酔の痛みには種類があるの?使用する麻酔の種類や副作用は大丈夫?

お産は自然の摂理であるため、ほとんどの人が自然分娩になるのでは?と考えている人も …

母乳が出やすくなる食べ物って何?生活習慣も大切って本当?

特に初めての赤ちゃんを迎えるママにとって、母乳がきちんと出てくれるかどうかは、不 …

スッポン運動って何?腰筋を強くするその方法とは

妊娠期間中の女性に朗報の「すっぽん運動」についてご紹介します。妊娠期間中は運動が …

自己負担を助けてくれる高額療養費制度とは?出産にかかった費用にも適用される!?

妊娠中や出産などで予定外の入院や治療が必要になると、費用が気になりますよね。そん …

陣痛ってどれぐらい痛いの?出産に対する恐怖はどう乗り切ればいい?

出産を経験するママにとって「陣痛」に対する恐怖感を抱いてしまいますよね。出産は「 …

出産にかかる費用はどれくらい必要?産後も含めてお金が必要になる場面とは?

初めてのお産の場合、気にかかるのが出産時にどのくらいの費用が必要なのかという点で …