ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

効果絶大!?陣痛を促すため役立つ方法をまとめました!

   

dd375236a11f597118efa0637bfa1423_s

出産予定日を過ぎてもなかなか陣痛が来ない・・・と不安になるママも多いことでしょう。大きくなったお腹を抱えて出産の日を待つのも大変ですよね。陣痛がくるタイミングは誰にも予測ができません。しかし陣痛を促すことはできます。

そこで今回は、陣痛を促す効果のあるアイデアをご紹介します。今日から気軽に始められるものもありますので、ぜひ試してみましょう。

陣痛を促すために運動を行う

陣痛を促すためには骨盤を開く運動を取り入れると効果的です。しかしあまり度が過ぎた運動を行ってしまうと破水などのトラブルを招く可能性もありますので、自分に合った運動を見つけ無理のない程度に行ってみましょう。

とにかく歩く

妊娠37週を迎えたころは、いつ赤ちゃんが生まれてもいい時期になります。歩くことで体に刺激を与え、陣痛を促してくれる効果があります。また昔から安産のためには「とにかく歩く」とよく耳にしますよね。これは事実なのです。歩くことで出産時の体力をつけることができますので是非行ってみましょう。

トイレ掃除を行う

もちろん部屋の掃除でもよいのですが、特にトイレの拭き掃除をするときの体勢は子宮口を広げるポーズになり陣痛を促進する効果があります。お腹の大きいママにとっては少し辛い体勢なのですが、休みながら行ってみましょう。

スクワットをする

肩幅に足を広げて腰を下ろして元の位置に腰を戻す「臨月スクワット」もおすすめです。体調がよければ、10回を1セットにし1日に2~3回ほど行ってみましょう。弱い「微弱陣痛」がきている場合も行うと出産が進みやすくなります。

すすんで階段を歩こう

階段の昇り降りをすることで骨盤の周りをやわらかくしてくれます。よって子宮口や産道を広げてくれる効果もあるため臨月のママには特におすすめしたい運動です。

マッサージを行う

運動を行えない方にとってもマッサージだと手軽に行えますね。おすすめのマッサージ方法をご紹介しますので参考にしてくださいね。

乳首マッサージ

乳首に刺激を与えることで、ホルモンの「オキシトシン」が分泌され子宮の収縮を促してくれます。陣痛を促進する効果のほかに産後、赤ちゃんにおっぱいをあげる準備ができるため一石二鳥です。早いママだと乳首から母乳が出る人もいるとか。

「三陰交」マッサージ

出典:kyushin.co.jp

 
足には三陰交と呼ばれるツボがあります。内くるぶしから指4本分くらい上にあるへこんだ箇所がツボになります。安産のツボとも呼ばれており冷え症や更年期障害、生理痛などのトラブルにも有効なツボとも言われています。入浴中などに三陰交をゆっくり押してみましょう。慣れている方はお灸をすえるのもよいですね。

刺激を受けやすいツボですので心配な方はお医者さん緘灸師さんに相談してから行うとよいでしょう。また、妊娠初期など体調が優れない場合はツボを触るのを控えておきましょうね。

体を温める

陣痛の促進を促すためには血行を促進することも大切です。

ゆったりとした気持ちで入浴する

シャワーだけだと体の芯から温もりにくいため、しっかり湯船につかりましょうね。また半身浴や足湯をしたりするのも効果的です。

「ハーブティ」を飲もう

ハーブティは安産に欠かせない飲み物ということをご存知ですか?子宮収縮を促してくれる効果があるほかに、子宮口をやわらくし開きやすくしてくれたり、出産時の出血を抑える、産後子宮の戻りを良くするなどの効果もあると言われています。

妊婦健診の刺激で陣痛促進

案外多いのが妊婦健診による刺激がきっかけで陣痛が始まることです。検診をした夜に陣痛がきてそのまま出産に至ったママも多いとか。

医師によっては、陣痛の促進を促すために「卵膜剥離術」といった方法で子宮を刺激することもあります。少し痛いと感じることもありますが、効果は絶大のようです。

リラックスして陣痛を待とう

色々な方法を試しても陣痛がこないと感じても、赤ちゃんと会える日が近いのは確かです。たとえ正期産を過ぎて陣痛がこないとしても産婦人科で適切な対応をしてもらえますので心配はいりません。

今できることを行い残り少ないマタニティライフを大切に過ごしていけるとよいですね。

  関連記事

お洒落で快適!春夏のベビーウェアの選び方とは?

寒い冬が終わり暖かくなるにつれて洋服もチェンジしなければなりませんね。赤ちゃんは …

育児中のママがかかりやすいドケルバン病の原因と対処法とは

出産すると、授乳やおむつ替え、沐浴など、赤ちゃんを抱っこする機会が増えます。その …

可愛い我が子にキラキラネームを付けるのは良くないことなの?

1990年代に登場したキラキラネームは、「他にはない名前なのでカッコイイ」と考え …

難産の原因である回旋異常の原因は?無事に出産できる?

陣痛がきて、分娩台に上ったのにお産が進まず、「回旋異常」と診断されるママがいます …

産後のママを手厚くケア。大注目の「レスパイトプラン」の内容って?

ママは出産という一大イベントを終えると、出産よりも大変な育児が始まります。昔と違 …

出産後は胃痛や関節痛になりやすい?授乳でも太田胃散など市販の薬を服用しても大丈夫なの?

産後に胃痛が多くおこる原因はまだはっきりとはしていません。しかし、そこには「出産 …

破水に気づかないとどうなるの?赤ちゃんに影響はあるの?

破水にもいくつか種類があり、大量の羊水が出ることで気がつくママが多いです。 中に …

カンガルーケアが危険と言われるのはなぜ?方法や効果をきちんと理解しよう

カンガルーケアという言葉をご存知ですか?母乳育児を推進する施設ではカンガルーケア …

一人目と二人目の出産には違いがある?二人目育児のポイントとは?

二人目の出産は経験がある分、一人目より余裕を持てると感じているママが多いのではな …

産褥ヘルプってなに?別名「産褥おせっかい」の内容とは?

「産褥期」とは、産後6~8週間のことをいいます。産後は、赤ちゃんのお世話に加えて …